トップページ > 移住メルマガ > Vol. 100 現地発!NZQ&A
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 100 現地発!NZQ&A

VOL.100 2011年6月7日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「EASTWIND 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■


 無料メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

               発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 皆さまこんにちは。
 
 今回は移住メルマガ100号ということで、ニュージーランドで生活している
 私たち現地スタッフから、ニュージーランドについてご紹介いたします。
 旅行でいらっしゃるのとは一味違った長期滞在者の目線での生活情報をご
 紹介いたします!


 (き)



◆─────────────────────────────────◆

 今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

 1.現地発!ニュージーランドQ&A

 2.ファイナンス「 堅調に上昇するニュージーランドドル 」

 3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.94)

  「 リサイクルショップ 」

 4.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ



◆─────────────────────────────────◆

  1. 現地発!ニュージーランドQ&A

◆─────────────────────────────────◆


 まずは、長期で滞在するとき、何を持っていけばいいの?!という不安が
 ありますよね。何を持ってこなくてよかったのか、なにを持ってきたらよ
 かったのかを聞いてみました。
 ─────────────────────────────────

 ・オークランドにいると、冬でもそれほど寒くなく、冬用ジャンパーを着
  ることがなくなりました。
 ・日本語書籍や雑誌は、こまめに読みたいので、持ってきたり、送っても
  らったりしています。
 ・今は充実していますが、渡航当時は文房具が非常に高く(特にシャーペ
  ンの芯)、持ってきておいて良かったと思いました。
 ・断然、衣料品です!!
 ・最低限の物しか持ってこなかったのですが、こちらで売ってはいるけど、
  品物のほとんどが許容範囲外でした。
 ・寒さに耐えられず、すぐにアウトドアの店でフリースを買いましたが、
  とても高額で、大きな出費でした。
 ・また、来てすぐだったので、現地のショッピング事情もあまり分かって
  なかったので、どこに行けばどういうものがリーズナブルに買える。と
  かいう知識もありませんでした。でも、10年以上経った今、NZでもだい
  ぶ品ぞろえが良くなりましたよね。それでも、基本NZでは洋服は買いま
  せんが。
 ・生理用品をもってくればよかった。
 ・生理用品を大量に持ってきた。
・コート、ジャケット、バスタオルをもってくればよかった。
 ・日常着 (服)、化粧品、ホッカイロを持ってきてよかった!
・日本のコートはオークランドには厚手すぎた。
 ・日本のお菓子や食品
 ・変圧できるドライヤーを買って持ってきたけど、こっちで買えば良かっ
  た。
・生理用品は持ってきたけど足りなかった、薬を大量に持ってきた(抗生
  物質、抗ヒスタミン薬)
 
 ◎回答者のほとんどが女性なので、生理用品に関しては皆さん持ってきた
  らよかった〜!と思っていたようですね。ちなみにニュージーランドの
  衣料品は高くてお粗末なものが多いです。ユニクロが1軒あったら大繁
  盛すると思われます。



 さて、ニュージーランド一番の商業都市、そしてゲートウェイシティであ
 るオークランド。オークランドってどんなところ?オークランドの季節は、
 四季という雰囲気はなく、春と秋の二季という感じです。日本と比べて、
 それほど暑くなく、それほど寒くなく、年中心地よいです。ではスタッフ
 はそれぞれの季節にどんなイメージを持っているのでしょうか?
 ─────────────────────────────────

 【春(10月〜12月ごろ)】
  クリスマスの準備、休暇の準備、夜はまだまだ寒く、天気も不安定。花
  が咲き始めて、気分がいい、うららか、短い

 【夏(12月〜2月ごろ)】
  一番気持ちの良い季節 ビーチ BBQ、晴天続きが多い、アウトドア、
  日差しが強いが、日蔭は寒い、日差しが痛い、青空、気持ちがいい、洗
  濯のしがいがある、日差しが強すぎる

 【秋(3月〜5月ごろ)】
  雨も多くなり、いよいよ冬突入か・・・の気分=憂鬱、短時間で雨が降っ
  たり止んだりの天気が多い。冬の始まり、寒さが日本ほどでないので紅
  葉の色合いが薄い、デイライトセービングが終わるので急に暗くなった
  ような気がしてさみしい、短い

