トップページ > 移住メルマガ > Vol. 184 投資家ビザの最新情報
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 184 投資家ビザの最新情報

VOL.184 2014年10月13日 ───────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「EASTWIND 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■


 無料メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

               発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆さま、こんにちは。

 先日4カ国対抗戦(ザ・ラグビーチャンピオンシップ)最終戦が行われ、
 オールブラックスは南アフリカと敵地で対戦し、25対27で惜しくも敗れて
 しまいました。

 この敗戦でオールブラックスの連続不敗記録は「22」でストップしたもの
 の、3連覇を果たしました。

 もう一試合のアルゼンチン対オーストラリアは、21対17で地元アルゼンチ
 ンが2012年に対抗戦に参加して初の歴史的勝利を挙げました。

 オールブラックスは最終戦で負けてしまいましたが、来年に迫ったラグビー
 ワールドカップに向け、この敗戦をよい糧にしてもらえればと思います。

 それでは本日のメルマガをお届けいたします。
 (た)



◆─────────────────────────────────◆

 今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

 1. 投資家ビザの最新情報

 2. ニュージーランドよろず生活コラム(21)
   「New Zealand Girl」

 3. ご案内:いま注目される、海外相続の必要性について

 4. 移住会員さま/NZコラム

   リトルフォレストB&Bさんのニュージーランドコラム
   「Foragingが楽しい季節になってきました」



◆─────────────────────────────────◆

 1. 投資家ビザの最新情報

◆─────────────────────────────────◆

 情報によりますと、現在500通の投資家ビザ申請書が移民局に溜まっていて、
 それを5人のスタッフで審査しているとの事でした。

 投資家2カテゴリ申請に限って言えば、2年前は年間約100件しか審査をして
 なかったのに、今年は7、8月の2ヶ月間だけで53件も審査を済ませています。

 ということは、たった5人でも審査スタッフは増員されているのでしょうね。

 それにしても投資家プラス(投資額$10M、日本円で約9億)の申請者はそう
 そう多くないだろうし、投資家2カテゴリによる永住権申請受入数は最大で
 年間300件とサイト上に掲載しているのに、なぜ今500通も申請書が溜まって
 いて、投資家2の申請も引き続き受付中なのか・・・

 一体どれだけの数の申請が審査に通らないのだろうとちょっと興味が湧い
 たので調べてみたところ、申請の約半分がDecline、審査に落ちているんで
 すね。

 以下のデータがあります。

 2009年7月1日から2014年8月31日まで、約5年間の合計審査結果数
 (2014年9月8日発表)

 Investor1:67件(RV取得)19件(却下)
 Investor2:391件(RV取得)、183件(却下)

 国別:(申請者数の多さ順)

 1位:中国⇒211件(RV取得)97件(却下)
 2位:アメリカ⇒58件(RV取得)17件(却下)
 3位:イギリス⇒46件(RV取得)22件(却下)
 4位:日本⇒18件(RV取得)6件(却下)

 移民局が公開している資料から引用:
 引用元:http://www.immigration.govt.nz/migrant/general/generalinformation/statistics/ 

 日本人は世界で4番目に申請数が多いのですね、そして却下されている方も
 6件もいらっしゃるとは少し驚きました。

 日本人の性格だと、とりあえず駄目もとで申請するといった事はせずに、
 ビザの申請条件を十分把握した上で自己査定をし、「これで行けるぞ!」
 と用意と覚悟を持てた後に申請をすると思います。

 それに、投資家2カテゴリ申請に関して言えば、本申請前にEOI申請をしな
 くてはならないのですが、投資家2の条件に合わなければ本申請前に落とさ
 れてしまいます。

 では却下される理由として考えられる理由は何でしょう?

 私は以下の2点だと思っています。

 1.証拠不十分
 2.投資家ビザ申請における条件やルールの不十分な理解

 特に2.に関しては、弊社もほぼ毎日移民局のウェブサイトにはお世話になっ
 ていますが、サイト上に掲載されている内容を読んで、「これはお客様も
 勘違いするな」と思ってしまうような表現を時折見つけます。

 その為、投資家ビザの申請を成功するためには投資家ビザ申請の取り扱い
 件数が多い、移民アドバイザーや移民弁護士のサポートに頼ることをお勧
 めします。



 ▼ EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

 2. ニュージーランドよろず生活コラム(21)
   「New Zealand Girl」

◆─────────────────────────────────◆

 とある週末、ショッピングモールに車で出かけました。家から出る際、
 ちょっとハンドルが重いな・・・と感じてはいたものの、さほど気にもせ
 ず出かけてしまいました。ところが、買い物を終え駐車場に戻ってみると、
 なんと、前のタイヤの片方が完全にペチャンコになっている!まさかのパ
 ンク!ハンドルが重かったのはこのせいだったのか・・・正に後悔先に立
 たずです。

