EAST WIND > 移住 TOP > 技能移民部門

技能移民部門

技能移民部門は、ニュージーランドで必要とされる技術を持った、若くて優秀な人材を優先して移民の受入を行なうための部門です。最も人気がある申請部門で、日本人をはじめ多くの移住者達がこの「技能移民」部門で永住権を申請し、永住権を手に入れています。

 

技能移民部門の申請はポイント制

技能移民部門申請の最低条件は以下になります

  • 年齢が20歳以上55歳未満であること
    (本申請提出時に56歳の誕生日を迎えた場合は申請不可)
  • 健康であること
  • 犯罪歴が無いこと
  • 十分な英語力があること
  • 技能職と認定されるに十分なスキルと収入があること

技能移民申請は、まず一次審査であるEOI(Expression of Interest) を行います。
EOI申請は、規定のポイント表に従い自己採点をし、その採点結果を移民局へ提出します。
その後、約2週間毎に行われるEOIセレクションの結果、選出された申請者に対して「本申請へ招待連絡」がきます。
本申請への招待が来ると、4ヶ月以内に一時審査の申告内容が事実であること、そして健康状態や、無犯罪証明書、英語力等の基本条件をクリアしている事を証明する書類を全て用意し、移民局へ提出していきます。

では、規定のポイント表(下記参照)に従い、自己採点をしてみましょう。
自己採点で100ポイント以上あればEOI申請は出来ますが、 以下のパスマークポイントを超えないと、原則として本申請への招待はされません。

また、技能移民部門での永住権申請は、技能職としての雇用保証が必要となります。技能職での雇用保証がない場合はニュージーランドで最低2年以上の就学を経て修士資格か博士資格を取得していることが条件となります。

本申請に招待されるだけの十分なEOIポイントがあり、健康状態や英語力などの諸条件を満たすものの、技能職での雇用保証(またはニュージーランドにおける修士資格や博士資格)がない場合、ジョブサーチビザ(Job search visa)を取得し、現地で技能職の雇用先を探すことが可能です。

 

技能移民部門 パスマーク ポイント

技能移民部門
EOI自動選出ポイント

160

技能移民部門 自己採点ポイント表

項目
配偶者やパートナー項目は、英語力の証明(IELTS6.5以上)を持っている場合のみクレームが可能
ポイント数
● 技能雇用保証 : Skilled Employment ※1
現地の雇用保証(Job Offer:ジョブオファー)の有無がポイントの中で
大きな比重を占めています
・ 技能職としての雇用先からの雇用保証 50
※1  ANZSCOのスキルレベル1〜3の職業の場合、時給NZ$25.00(または同等の年収)を得ていること。
ANZSCO スキルレベル4〜5の職業、また、ANZSCOに載っていない職業の場合、時給NZ$37.50(または同等の年収)を得ていること。
 - ボーナスポイント 雇用保証 -
・ 人材不足職種からの雇用保証 10
・ オークランド以外の地域からの雇用保証 30
・ NZの給与中央値の2倍の収入があること 20
● 関連の職務経歴 : Relevant work experience
・ 2年 10
・ 4年 20
・ 6年 30
・ 8年 40
・ 10年 50
 - ボーナスポイント ニュージーランドでの職務経歴 -
・ ニュージーランドで12か月以上の職務経歴 10
 - ボーナスポイント 人材不足職種での職務経歴 -
・ 2 〜 5年 10
・ 6 年以上 15
● 資格 : Qualifications
※資格ポイントに関しましては2011年7月25日以前にNZでの資格を取得されている場合、この限りではありません
・ 公認資格保持者(資格レベル4〜6:国家資格など) 40
・ 公認資格保持者(資格レベル7〜8:学士号など) 50
・ 上級資格保持者(資格レベル9〜10:修士号、博士号など) 70
 - ボーナスポイント 資格 -
・ 2年間のフルタイムの学士コースをNZで取得した場合 10
・ 1年間のフルタイムの大学院レベルの資格コースをNZで取得した場合 10
・ 2年間のフルタイムの大学院レベルの資格コースをNZで取得した場合 15
● 年齢 : Age ※下記以外の年齢の方は主申請者としての申請が不可
・ 20 〜 39歳 30
・ 40 〜 44歳 20
・ 45 〜 49歳 10
・ 50 〜 55歳 5
 - ボーナスポイント 配偶者、パートナー -
・ 配偶者、パートナーの雇用保証 20
・ 配偶者・パートナーが資格レベル7〜8(学士号など)の学歴資格を保持している場合 10
・ 配偶者・パートナーが資格レベル9〜10(修士号、博士号など)の学歴資格を保持している場合 20
合計ポイント 160点以上がEOI自動選出の対象