 【冬(6月〜9月ごろ)】
  洗濯物乾かないなぁ 雨雨雨・・・、雨風が強く、多い。雨、雨ばかり
  で寒い、雨、雨、雨 寒い、雨ばかりで寒いが、日本ほど寒いとは感じ
  ない


 ◎冬のイメージの中に何度「雨」がでてきたかで、いかに冬が雨の季節か
  がお分かりいただけたのではないでしょうか。そしてまさに今の時期
  (6月)これから冬に入ろうとしています・・・夏が恋しいです。



 続いてはグルメ!カフェやシーフードが有名なオークランドですが、特に
 お勧めレストラン・カフェ、ショップはありますか?
 ─────────────────────────────────

 ・日本ではあまりコーヒーを飲む機会がなかったのですが、ニュージーラ
  ンドの海が見えるカフェは気分がいいです。
 ・ハーバーブリッジ下の近くにあるカフェはヨットが見られて、何度行っ
  ても開放的な気分になれます。
 ・特定のお店はありませんが、アジア系のレストランが充実していて日本
  と比べて庶民的でいいと思います。
 ・移民の国なので多国籍料理が豊富ですよね。良く韓国レストランに行き
  ます。
 ・お店は、ショッピングセンターが楽なので好き。駐車場もお金かからな
  いし、買い物もいろんな店で一気にできるから。
 ・TAKARAラーメン(4 Anzac Rd., Browns Bay, North Shore 09-476-6041)
 ・ラングハムホテル内 エイト(83 Symonds Street,Auckland 09-300-2852)
 ・The grove - 2年連続Metro1位に輝いている。
  (Saint Patricks Square wyndham Street Auckland 09-368-4129)
 ・Sails -
  (103-113 Westhaven Drive Westhaven Marina, Auckland 09-378-9890)

 ◎いろいろなお店がでました。特別にこれっ、というお店はなくてもたま
  たま入ったカフェの雰囲気がすてきなこともあるので、開拓のし甲斐も
  あります。



 では、外食以外の普段のお買い物の場所は現地スーパー、チャイマ(中華
 系スーパー)、日系スーパーなど何を利用していますか?
 ─────────────────────────────────

 ・基本的には現地系スーパー(Countdown)ですが、野菜の種類によって
  は、チャイニーズマートのほうが豊富だったり、値段が安かったりする
  ので、品質は落ちますが買うこともあります。日本の調味料は、多少高
  くても日系スーパー(Japan Mart、Made In Nippon)を利用します。
 ・現地スーパー、チャイマ、コリアンショップ、です。コリアンショップ
  は日本のものが日系のお店より安いことが多いし、韓国製であっても日
  本のものと変わらないので、お勧めです。
 ・ニューワールドと韓国屋さんがメインです。日本の物もだいたい手に入
  ります。最近は、明太子や山芋も発見!中国系は、苦手。(特に匂いが)
  値段はあまり見ません。欲しいものは欲しいから。
 ・コリアンマート。日本食文化に似ており、日本食材屋よりも安価で買え
  るものが多い。
 ・現地スーパー は近いから、現地スーパーでしか揃えられないものもあ
  るから。チャイマは安いから
 ・メインは現地スーパー(ミルク・お菓子・サランラップなどの日常品が
  安い)餃子や納豆などは、チャイマ(安いから)
 ・日本食はMade in Nippon(高くてもマヨネーズ・醤油は必需品。それで
  も、現地スーパーより安い)
 ・チャイマは近いから、カウントダウンはなんでもそろうから
 ・現地スーパー(カウントダウン)のオンラインショッピング。Door to
  Doorでデリバリーしてくれるし、特に重いものを買っても家まで運ぶ必
  要が無いから。あと、買い忘れがない。

 ◎基本は現地スーパーとアジア系スーパーを使い分けているようですね。
  それにしてもカウントダウンのオンラインショッピングは目からうろこ
  でした!無駄な買い物がなくなっていいかもしれませんね。



