家族信託 −FAMILY TRUST−

家族信託

相続は、遠い先の話だとお考えではありませんか。相続に関する考え方は国により、異なります。ニュージーランドでは、親の資産を家族に残すために「家族信託会社」を設立して資産運用しながら相続に備えています。 現在のニュージーランドの税法では、ニュージーランド居住者を対象に相続税は無税扱いですが、日本在住者でも、家族信託会社を設立し、海外資産を家族に残すことが出来ます。

 

家族信託制度とは

家族信託制度は、ニュージーランドでは、個人の資産は、個人のものという考えが徹底していることから個人資産を守るために広く利用されている制度です。実際、ニュージーランド以外でも、英国、米国、カナダでは一般的な制度です。

相続が発生すると、被相続人の財産である預金、証券、不動産等は、被相続人の名義から相続人の名義に移転するまでは、相続人が自由に処分することができません。海外財産においても同様であり、財産の所在地国の法令によって、遺産相続が明確になるまで、またはその国の相続税の清算が終了するまで、遺産が被相続人の名義で凍結され、自由に処分できない事態が発生します。

このような凍結を回避するため、個人による直接投資ではなく、信託(トラスト)を通じて投資する方法があります。信託を設立することで法人化します。信託契約により財産の処分と受益者への財産移転を受託者に依頼していることから、相続が発生しても財産管理と取得者が明確になっているため、財産は凍結されずに名義移転が容易に可能となります。

更にニュージーランドでは、相続の際には税金が掛からない仕組みになっています。家族信託という法人を設立しておくことで、相続人に無税で相続することが可能です。

 

家族信託の特徴

日本に資産があるならば、その資産の一部をニュージーランドの家族信託で運用し、相続が発生する場合には指定の受託者に相続することができます。

  • お客様個人がニュージーランドでの家族信託会社を設立して信託財産を管理し、信託から発生する利益に関しては、お客様が受益者として利益を得ることができます。
  • 裁量信託のため、受益者への利益所得分配は、自由に決定することが可能です。
  • 相続についても、生前に被相続人が信託を設立し、被相続人が信託財産を管理し、被相続人が受益者となり、相続人の指定または遺言により相続が発生する場合において、被相続人から相続人へ無税でその財産を相続することが出来ます。
  • 家族信託会社の財産管理人は、ニュージーランド市民権・永住権保持者に限られていますが、イーストウィンドのサービスを利用することで、ニュージーランドに来なくても家族信託会社を設立することができます。

イーストウィンドの代行サービス

イーストウインドでは、家族信託会社設立と運用のための設定・管理の代行サービスを行っております。ニュージーランドの公認会計士(または弁護士)とお客様との間をつなぎ、家族信託会社の設定・管理・運用をサポートいたします。

より詳しいご相談は、「お問い合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。

 
メニュー
無料メルマガ登録

ニュージーランドで役立つ情報満載の無料メールマガジンです。ご登録はこちらからどうぞ

バックナンバーはこちら

100%エンジョイNZライフ Citadel NZのブログ