トップページ > 移住メルマガ > Vol. 104 NZのショッピングセンター
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 104 NZのショッピングセンター

VOL.104 2011年8月1日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「EASTWIND 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■


 無料メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

               発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 皆さまこんにちは。

 この週末、日本からご到着のお客様を迎えるために、
 オークランド空港へ行きました。

 1ヶ月前には改装していた場所がオープンしていたり、
 空港前にオープンしたNovotelホテルも活気が増していたり、
 ラグビーワールドカップへ向けても、
 準備が着々と進んでいる雰囲気がしました。

 9月9日の開幕まであと1ヶ月。
 ニュージーランドの賑わいが楽しみです。


 それでは本日のメルマガをお届けします!

 (き)



◆─────────────────────────────────◆

 今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

 1.ショッピングセンター

 2. NZ公定歩合、2.50%に据え置きを発表

 3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.98)

  「 なでしこ、そしてABs 」

 4.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ


◆─────────────────────────────────◆

  1. ショッピングセンター

◆─────────────────────────────────◆

 ニュージーランドは冬真っ盛り。
 北島のオークランドでは、冬といえば雨の季節です。
 皆さんは雨の日の休日、何をして過ごされますか?

 多くのキウイの家族連れはショッピングセンターへお買い物に行きます。
 特に冬の雨の日は寒く、何もすることができない・・・。でも、子供は外
 へ出かけたい・・・。そうすると多くのショッピングセンターへ行き、お
 買い物がてらぶーらぶら、ランチをしていこうなんていうご家族がたくさ
 んいるのです。

 ニュージーランドで大型ショッピングセンターといえば、「ウェストフィー
 ルド」でしょう。オークランドを中心にショッピングモールを持つ、この
 ウェストフィールド。元々はオーストラリアの会社なのですが、ニュージー
 ランド国内にも12店舗あります。クライストチャーチに1店、ハミルトン
 に1店、ウェリントンに1店、その他は主にオークランド近郊、市内中心
 部、タカプナ、ニューマーケット、セイント・ルークスなどにあります。

 ほとんどのウェストフィールドには、広い駐車場がありますが、それでも
 雨が降っている日曜の午後に行くと、駐車スペースを見つけるのは至難の
 業です。ほとんどの店舗で似たようなお店が入っているのですが、立地の
 せいなのか、なんだかちょっと庶民的な感じ、観光客向けな感じ、少し高
 級な感じ(といってもたかがしれていますが・・・)など、心なしか店舗
 によって雰囲気が違っているように感じます。

 とは言ったものの、ニュージーランドで一番大きなショッピングモールは
 ウェストフィールド系列ではなく、シルビアパーク。こちらはオークラン
 ドから少し離れたマウントウェリントンにあります。しかし、広い駐車場、
 モーターウェイを下りてすぐという立地、そして電車の駅から直結という
 交通の便がいいこともあり、いつも多くの人でにぎわっています。

 他にもドレススマート、というアウトレットショッピングモールもありま
 す。オークランドですとオネハンガというエリアにあります。その他は、
 ハミルトン、ウェリントン、クライストチャーチにもドレススマート店舗
 はあります。ただし、こちらはアウトレットだけあって、サイズや種類に
 限りがあったり、季節が少しずれていたりしますので要注意です!!!

 私はなんとなくセイント・ルークスの雰囲気が好きですが、皆さんも、ぜ
 ひお気に入りにのショッピングセンターを見つけてくださいね。

 
 ▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602


◆─────────────────────────────────◆

  2. NZ公定歩合、2.50%に据え置きを発表

◆─────────────────────────────────◆

 2011年7月28日、NZ準備銀行(RBNZ)は、公定歩合2.50%据え置きを発表し
 ました。

 これは市場の予想通りでしたが、その際ボラード総裁は、「3月に緊急的
 に公定歩合を引き下げたものの、NZ経済は予想を遥かに上回るスピードで
 回復しており、これ以上現在の公定歩合を維持する必要性はない」と、早
 ければ9月にも公定歩合を引き上げる可能性を示唆しました。

 また、現在の中央銀行のインフレターゲットは1%〜3%の範囲となってい
 ますが、「昨今のインフレ上昇は一時的なものであり、市場の自動調整力
 によって、結果的に2.50%程度に落ち着くだろう」と、6月の時ほどでは
 ないものの、調和のとれた政策に対する強気な発言も出ました。

 あるエコノミストは9月に0.50%の引き上げもありうるとの見方を示して
 います。現在、対米ドルで0.8500を超えるNZドル高になっていますし、今
 後の公定歩合引き上げはその為替レートとアメリカやヨーロッパなど、国
 際金融不安の行方次第の部分もありますが、予想の2倍ともいえるスピー
 ドで回復している国内経済を背景に、今後の金利引き上げには大きな期待
 が持てる状況と言えます。