 さて、すでに長期滞在をしているスタッフですが初チャレンジ、これから
 やってみたいことを聞いてみました!
 ─────────────────────────────────

 ・ニュージーランドで最も高額で素晴らしいゴルフ場「ザヒルズ」をプレー
  すること。
 ・初チャレンジでもNZに関連することでもないですが、書道やりたいな、
  と最近思ってます。  
 ・別にNZでなくてもいいのですが、大人でも受け入れ可能なクラッシック
  バレー教室に行ってみたい。かな?
 ・ミルフォードサウンドを歩いてみたい。
 ・カジノ・ギャンブルデビュー 
 ・スキューバダイビングをやってみたい
 ・パラグライディング

 ◎ニュージーランドならでは、のアクティビティから様々なものがありま
  した。人種のるつぼのオークランドならでは、様々な習い事も可能なの
  です。



 では最後に、まだ訪れたことのない場所で、これから行ってみたいニュー
 ジーランド国内の場所はありますか?
 ─────────────────────────────────

 ・スチュワート島で野生のキウィを見ること。
 ・恥ずかしながら、北島の南と、クライストチャーチ以外の南島全部、ま
  だ行ったことがありません。いつか巡りたいです。
 ・だいたい行きました。一度行って気に行ったところは何度も行ったりし
  てますが、これから行ってみたい場所は、ニュージーランド国内では、
  残念ながら特になし。でも、どこでも行ったら、それなりに楽しめそう
  ですよね。
 ・ダニーデン
 ・ダニーデン、ケープレインガ
 ・南島 クイーンズタウンとか
 ・ミルフォードサウンド、南島のグレートウォークを歩きたい
 ・マウントクック、ケープレインガ

 ◎オークランドに在住のスタッフなので、遠い南島の観光地が多いですね。
  北島ではニュージーランドの最北端、ケープレインが回答にありました。




 今回のアンケートで皆様のニュージーランド、オークランドのイメージは
 膨らみましたでしょうか。長期渡航をご検討されている方のイメージ作り
 のお役に立てたら幸いです。


 
 ▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

  2.「 堅調に上昇するニュージーランドドル 」〜ファイナンス〜

◆─────────────────────────────────◆

 NZ政府統計局は5月30日、4月の貿易収支が予想を大幅に上回り、11億
 1,300万NZドル(約726億円)の黒字であったことを発表しました。
 この額は、3月の45億2,900万NZドルを上回り、過去20年間で過去最高を
 更新しました。中でも、ミルクパウダー・バター・チーズが輸出全体の伸
 びに大きく貢献しました。一方、石油、果物などは落ち込みました。輸入
 では、石油・石油製品が拡大し、プラスチック・プラスチック製品や自動
 車・自動車部品などが低迷しました。
 また、NZ政府が公表した2011年度予算案では、4年後の財政黒字を達成する
 見通しを示し、NZドルは堅調に上昇しました。
 その他、中国などのNZへの投資を巡る期待が高まっていることに加え、5月
 NBNZ企業信頼感が1年ぶりの水準を回復するなど大幅に改善したこともサポー
 トとなり、NZドルは堅調に推移しています。6月1日には、対USドルで一時
 0.8263まで上昇し、変動相場制移行後の高値を更新しました。

 NZ準備銀行は、政策金利を年2.50%に据え置いていますが、2012年1−3月
 期から利上げを再開すると予想されていることから、NZドルは中期的に堅
 調な推移を維持すると見込まれます。

 送金と投資をお考えの方は、チャンスをお見逃しなく!
 弊社の「グループ定期預金」は、現在、最高金利6.00%にて、あなたの資
 産運用 をサポートしています。
 また、弊社では、ご資金を送られる際には、安全・確実・便利に日本から
 NZへ送金いただける「海外送金サービス」を提供しておりますので、是非ご
 利用ください。

 
 ▼ EAST WIND CO.,LTD ファイナンス ─────

ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/finance/
お問い合わせ  finance@eastwind.co.nz

