EAST WIND > 留学 TOP > ご家族一緒に移住留学
ビザ・永住権につながる留学

ご家族一緒に移住留学

留学を経て、現地就職や永住権取得を目指される場合、ご家族を連れていくかどうかを悩まれるのではないでしょうか。
これまで留学をされている方々の中には、ご家族はひとまず日本に留まりお一人で渡航し、卒業後のワークビザがとれてからご家族を呼び寄せるというケース、 また渡航当初からご家族皆さんでいらっしゃる、というケースなど、様々です。

ご家族が現地で働きたい、お子様を現地の学校に通わせたい・・・となった場合、 留学される方のコースやビザによって条件が変わってきます。

留学される方の配偶者またはパートナーの方は、通常、観光ビザでの滞在となりますが、留学される方のコースやビザによっては、現地で働くことが可能になります。
お子様が現地の学校に通学される場合、原則として留学生料金となりますので、一人当たり年間$12,000以上の授業料が発生いたしますが、留学される方のコースやビザによっては、現地学生と同じ料金で就学が可能です。

そのため、ご家族を連れて渡航される場合は、留学される方のコースやビザ、また配偶者を帯同するか否かによってご家族の滞在条件が異なってきます。また、ご本人の留学費用だけでなく、お子様の学費、またご家族全員の生活費がかかりますので、余裕のある資金調達も含めたご準備が肝要です。詳しくは下記の表をご参照くださいませ。

 

就学中のご家族のビザ <就学をされる方のコースによって異なります>
主なLevel7以下のコースの就学
配偶者:観光ビザ、またはお子様の保護者としてのビザ(ガーディアンビザ)
就学年齢のお子様:学生ビザ
未就学年齢のお子様:観光ビザ
資格が長期人材不足リストに掲載のある学士コース(またはLevel8以上のコース)に就学
配偶者:オープンワークビザ
就学年齢のお子様:配偶者が一緒に渡航の際に限り、学生ビザ(現地の学生扱い、ただし高校まで)
未就学年齢のお子様:観光ビザ
卒業後のご家族のビザ
留学をされていた方がポストスタディワークビザ(Post study work visa)を保持している場合
配偶者:オープンワークビザ
お子様:学生ビザ(現地の学生扱い、ただし高校まで)
未就学年齢のお子様:観光ビザ
お子様の学校(高校生以下) <就学をされる方のコースによって異なります>
主なLevel7以下のコースの就学
配偶者の帯同なしの場合

留学生用の学生ビザで、学区は指定なし。ただし、ビザ申請時に学校を決定の上、学費の支払いが必要。
学費は1年間でNZ$12,000〜NZ$15,000程度(公立)。
資格が長期人材不足リストに掲載のある学士コース(またはLevel8以上のコース)に就学
配偶者の帯同があり、配偶者がワークビザを取得した場合

現地の学生扱いの学生ビザで、ビザ取得時に学校の指定は不要。
学校により学区の規定あり。学費は無料。(学校によって寄付金が必要になります)
卒業後のお子様の学校
留学をされていた方がポストスタディワークビザを保持されている場合はローカルの学費扱いの学生ビザで、ビザ取得時に学校の指定は不要。
学校により学区の規定あり。学費は無料。(学校によって寄付金が必要になります)

※上記内容は、あくまでも現時点での移民法にそった内容となります。
 移民法は頻繁に変更となりますのであらかじめご了承ください。

メニュー
無料メルマガ登録

ニュージーランドで役立つ情報満載の無料メールマガジンです。ご登録はこちらからどうぞ

バックナンバーはこちら