 車の運転暦はすでに25年になりますが、こんな突然のパンクに見舞われた
 のは初めて。どうしよう・・・。このままユックリと運転して帰って、お
 話になっているガレージに持ち込もうか、近くにあるガソリンスタンドに
 持ち込もうか、はたまたAAに電話しようか・・・。呆然としていると、私
 の車のすぐ隣に車を停めた、私より少し年上(のように見受けられた)
 女性に声をかけられました。

 「危ないから、絶対に運転しちゃダメ!スペアのタイヤはどこ?」

 後ろに積んであったスペアのタイヤを取り出し、ジャッキを見つけると、
 彼女は手際よくジャッキで車体を持ち上げると、タイヤを外しました。私
 はといえば、彼女の周りをアタフタ、ウロウロするばかり。あまりにも手
 馴れた見事な作業だったもので、「どうしてこんなに上手なの?私、タイ
 ヤ交換なんて自分でしたことない・・・。」と力なく尋ねると、彼女は満
 面の笑みで答えました。「これくらい当然よ!私はニュージーランド・
 ガールなんだから!」

 軍手なども積んでいなかったので、彼女の手は既に真っ黒。それでもスペ
 アのタイヤを取り付けてくれました。それなのに、そのスペアタイヤの空
 気までも抜けていてペッチャンコ。あぁ、なんとリスク管理の甘い私・・・。

 もともとのタイヤには穴が開いたような形跡も無かったので、とにかく近
 くのガソリンスタンドまでタイヤを転がしていって、で空気を入れてみる
 ことに。その時にも(あまりにも私が無知に見えたのでしょう)、タイヤ
 の空気圧まで指示してくれて、ガソリンスタンドの人に伝えるよう教えて
 くれました。

 日本のように全てが便利で行き届いている社会で生きていくことは、この
 上なく便利で快適です。でも、その便利さの中にいると、自分を甘やかし
 て、強さやたくましさに欠ける人間になってしまうところも多々あるよう
 に思います。ニュージーランド・ガールの逞しさに自分の無力さ、無知さ
 を教えられ、何一つ自分の手を油で真っ黒にすることなく安全で快適に運
 転できる環境を整えてくれている我が祖国の環境の良さ、それを支えて下
 さっている多くの方々への感謝の気持が沸いてきたのでした。

 今、私の車のスペアタイヤにもきちんと空気が入れられ、作業用の手袋も
 きちんと常備されています。タイヤ交換のやり方もきちんと覚えました。
 もし誰かのタイヤ交換を助ける場面があったら、満面の笑みで言いたいも
 のです。「これくらいへっちゃらです!私はヤマトナデシコですから!」



 ■ニュージーランドよろず生活コラム バックナンバー:

 「ニュージーランドの小学校」
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=180

 「マオリの伝説」
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=179

 「多国籍ランチ」
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=178



 ▼ JAPAN BUSINESS CONSULTING CO.,LTD ─────

 お問い合わせ citadel@jbcnz.co.nz
 Facebook   https://www.facebook.com/groups/367586466675324/
        ※ご覧頂くためにはFacebookアカウント登録が必要です。

 7F The Data Centre, 220 Queen St. City, Auckland New Zealand
 Tel : 64-(0)9-377-9606 Fax : 64-(0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

 3. ご案内:いま注目される、海外相続の必要性について

◆─────────────────────────────────◆

 2008年にいわゆるリーマンショックで端を発した世界的金融危機と続く経
 済停滞。そんな中で起こった東日本大震災の日本経済への計りがたいダメー
 ジは、今後の日本の経済復興がどれほど険しい道なのかを日本国民にいみ
 じくも知らしめることになりました。

 これからの日本政府は「震災復興」という言葉だけを利用して、あらゆる
 角度から国民に負担を課していくことは目に見えて明らかです。

 それに先立って2010年、すでに2011年度の税制改革法案の中で政府は「所
 得税増税」「相続税増税」「消費税増税」等の非常に大きな税制改正を通
 す予定であることを発表していました。

 震災後の対策に右往左往する中国会審議が延期されているものもあります
 が、近い将来必ず国民の負担がさらに増大する方向に政治が舵取りされて
 いくのは間違いありません。

 その中でもとくに相続税の基礎控除が引き下げられました。
 「5000万+相続人毎1000万」だったものが、「3000万+相続人毎600万」に
 引き下げられています。さらに死亡保険の非課税枠を縮小して相当な増税
 を予定しています。

 相続税はスイス・スウェーデン・イタリア・カナダ・シンガポール・タイ・
 マレーシア・オーストラリア・ニュージーランドなど廃止している国も多
 く、これから廃止に向けて動いている国も増える中で、「死者に鞭打つ」
 時代遅れの税金でありながら、日本では裕福な層から効率的に税金を徴収
 できるシステムとしてますます強化しようとしているのです。