 7F The Data Centre, 220 Queen St. City, Auckland New Zealand
 Tel : 64-(0)9-373-5958 Fax : 64-(0)9-379-8448



◆─────────────────────────────────◆

  3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.94)

  「 リサイクルショップ 」

◆─────────────────────────────────◆


 ショッピングモールや街角にブルーの頑丈な鉄の箱が置いてある。タテ2
 メートル、ヨコ1.5メートルくらいで相当でかい。土地の人はこれをクロー
 ズィング・ビン(Clothing Bin)という。衣類を入れる箱である。上方に
 大きなフタがついていて、そこへ持ってきた古着を投げ込む。箱の正面に
 はこの箱を設置した目的、用途がこう書いてある。「市民の皆さんの協力
 で、1995年に開設以来毎年この古着の売り上げで1.5ミリオン(150万ドル=
 約1億円)の収益が上がり小児ガン(Child Cancer)の治療に役立ってい
 ます」

 不要になった衣類をリサイクルして売り、小児ガン対策だけに目的を絞っ
 て役立てようという運動である。集められた古着は体育館のようなリサイ
 クルショップ・センターに集められ、種類や色ごとにきれいに分けて売ら
 れている。一般の商店のような飾り立ては一切ないが訪れる客はひきも切
 らない。売られているものは衣類に限らず本、家電、靴まで置いてある。
 古着だから値段は安いかというとそうではない。たとえばT-シャツを見て
 みると安いもので5ドル、良質のものだと10ドル以上する。近くの衣料品
 店のセールとあまり変わらない。買いに来る人は割高を承知で買いに来る
 のである。

 不用品を道端においておき、必要な人がそれを持っていく「Free」につい
 ては前回書いた。このClothing Binはさらにそれを組織的に集めて売りに
 出し、社会に役立てようという運動である。ゴルフ仲間に聞いてみた。
 「どうせ必要なものなら、リサイクルセンターに行きそこで見つからなけ
 れば普通のショップに行く人は多いよ」という。そこに生きる余裕を感じ
 るのは私だけだろうか。

 日本にも「リサイクルショップ」があることは知っている。そこに並べら
 れた商品は使い飽きたブランド物のバッグやアクセサリー、ビンテージと
 か言う破けたジーンズである。売り上げを社会の役に立てようという発想
 のショップは(あるかもしれないが)見たことがない。発想の原点はまる
 で違う。ただ、これでは国の経済の発展には役立たないだろう。反面こう
 いう思想が根底にある国に「バブル」は発生しないのではないか。

 いま日本の経済はどん底だという。GDPは伸び悩み産業は枯渇し、企業は
 海外に逃避するから失業が増える。中国に抜かれ韓国には相手にもされず、
 自分たち自民党と役人が散々食い荒らしてきた日本の財産を、にわかに政
 権をとってしまった民主党に「責任をとれ!」とわめく。この雰囲気の中
 で選挙をやれば間違いなく菅政権は倒れるだろう。なぜなら、新聞やテレ
 ビは政権の悪口を言うだけだからである。そして官民ともに「バブルよも
 う一度」を目指すだろう。何年かあるいはもっと先にバブルが再び膨張す
 ればまた歴史は繰り返すだろう。そしてそのころニュージーランド人は相
 変わらず「Free」の習慣をもち、「Clothing Bin」を利用してリサイクル
 ショップに行っているだろう。

 (周)



◆─────────────────────────────────◆

  4.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ


◆─────────────────────────────────◆

 ニュージーランド原産のマオリハーブ(薬草)製品を
 取り扱っているホリスティックニュージーランドでは、
 『デトックス・免疫力アップサプリメント』を販売中です。
 詳しくは弊社のホームページをご覧ください。

 販売開始以来、大変人気の商品になっています。
 みなさま、ぜひお試しください!

 ホリスティックニュージーランド
 http://www.holisticnz.co.nz/



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

 今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
 次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。


 ご意見・ご感想はこちら
 media@eastwind.co.nz

 ■発行周期    隔週月曜日配信
 ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
 ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
 ■バックナンバーの閲覧、無料登録・解除はこちらからどうぞ
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2011 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年