トップページ > 移住メルマガ > Vol. 65 NZ クリスマスとお正月の過ごし方
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 65 NZ クリスマスとお正月の過ごし方

VOL.65 2009年12月7日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「イーストウィンド 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■ 
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■ 
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■




無料メールマガジンの登録・解除はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


                発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  皆さま、こんにちは!
  いつもご愛読くださいましてありがとうございます。


  2009年も残り少なくなりまして、
  ニュージーランドではクリスマスの雰囲気が漂っています。
  クリスマスショッピングのTVコマーシャルも多く、
  一年でもっとも忙しい時期になりそうです。

  移住メルマガは、今号が年内最終号となります。
  ご愛読くださいましてありがとうございます。
  来年もどうぞよろしくお願いします!

  (き)


   ━━━━━━★クリスマス・お正月休暇のお知らせ★━━━━━━
   イーストウィンドでは、12月19日(土)〜新年1月10日(日)まで、
   クリスマスおよびお正月休暇となっております。
   この期間にいただいたお問合せにつきましては、
   返信が1月11日(月)となりますので、ご了承くださいませ。



◆─────────────────────────────────◆

  今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

  ホリスティックニュージーランドからのお知らせ

  1. ニュージーランドのクリスマス・お正月の過ごし方

  2.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.59)

   「 粗大ゴミ 」


◆─────────────────────────────────◆

  ホリスティックニュージーランドからのお知らせ

◆─────────────────────────────────◆

  今年9月に開店したウェブショップ「ホリスティックニュージーランド」
  は多くの皆様にご愛顧いただき早3ヶ月目を迎えています。

  11月より新しく自分の症状に合わせた自分だけのハーブエキスを調合して
  もらえる「マイレメディ」も販売を開始し、ご好評をいただいています。
  自然療法、ホリスティック療法の本場ニュージーランドからお届けするハ
  ーブ製品。来年はさらに新しいラインナップが加わる予定ですので楽しみ
  にお待ち下さい!

  尚、ウェブショップは常時注文を受け付けておりますが、年末年始はイー
  ストウィンドの休業期間にあわせてオフィスを閉めさせていただきます。
  その間の発送は年内1度、年始1度臨時で行う予定をしておりますが通常
  より遅い発送となりますので何卒ご了承ください。

  今年も大変お世話になりました。
  来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  ホリスティックニュージーランド 
  http://www.holisticnz.co.nz


◆─────────────────────────────────◆

  1. ニュージーランドのクリスマス・お正月の過ごし方
◆─────────────────────────────────◆

  ニュージーランドのクリスマスは、家族と過ごすことが一般的です。 
  クリスマス・ランチとしてターキー(七面鳥)を囲み、遠方の親せきも集
  まり、一年に一度、家族が集まる一大イベントです。
  このクリスマス・ランチ、ランチを、実際に、食べることができるのは、
  2時か3時ごろと遅い時間になるので、お腹を空かして行くと、かなり厳
  しいので、Kiwi Familyに招待された時は、少し、お腹を満たしてから行っ
  た方がいいでしょう。

  女性たちは、朝からターキー(七面鳥)を焼いたり、一日のほとんどを、
  キッチンで過ごしながら、わいわい調理をしながら盛り上がり、男性軍は、
  ラウンジやデッキで話に花を咲かせて、飲みながら、遅いランチを待って
  いるのが、典型的なクリスマスの光景です。  

  また、年始年末、キャンプ場で、家族・友達と長期で過ごす人たちもいま
  す。キャンプ場は、多くの常連家族がいて、この木の下は、この家族の場
  所、という風に、暗黙の了解で縄張りが決まっていることもあるので、テ
  ントを張る時は、気をつけた方がいいでしょう。    

  ホームステイ先のファミリーのパーティに誘われて、日本人が招かれた場
  合、集まる家族が多ければ多いほど、家族のイベントということで、孤独
  を感じるかもしれません。