 子供たちのために必死で働き蓄えた資産、すでに所得の段階で納税してい
 る資産への再課税が一層厳しくなり、原発の健康不安は増大し、そしてな
 により国(政府)に対する信頼が喪失している今の日本。日本人として、
 1人の親として、未来を担う世代へいかに資産を残せるのかー今こそ、世
 界を視野に入れた相続対策に踏み出す時です。

 海外相続、相続対策について詳しく資料を元にご案内させていただきます。
 下記メールアドレスまでお問合せください。



 ▼ EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

 4. 移住会員さま/NZコラム

   リトルフォレストB&Bさんのニュージーランドコラム
   「Foragingが楽しい季節になってきました」

◆─────────────────────────────────◆

 すっかり春めいてきたオークランド。あちこちで桜が綺麗に咲いています。

 春といえば、野草・山菜の季節でもあります。ニュージーランドでは自宅
 に森がある家も多く、森ごとに収穫できる野草が違うこともあり、お互い
 の森を訪ねあって収穫そして料理を楽しむ人たちがいます。

 森に入って食べるものを収穫することをこちらでは”Foraging”といいま
 す。イタリアやロシアなどヨーロッパでは森に入ってキノコ狩りしたり、
 ベリーを摘んだりして楽しむことは週末の楽しみかたのひとつ。日本でよ
 もぎやつくしを摘んで春の味覚を楽しむのと同じように、ニュージーラン
 ドの人たちもForagingを楽しみます。

 リトルフォレストB&Bの森でもForagingを楽しむことができます。まず
 入り口周辺にワイルドミントがあります。そのままでも、乾燥させても、
 風味豊かな美味しいお茶になります。バジルペーストのように、このワイ
 ルドミントをにんにくとオリーブオイルと混ぜてペーストにしても美味し
 いです。もう少し奥に入ると、キオキオやママクという山菜があります。
 山菜はアク抜きをせねばなりません。種類によっては3日間くらいかかる
 ものもありますが、この2つの山菜は短時間でアク抜きが出来ますし、味
 や食感も良く、日本人の味覚に合う味。キオキオは酢味噌で、ママクはオ
 クラのようにトロトロなので、ダシ醤油と合わせて食べたりします。

 野草は食べるだけでなく、コスメにも活用することができます。先日、リ
 トルフォレストB&Bでは、マオリハーブや薬草を使ったコスメ作りの講
 座を開催しました。カワカワというマオリハーブからリップクリームを作
 り、ウォッカに漬け込んだ雪ノ下から化粧水を作りました。雪ノ下は美白
 効果の高い野草、紫外線の強いニュージーランドで暮らしていく上では強
 い味方となります。

 コスメ作りの後は、野草料理を召し上がっていただきました。上記の山菜
 の他、野生のニラをチヂミにしたり、ニラの花をごま油であえたり、アロ
 エをお刺身に、雪ノ下を天ぷらにしたり。普段、何気なく目にしている植
 物が実は食べられることを知り(しかも美味しい)、皆さん驚かれていま
 した。

 ブログに写真を掲載しているので、良かったら見てくださいね。
  http://ameblo.jp/littleforestbb/entry-11922257674.html

 身近な植物が持つ力を知り、生活に取り入れていくことで、日々の楽しさ
 が増しますし、自然への感謝の気持ちが湧いてきます。ニュージーランド
 生活をより楽しくするForaging,とってもお薦めです。


 **********************************
 Little Forest Bed and Breakfast
  住所:1034 Peak Road, Helensville, Auckland 0875, New Zealand
  電話:+64 9 411-7482
  お問合せはこちらまで:contact@littleforest.co.nz
 **********************************



■リトルフォレストB&Bさんのニュージーランドコラムバックナンバー:

 「ニュージーランドSUSHI事情」
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=180

 「ニュージーランドの天然鰻はいかが?」
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=176 

 「手間暇かけて作る喜びのあるNZライフ」  
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=171



 ------------------------------------------------------------------

 <編集部より>
 Foraging、とても楽しそうですね。オークランドの都市部に建つ家でも、
 庭を注意して観察すると色々なハーブや食べられる草などが生えていた
 りするものです。かくいう私も、庭でノビルを発見し、餃子の具に入れ
 ていただいております(笑)。
 
 身近な自然に眼を向けて、生活をより豊かにするのは素敵なことですね。


 次回の移住メルマガは、10月28日配信となります。

 どうぞお楽しみに!



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

 ■ 発行周期    隔週月曜日配信
 ■ 配信元     イーストウィンド
 ■ お問い合わせ  media@eastwind.co.nz
 ■ バックナンバーの閲覧、無料登録・解除はこちらからどうぞ
   http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

 ※このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。

 Copyright(C) 2014 East Wind Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年