※1 技能職としての永住権申請に必要な年収値は、毎年見直される予定です。

 

英語能力の証明について

技能移民部門の申請には、一定の英語能力があることが条件となります。
以下のいずれかに該当しなければ、指定された英語能力テストを受験し、基準以上の点数を取得する必要があります。

英語力の証明として英語能力試験が不要な方

  • カナダ、アイルランド、イギリス、アメリカの国籍保持者で上記国で5年以上の就労、
    もしくは上記国、NZ、オーストラリアで5年以上修学している
  • NZの学士号レベルの資格をオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アイルランド、
    イギリス、アメリカで2年以上かけて取得している
  • NZの修士号レベルの資格以上に相当する資格をオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、
    アイルランド、イギリス、アメリカで1年以上かけて取得している

上記に該当の無い主申請者は、下記いずれかの英語能力テストを受け、必要スコア以上を取得します。

  • International English Language Testing System (IELTS) Academic, General / 6.5
  • Test of English as a Foreign Language (TOEFL) iBT / 79
  • Occupational English Test (OET) / B
  • Cambridge English First (FCE), FCE for Schools / 176
  • Peason Test of English: Academic (PET) Academic / 58

→ IELTSについて詳しくはこちら

 

申請条件やポイントに満たない場合

現時点で、技能職の経験がない、英語力が足りない、ジョブオファーが獲得できない、
EOIポイントが不足している・・・などの場合でも、まだ永住権申請をあきらめる必要はありません。
足りないポイントや条件を満たし、永住権につなげる方法はまだます。

  • 技能職の資格を取るため、ニュージーランド現地の専門学校へ通う
  • 技能職の資格を得て、資格ポイントを獲得する
  • 専門学校卒業後、就職活動可能なビザを取得し、雇用先を探す
  • 技能職のポジションで経験を積み、職歴ポイントを増やす
  • 現地の語学学校に通い、IELTSなどの英語スコアを取得する
  • オークランド以外での雇用を得て、ボーナスポイントを獲得する

技能移民部門での永住権申請には、ニュージーランドでの雇用を獲得していることが前提条件となりますが、現地の求人はニュージーランド市民のほかは永住権など就労可能なビザ保持者に限られているため、 既にスキルや職歴のある方でも、ビザなしでの就職活動となるとどうしてもハードルが高くなります。
ニュージーランドの専門学校では、就学期間などの条件を満たすと、卒業後に一定期間現地で自由に就労・就職活動可能なビザが取得できるようになります。現地で留学することにより、 EOIの資格ポイントを獲得するだけでなく、技能職での就職に繋げられる可能性が高くなります。

→ ビザ・永住権につながる留学について詳しくはこちら

→ 無料留学サービスについてはこちら

お客様にご満足いただけるサービスを提供しております

ニュージーランド移住を実現させるには、お客様一人一人道筋が違いますので、移住に関する様々な情報を収集し、お客様それぞれに最適な移住プランを考える必要があります。

また、ビザ取得だけでなく、渡航後の現地での生活、住居、就職先、お子様の学校など必要なあらゆる手続きや準備についても考えておく必要があります。

本当に移住ができるのだろうか・・・? まずは現地の情報収集をしてから移住するかを決めたい。
移住するにあたり、何から始めたらいいのか、一人では不安・・・
現地留学を考えているがどの学校を選べばいいだろうか・・・?
行ったことがない国にいきなり移住するのは心配だ・・・

そんな皆さまの為に、弊社ではお客様がスムーズにニュージーランド移住が実現できるように、情報提供させて頂いております。

 
メニュー
NZ移住下見ツアー

ニュージーランドで暮らすという視点で、オークランドの不動産や学校、スーパーマーケットなどを下見するツアーです。

お申込みはこちら
無料メルマガ登録

ニュージーランドで役立つ情報満載の無料メールマガジンです。ご登録はこちらからどうぞ

バックナンバーはこちら

100%エンジョイNZライフ Citadel NZのブログ