EAST WIND > 不動産 TOP > 不動産市場動向のページ
ニュージーランド 不動産購入

現在オークランドの不動産市場が動いています。比較的冬の季節は静かになるといわれている不動産市場ですが、例年と比べ、市場に出ている物件の数が多かったり、売買されるスピードが早かったり、不動産の価格も上昇しています。

ニュージーランドの不動産評価をしている機関「オークランドQV」によると、昨年6月から現在にかけて不動産中央値が5.9%上昇しており、さらに直近3ヶ月間で2.6%上昇しているとのことです。

実際に、オークションを見ていると、良い物件であればあっという間に売れていきます。リーマンショック以降、ニュージーランド政府による公定歩合の引き下げ、過去最低の2.5%を維持が作用し、ニュージーランドの不動産市場、特にオークランドにおいてはすでに回復し、リーマンショック前の数値以上を記録しています。

今度長期的に見れば、公定歩合の引き下げが行われる可能性は高く、この上昇がずっと続くわけではないと思われますが、これだけ早くリーマンショックのダメージを回復し、さらにゆっくりと上昇しているオークランドの不動産ですので、夏になると、さらに市場は活気づくので、今後も大きな期待が持てます。

特に昨今の円高の状況を利用した不動産購入は、不動産自体のキャピタルゲインだけではなく、為替差益も得られるので、魅力があるように感じます。融資条件は多少厳しいものの、HSBC銀行の円建てローンが再開したので、不動産購入を検討するには、よいタイミングと言えるでしょう。

メニュー
NZビザ診断(無料)

ニュージーランドへの移住をお考えの方、永住権取得が可能かどうか、無料で診断いたします。

無料ビザ診断はこちら
NZ移住説明会

ニュージーランドの客観的な基本情報、移住計画の現実性、ビザ取得方法など、最新で正確な情報をお伝えします。

お申込みはこちら
NZ移住下見ツアー

ニュージーランドで暮らすという視点で、オークランドの不動産や学校、スーパーマーケットなどを下見するツアーです。

お申込みはこちら
無料メルマガ登録

ニュージーランドで役立つ情報満載の無料メールマガジンです。ご登録はこちらからどうぞ

バックナンバーはこちら