トップページ > 移住メルマガ > Vol. 99 NZの年金受給
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 99 NZの年金受給

VOL.99 2011年5月23日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「EASTWIND 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■


 無料メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

               発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 皆さまこんにちは。


 北島オークランドでこれまで使われてきたバスカード「GO RIDER」が、
 昨日日曜日から「HOP」に変わりました。

 「GO RIDER」は、運転手さんの横にある機械に差し込んで読み取るもので
 したが、「HOP」はタッチ式のカードで、乗車時と降車時にパネルをタッ
 チして読み取ります。乗車時の時間短縮を図るためでもあったと思います
 が、様子を見ていると、タッチの反応がよくなかったり、降車時にタッチ
 し忘れて運転手さんに呼び止められる人がいたり、古い「GO RIDER」のま
 まで使えず困っていたり、時間がかかっているようでした。

 新しいことを取り入れる際は、浸透するまで時間がかかります。しかし慣
 れてしまえば、きっと「変わって良かった」と思えるはずです。ニュージー
 ランドのさらなる発展を信じて対応していきたいです。 

 「HOP」ウェブサイト(英語)
 http://www.myhop.co.nz/


 それでは今回のメルマガです。

 (き)



◆─────────────────────────────────◆

 今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

 1.ニュージーランドの年金受給について

 2.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.93)

  「 Free 」

 3.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ



◆─────────────────────────────────◆

  1. ニュージーランドの年金受給について

◆─────────────────────────────────◆

 「ニュージーランド永住権を取得後は、
  ニュージーランドも日本からも、両方の年金がもらえるのですか?」


 会員の皆さまからのお問合せの中で、このようなご質問をいただくことが
 多々あります。

 ニュージーランドの年金取得資格は65歳からとなります。永住権取得後10
 年をニュージーランドに滞在し、さらにその10年のうち、5年間は50歳を
 超えてからのニュージーランド滞在であれば、ニュージーランドの年金資
 格を得ることができます。

 税込の受給金額は、個人の過去の収入・無収入に関係なく、ニュージーラ
 ンドの平均給与額の66%以内に定められており、この平均給与額は毎年4月
 に改定されます。 

 他人と同居でなく、一人で住んでいる独身で、他国からの年金を受給して
 いない人の週に受け取る受給額は、$ 373.56 (税込)。他人と同居の場合
 は、$ 342.58 (税込) 。他国からの年金を受給していたり、配偶者も年金
 受給者であったなど、個々のケースによって、受給できる金額は変わって
 きます。

 また、受給資格保持者は、ニュージーランド以外の国に住んでいる場合で
 も、申請さえすれば支給はされます。過去の滞在年数によって支給額は変
 わります。

 但し、Social Security Agreementのある国(オーストラリア、カナダな
 ど)などの、年金を受給している場合などは上記に当てはまりません。

 どうぞご参考になさってください。

 
 ▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602




◆─────────────────────────────────◆

  2.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.93)

  「 Free 」

◆─────────────────────────────────◆

 引越しに伴って不要品が出る。小さくなった子供の自転車、パン焼き器、
 木製の本棚、不要になったベッドマット、etc。粗大ごみは市役所が無
 料で持って行ってくれるが、年一回、年の暮れである。それまでは日にち
 がありすぎるので「Free」にすることにした。Freeというのは家
 の前に不要になったものを並べてFreeと書いた紙を貼り付けておくと
 欲しい人が持っていく習慣である。

 ニュージーランドの住宅地は家の前に2,3メートルの芝生の部分があって
 その先に1.5〜2メートルの歩道。その先に車道があるのが普通だ。フリー
 の品物は歩行の邪魔にならぬように芝生の部分に並べておく。

 フリーのシステムがこんなに有効だとは思わなかった。自転車とパン焼き
 器は置いたとたんに通りがかりの車が止まり「もらうよ」。もちろんOK
 だが「電気のボルテージが日本のなんだけど」というと「ああ、100ボル
 トね。ノープロブレム」。本棚は通りすがりの主婦と小学生くらいの男の
 子が両端を持って運んでいった。(大事に使ってね)ベッドマット、古く
 なったゴルフバッグ。出すたびに10分とかからず消えていく。壊れてはい
 ないが不要になったものばかり。長年の便秘が解消したようなスッキリ感
 である。

 正直言って自分がそれをやれるかといったらかなり抵抗感がある。欲しい
 ものでもおそらくわき目で見て通り過ぎるだろう。そして他人が持ってい
 くのを見て内心悔しがるだろう。その意味で私はやはり日本人である。こ
 の気持ちはニュージーランド人にはわからないだろう。「必要なものがそ
 こにあるのに持っていかないなんてお前バカか」といわれるに決まってい
 る。

 では持っていく人がみな貧しいかというととんでもない。以前の引越しの
 とき使用済みダンボールを散歩の途中で「くれないか」といったKIWI
 はそれがきっかけで親しくなったのだが、海の見える広い家には2台の車
 が置いてあり、その傍らにボートが繋いである。

 庭には色とりどりの花が咲いている。東京のわれわれの生活とは桁違いの
 優雅さである。

 道端においてあるものを拾うのに「日本人だから抵抗がある」といったが
 果たしてそうか。それは日本人の生来の性質か。終戦直後の日本人の生活
 はどうだったか。高度成長前の日本人の生活はどうだったか。2DKの団
 地に住むことが夢だったあのころを思い出すがいい。してみればそれは日
 本人本来の性質でもなんでもないことがわかるだろう。ナニ日本人はバブ
 ル以降私を含めて「もったいない」の精神を忘れたに過ぎないのだ。「
 mottainai」が国際語になっているというのに。

 「もっと使わせろ」「無駄遣いさせろ」「流行遅れにさせろ」「捨てさせ
 ろ」etc。有名な電通十訓である。さすがに今この十訓は使われていな
 いそうだが、日本の高度成長は無駄遣いの上に無駄遣いを重ねて積み上げ
 てきたとも言えないか。そして石原慎太郎都知事の言う「天罰」が下って
 東日本大震災。原発は火の消し方がわからぬ小供が火遊びをして大火事を
 招いた。「日本の経済を立て直そう」という政治家、官僚、経済界の胸の
 うちに、またぞろ電通十訓が秘められていないか。

 (周)



◆─────────────────────────────────◆

  3.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ

◆─────────────────────────────────◆

 ニュージーランド原産のマオリハーブ(薬草)製品を
 取り扱っているホリスティックニュージーランドでは、
 サプリメントの販売を開始しました!!

 放射性物質をはじめとした有害物質を体外へ排出する『デトックスサプリ』
 と、良質な抗酸化物質により、体の免疫力をあげる『免疫アップサプリ』
 の2種類を御用いたしました。

 精一杯良質の原料を使い、少しでも継続しやすいお値段になるよう
 ベストの努力をさせていただいた渾身の新商品です。

 みなさま、ぜひお試しください。

 ホリスティックニュージーランド
 http://www.holisticnz.co.nz/



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

 今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
 次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。


 ご意見・ご感想はこちら
 media@eastwind.co.nz

 ■発行周期    隔週月曜日配信
 ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
 ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
 ■バックナンバーの閲覧、無料登録・解除はこちらからどうぞ
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2011 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年