EAST WIND > 移住 TOP > 投資家部門サポートサービス

投資家部門サポートサービス

投資家としてニュージーランドへの移住をお考えの方に、総合的かつ専門的なサポートをご提供します。
ニュージーランドの銀行口座開設、送金手続き、ビザ申請、移民局の定める投資アドバイス、関連各所のコーディネイトと契約のサポート等、永住権取得を目指す投資家のお客様に必要なあらゆる情報と手続きを日本人スタッフがサポートいたします。

 

サービスの特徴

当社の投資家部門サポートサービスは、移民局へ提出する申請書の作成準備の段階から、お客様のご要望、ご希望も尊重しつつ、移民弁護士と綿密な打ち合わせを重ね、移民局が納得する書類作成や、銀行口座開設、資金移動、投資先探しから契約、投資証明の準備など、お客様が永住権を取得するまでの一貫サービスです。各段階で必要な手続きを、移民法や税法上のルールにそって各専門家のアドバイスとともに、適格に行ってまいります。

お客様は日本に居住しながら、現地におけるビザ申請をスムーズに進めていくことが可能です。

ニュージーランド政府は外国からの投資家を歓迎しており、そのためニュージーランドの永住権申請のカテゴリの中では、投資家カテゴリビザの申請要件はシンプルに紹介されております。そのため、申請手続きは容易にみえますが、しかし、実際の申請となりますと、申請者のおよそ4割が審査において却下となっております。

何故申請条件はクリアしているのにビザ審査に通らないことがあるのでしょうか。

profile

それは投資家ビザ申請のプロセスにおいて、ポリシーの詳細箇所を見落としてしまう、あるいは日本の常識でポリシーを読んでいるために読み違いや間違った解釈をしてしまうケースが非常に多いのです。

日本とニュージーランドの常識や考え方の違いを認識せずして準備を進めていくと、小さなことが大きな落とし穴となってしまう事が多々あります。

もちろん移民局とのやり取りは英語になりますので、その点もクリアしなければなりませんが、言語の問題のみならず、ポリシーが作られた背景や解釈を理解せずに進めると審査が却下され一からやり直しとなってしまい、最終的には大きな回り道を強いられることになります。

投資家部門サポートサービスでは、こうした日本とニュージーランドの文化や考え方の違いなども、お客様にご説明をしながら進めていきますので、西欧的なものの考え方に不慣れな方でもストレスなく申請を進めていくことができます。

また、申請には弁護士の他、会計士、銀行、投資会社など様々な関連機関との協力が必要となりますが、ニュージーランドの特徴として、業務が非常に分業化、専門化されており、専門外のことしか行わないといったことも1つの特徴です。
そのため、1つ1つの過程においては正しいと思えることをしていても、全体のプロセスから見るとちぐはぐな申請となってしまうといった可能性も大いにあります。
一例ですが、ビザ申請のアドバイスをする弁護士やアドバイザーは、投資家ビザを取得するための審査に重要である送金方法について、適切にアドバイスをすることができません。なぜならば、彼らは日本からの送金のシステムや方法について理解をしていないためです。

弊社サポートでは、こうした関連各所とお客様をつなぎながら、必要とあれば日本の慣習、お客様の状況を正確に伝えつつ、個々の状況に合わせた投資家ビザ申請をサポートしてまいります。

これまで私共がサポートしました投資家のお客様全員が無事永住権を取得しています。 当社のサービスは確実にスムーズに永住権を取得するための、「保険プログラム」なのです。

 

サービス費用

イーストウインド投資家サポートプラン: 150万円

弊社提携の移民弁護士とのお客様の間をつなぎ、ビザ申請準備から第1段階審査(暫定承認(AIP))終了までサポートをします。

永住権取得時の成功報酬: 投資額、および投資先より異なります(0.5%〜1%)
※別途、イーストウィンド会員サービスの年間会員への入会が必要です。

 
メニュー
NZビザ診断(無料)

ニュージーランドへの移住をお考えの方、永住権取得が可能かどうか、無料で診断いたします。

無料ビザ診断はこちら
NZ移住下見ツアー

ニュージーランドで暮らすという視点で、オークランドの不動産や学校、スーパーマーケットなどを下見するツアーです。

お申込みはこちら
無料メルマガ登録

ニュージーランドで役立つ情報満載の無料メールマガジンです。ご登録はこちらからどうぞ

バックナンバーはこちら