EAST WIND > ランドバンキング TOP > 投資先としてのニュージーランド
ランドバンキングトップ

投資先としてのニュージーランド

投資先毎年、世界平和度指数などのランキングで上位にランクインしているニュージーランドですが、その背景には、豊かな自然に恵まれた環境、治安の良さ、教育レベルの高さ、社会保障の手厚さなど、様々な理由が挙げられます。
ニュージーランドは国内の美しい自然を保護するため環境意識も高く、原子力発電を導入せずに電力を100%自給している国としても知られています。
輸出の約7割を第一次産品が占め、酪農などの一次産業を経済基盤としており、国内の食糧自給率は300%ともいわれています。
政府は労働党と国民党の二大政党制ですが党派色はあまり強くなく、少数政党と連立して2〜3期ごとに政権交代を繰り返し、政情は比較的安定しています。
財産を保護する政策を積極的に進めており、相続税、贈与税もないことから、海外投資家の移住先としても好まれています。

データで見るニュージーランド 

  • 国の格付けAaa(ムーディーズ 2018年11月時点 日本はA1)
  • ビジネスをしやすい国 第1位(World Bank 2019)
  • 移住するのに最適な国 第2位(HSBC 2018)
  • 経済自由度指数 第3位(ヘリテージ財団 2018)
  • 世界平和度指数 第2位(Institute for Economics and Peace 2018)
  • 生活水準の高い街 オークランドが世界で第3位(Mercer 2018)
  • 自由に生きられる国 第1位 (The Canadian Fraser Institute 2018)
お問合せはこちらからどうぞ
メニュー
NZ移住下見ツアー

ニュージーランドで暮らすという視点で、オークランドの不動産や学校、スーパーマーケットなどを下見するツアーです。

お申込みはこちら
無料メルマガ登録

ニュージーランドで役立つ情報満載の無料メールマガジンです。ご登録はこちらからどうぞ

バックナンバーはこちら

100%エンジョイNZライフ Citadel NZのブログ