EAST WIND > 不動産 TOP > 不動産購入プロセス
ニュージーランド 不動産購入

安心してニュージーランドの不動産を購入していただくために、不動産売買購入に至るまでの流れをステップ形式でご紹介いたします。

物件探しは、居住用、賃貸用共にロケーションが最も重要なポイントと言えます。
交通の便や生活環境が良い、などの条件に加えて、評判の良い公立学校のある学区は人気エリアとなります。ニュージーランドの公立学校は、学区外からの入学者数が限られているため、希望の学校に進学するためには、同じ学区内に住んでいなければなりません。また、賃貸用の物件においても、人気エリアの物件を探す家族が多いです。

新聞広告で探す

オークランド地区では「New Zealand Herald 新聞」 、クライストチャーチ地区では「Press 新聞」に不動産情報が掲載されます。オークション一覧やオープンホームをしている物件を調べることができます。
School Zone Map Database
このサイトで住みたい地区名や希望学校名を入力すると、その地区にある学校や対象学区を調べることができます。

不動産情報誌(フリーペーパー)で探す

オークランド地区では毎週木曜日に発行される「The Central Property Press」、クライストチャーチ地区では毎週木曜日に発行される「Realtor」があります。どちらも、不動産会社やガソリンスタンドなどで入手することができます。

インターネットで探す

不動産会社等のホームページで物件を確認することができます。
ニュージーランド主要不動産会社ウェブサイト
Trademe Property
Barfoot & Thompson
Realestate NZ

オープンホーム

新聞広告等で紹介されているオープンホーム物件(一般公開物件)を見学することができます。

不動産会社へ依頼

不動産会社へ購入予算、部屋数、住みたいエリアを伝え、希望物件を探してもらうことができます。また、家主との交渉代行や物件の見学をすることもできます。
希望する物件が見つかったら、不動産会社に購入の申し込み(オファー)をします。売主と買主は、それぞれの弁護士を通じて、購入価格や引渡し日、条件等を提示し、交渉しながらお互いが納得のいく契約書を作成していきます。
双方が記載する条件に満足し、契約書に署名がなされると、仮契約となります。買主は頭金(一般的に価格の10%)を不動産会社に支払います。
契約書に記載した条件(土地と建物の状態調査、所有権の確認など)を決済日までに満たしていきます。
契約書に記載されたすべての条件を満たすと、本契約となります。この時点で、購入が確定となり、以後原則としてキャンセルはできなくなります。
弁護士を通じ残額の支払いと不動産の登記手続きを行い、建物の引き渡しが行われます。頭金支払いから引渡しまでは、一般的に約4週間かかります。
お問合せはこちらからどうぞ
 
メニュー
NZ移住説明会

ニュージーランドの客観的な基本情報、移住計画の現実性、ビザ取得方法など、最新で正確な情報をお伝えします。

お申込みはこちら
NZ移住下見ツアー

ニュージーランドで暮らすという視点で、オークランドの不動産や学校、スーパーマーケットなどを下見するツアーです。

お申込みはこちら
無料メルマガ登録

ニュージーランドで役立つ情報満載の無料メールマガジンです。ご登録はこちらからどうぞ

バックナンバーはこちら