  お正月は、逆に、家族よりも、友達とイベントに行ったり、カウントダウ
  ンを過ごしたりすることが一般的です。大晦日は、日本のように、除夜の
  鐘が響くような、厳かな雰囲気は全くなく、お酒を飲み、騒ぎながら、新
  年を迎えるという感じです。 

  お酒を飲んで楽しむのは、どこの国でも同じでしょうが、どこでも、ばか
  騒ぎをしてはめをはずす人もいますので、巻き込まれないように、用心し
  ましょうね。


◆─────────────────────────────────◆

  2.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.59)

   「 粗大ゴミ 」

◆─────────────────────────────────◆


  天候が安定し日差しが強くなったある日、通りのあちこちに巨大なゴミの
  山が築かれた。
  毎週のゴミ出しではなく年に一回の「粗大ゴミの日」である。わがM町の
  あるノースショア・シティーのお達しでは出し日は二日間となっているが、
  どの家もその一週間くらい前から各自の家の前に、普段ゴミ出し日には出
  せない粗大ゴミを出し始める。

  市当局から配られたルールによると
  1) 危険物ではないこと。
  2) 二人で運べる大きさ(重さ)以上であってはならない。
  3) 庭木や草刈あとの雑草はダメ。
  4) 化学薬品やバッテリーなど車の部品はダメ。
  などなど。

  東京と違って収集は無料でやってくれるが「よくもこれだけ」と思うほど
  各家庭の粗大ゴミは大量である。電気製品の壊れたのや自転車、二人で持
  ち運べるのかと思うような大きなベッド、ソファーまで積み上げられてい
  る。

  我が家でも今年は引越しをしたので粗大ゴミが結構出た。壊れたストーブ
  2台(保障期間の二年が過ぎたらプツン)、吸い込みの悪くなった掃除機、
  引越しで要らなくなった照明器具など。ここからがニュージーランドらし
  い。実はこうした粗大ごみの多くが当局の収集の前になくなるのだ。どう
  やらこれらの不用品を自分で使えそうなものは持ち帰り、修理して使うの
  だ。

  我が家のストーブも通りがかりのおじさんが「要らないのか」と聞くので
  「でも壊れているよ」といったら「大丈夫うちで直せる」といった具合。
  この辺でよくやるガレージ・セール感覚で通りがかりのひとが掘り出し物
  を見て歩く。実に合理的。中には壊れた冷蔵庫や洗濯機などをトラックいっ
  ぱいに積んでいく人もいる。これは明らかにあちこちで見かける「中古
  ショップ」の関係者か。日本人だったら「人が捨てた物を持っていく」の
  はちょっと抵抗があるだろうが、その感覚はKIWIにはないようだ。「もっ
  たいない」の精神は、いま今日本になく、ニュージーランドで見られる。

  そういえば車も同じだ。「ニュージーランドで新車を買うやつはよほどの
  金持ちかマニアだよ」といわれる。車市場は圧倒的に中古車中心でしかも
  年式の古いのを大事に使う。事故で横腹をこすったような車も修理屋に持
  ち込めばたたいてきれいに直してくれる。日本ではほんのちょっとしたド
  アの傷でもディーラーは「保険でやりますから」といってさっさと新しい
  ドアに換えてしまう。こんなのをニュージーランド人がやられたら眼をむ
  くだろう。

  使い捨て文化、大量消費で繁栄したニッポンはいま物が売れなくてデフレ
  にあえいでいる。世界不況の荒波はもちろんニュージーランド経済にも影
  響を及ぼしている。しかし「使い捨て」を知らないKIWIたちはどこ吹く風
  だ。週末になればあちこちの家の庭でバーベキューパーティーが開かれる。
  いつもの夏のように。

  (周)



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

  今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
  次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

  これからもどうぞよろしくお願いいたします。


  ご意見・ご感想はこちら
  media@eastwind.co.nz

  ■発行周期    隔週月曜日配信
  ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
  ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
  ■バックナンバー
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/ijyu_backnumber.htm

  ■無料メールマガジンの登録・解除はこちら
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2009 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年