EAST WIND > 医療通訳サービス > ニュージーランド医療の基礎
人・心・暮らし あなたのパートナー イーストウィンド メディケア

日本は国民皆保険制度のため、国民健康保険や、会社の保険などに入っていれば、
一部の保険外診療などを除いて、通常、医療費は3割負担で済みます。
また、具合が悪いときは自分で行きたい専門医に直接予約することが可能です。

しかし、ニュージーランドは日本と医療システムが違うので、
いざ病院に行きたいと思った場合に、どうやって予約をすればいいのか、
どれくらいお金がかかるのか、など戸惑うことも多いかもしれません。
ニュージーランドの医療システムについて知っておくと、万が一、
滞在中に怪我や病気になったときにも役に立つことがあります。

ニュージーランドの医療について、以下で詳しく説明します。

 

ニュージーランドの医療システム

ニュージーランドは医療費が無料だとよく言われることがありますが、
すべての医療費が無料というわけではありません。
疾病による治療費が無料になるのは、市民権や永住権保持者、
またはそれに準ずるビザを保持している人が、
公立病院(パブリックホスピタル)を受診する場合です。
(適応外の治療や検査費もあります)
公立病院への受診は緊急の場合を除き、GPと呼ばれる一般医からの紹介状が必要で、
予約には最長5カ月かかる場合もあります。

また、ニュージーランドにはACCという制度があり、
怪我による受診の場合には治療費の一部または全額をACCが補償します。

病気や怪我で病院を受診したい時には、最初にGPまたはAccident & Medical と呼ばれる救急クリニックを受診し、必要に応じて専門医(公立/私立)を受診することになります。

メディケアフローチャート
 

一般医 (GP)について

General Practitioner (通称GP:ジーピー)と呼ばれる一般医は、
内科・外科・婦人科など全般にわたり診察します。
骨折や交通事故などの緊急の場合を除き、どんな症状でも
まずはGP 、Accident & Medical Clinic 、Family Doctorへ行き、診断を受けるのが一般的です。
GPの診察料は、オークランド中心部で$100前後のところが多いですが、
長期滞在者がGP登録をした場合には$18〜$60と一般の診察費よりも安くなります。
お近くのGPは下記のサイトから検索することが可能です。
http://www.adhb.health.nz/your-health/find-a-gp/

 

専門医 (Specialist)について

GPを受診後、症状が改善されない、または専門的な治療が必要と判断された場合は、
専門医(Specialist)を受診することになります。
GPから専門医を紹介される場合が多いですが、自分で専門医を希望することも可能です。
公立病院の専門医と私立(病院の)専門医がいますので、状況に応じて選びます。

公立病院専門医への紹介

GPから紹介状と個人情報が専門医へ渡されます。病院がGPからの受付をしたのち、
予約に関する手紙が患者宛てに郵送されます。
症状によって待ち時間は異なり、1カ月以内に予約が決まることもあれば、
最長5カ月待つこともあります。
※緊急時(盲腸、脳梗塞の疑い、骨折など)にはGPから紹介状を渡され、
公立病院の救急科を受診するように言われることもあります。

私立(病院)専門医への紹介

GPが直接予約を取ることもあれば、
紹介状を渡されて自分で予約を取る場合もあります。
※専門医によっては紹介状がなくても予約が可能なところもあります。

居住者で医療保険に加入されている方や、
短期滞在者の方が 私立専門医(プライート)を選択する場合が多いのは、
公立病院専門医にくらべて予約も取りやすく、待ち時間も少ないのが理由です。
初診の予約は数週間待ちとなる場合もありますが、
タイミングが良ければ1週間以内に予約ができることもあります。
初診費は$250~$500と幅がありますが、$300前後のところが多いです。

 

緊急の場合について

緊急の場合や、土日祝日/夜間などでGPが開いていない場合や予約が取れない場合、
時間外診察が可能な医療施設White CrossやShoreCare、
公立病院の救急科(Emergency Department)で診察してもらうことができます。
救急科はGPからの紹介状がなくても直接受診することができますが、常に混雑しています。また緊急度が高い患者から診ていくので、軽症の場合にはさらに待ち時間が長くなります。

救急車が必要な場合は、緊急電話番号(ダイヤル111)を利用します。
救急車は民間のSt Johnが運営しており、居住者の場合は$98、旅行者など非居住者の場合は$800かかります。ウェリントンでは救急車は無料です。
怪我や事故で受傷後24時間以内に救急車を利用した場合、救急車代はACCで補償されます。

 

ACCについて

ACC (Accident Compensation Corporation) とは、ニュージーランド国内で起きた事故や怪我による治療費の一部や補償金を負担する保険制度です。ニュージーランド市民、永住権保持者、旅行者などにかかわらず、ニュージーランドに滞在している人は誰でもACCの補償を受けることが可能ですが、治療はニュージーランド国内で受けるものに限られます。
通常、事故で治療などが必要になった場合、医療機関がACCに治療費の請求を行い、補償の対象と査定された場合は、治療費の一部または全額をACCが負担することになります。
ACCはビザの種類に関係なく、ニュージーランド内で受傷した怪我すべてに適応されますが、一部補償か全額補償かは受診する医療機関(公立病院/私立専門医/GP/その他検査機関)により異なります。
また、年齢や状況によって補償される金額は異なりますが、補償される対象は、交通事故/スポーツ/仕事/家庭/旅行など、いずれの場合においても“怪我”の場合のみです。
※病気や既往症など健康状態に起因する事故の場合(例:めまいによって倒れ、頭を打って怪我をした)はACCでは補償されません。

 

歯科治療について

歯科治療は定期健診でも約$150、虫歯の治療の場合は数百ドルかかる場合もあります。クラウンやブリッジ、歯根治療などが必要となった場合にはさらに高額となります。
日本の海外旅行保険に加入していて、歯科特約を付けていたとしても、保険で補償されるのは渡航後一定期間(90日)を経過後に治療を開始したもので、治療費は最大で50%までと規定している場合が多いです。

※保険契約期間が31日以内の場合はこの限りではありませんので、各保険会社の契約内容をご確認ください。

 

病院へ行きたいけれど、
症状を英語で説明するのが難しい・・・
どこの病院へ行けばいのかわからない・・・
そんなときはイーストウィンド メディケアまでお気軽にご相談ください。
お問い合わせはフリーダイヤル0800-528-825(月-金 9am-6pm)まで。

メニュー
無料メルマガ登録

ニュージーランドで役立つ情報満載の無料メールマガジンです。ご登録はこちらからどうぞ

バックナンバーはこちら

100%エンジョイNZライフ Citadel NZのブログ