 9月にはラグビーのワールドカップが開催されます。その経済効果も考慮
 すると、魅力的な定期預金が戻ってくる日も近いかもしれませんね。


 弊社の「グループ定期預金」は、現在、最高金利6.00%にて、あなたの資
 産運用をサポートしています。

 また、弊社では、ご資金を送られる際に は、安全・確実・便利に日本か
 らNZへ送金いただける「海外送金サービス」 を提供しておりますので、是
 非ご利用ください。


 ▼ EAST WIND CO.,LTD ファイナンス ─────

ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/finance/
お問い合わせ  finance@eastwind.co.nz

 7F The Data Centre, 220 Queen St. City, Auckland New Zealand
 Tel : 64-(0)9-373-5958 Fax : 64-(0)9-379-8448



◆─────────────────────────────────◆

  3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.98)

  「 なでしこ、そしてABs 」

◆─────────────────────────────────◆

 ワールドカップ優勝から2週間過ぎた今も日本は「なでしこ」に沸いてい
 ます。3月11日の大震災以降、原発、放射能汚染食品、政治の混迷と暗い
 ニュースが続く中でなでしこジャパンの快挙が日本の国民に与えた感動は
 日本人がこのところとらわれていた閉塞感をぶち破るようなインパクトが
 ありました。ニュースや特集で対アメリカ戦の模様は何度も放送され、あ
 まりサッカーに興味のない人々も澤選手はじめ川澄や宮間、海堀といった
 選手の名前と顔を覚えてしまったことでしょう。正直言ってかく言う筆者
 も選手の名前は澤選手しか知りませんでした。

 ただここで心配事があります。そのひとつは選手たちのコンデションです。
 すでになでしこの国内リーグは始まっていて、ジャパンの選手はそれぞれ
 の所属チームに戻ってプレーしているわけですが、帰国後はテレビのゲス
 トや、祝勝会、スポンサーへの挨拶などほとんど寝る暇もないほど忙しい
 日々を過ごしたことでしょう。そうした中で今度は2012年ロンドンオリン
 ピックのアジア予選が9月1日から中国で始まります。ここに向けて果た
 して彼女たちのコンデションはワールドカップ前ほど充実しているでしょ
 うか。

 もうひとつはやはりオリンピック予選に向かう彼女たちの「内なる心の変
 化」でしょう。言うまでもなくなでしこが今回のワールドカップに優勝で
 きるとはほとんどの日本人は予想していなかったと思います。当の本人た
 ちも「優勝のチャンスはある」といいながら、予選リーグを突破して4強
 に残れたら「満足」というのが大会前の正直な気持ちだったのではないで
 しょうか。だからこそ、決勝戦でPK戦になったとき佐々木監督を囲んで
 選手たちが笑顔でPK戦に臨めたのです。

 これは今までの日本のスポーツ選手にない表情でした。これまでどんなス
 ポーツでも決勝に臨む日本の選手たちは男女を問わず決死の覚悟というか、
 とても笑顔など見せられない硬い表情でした。ところが今回PK戦の前の
 円陣でなでしこたちの見せた笑顔に「あれっ」と思った視聴者は多いと思
 います。一方「勝って当然」と思っていたであろうアメリカの選手たちの
 表情はチラとしか写りませんでしたが笑顔どころかいらだったような表情
 を見せていたのです。その気持ちの差が勝敗を分けたといえるでしょう。

 さて問題はオリンピック予選です。これまでと違って多くの日本人は「な
 でしこ」が楽々と予選通過するものと思っています。なんといってもワー
 ルドチャンピオンなのですから。しかし十分といえないであろうコンデショ
 ンでオーストラリアや韓国、中国、北朝鮮といったアジアの強豪を相手に
 するとき、果たして彼女たちは対アメリカのPK戦で見せたような笑顔で
 試合に望めるでしょうか。PK戦にもつれ込んだときのアメリカの選手の
 ような「何がなんでも勝たなければ」といった硬い表情で試合に臨んだと
 き一抹の不安が拭い去れません。

 さて、突然ですがニュージーランドのオールブラックス(ABs)です。
 9月9日からニュージーランド各地で開催されるラグビーのワールドカップ
 でABsは「何がなんでも今回こそは」と選手もニュージーランド人も思っ
 ていることでしょう。実際平均して言えばABsは世界一です。でも過去
 6回のワールドカップでABsは一度しか優勝していません。常に優勝候
 補筆頭に上げられながらイングランド、オーストラリア、南アに優勝カッ
 プをさらわれてしまったのです。

 4年前のWカップ(フランス大会)を思い出します。決勝リーグでなんと
 ABsは信じられないようなコチコチのゲーム運びでフランスに敗れてし
 まいました。あの時は試合当日までオークランドの中心街(シティー)で
 大騒ぎしていたKIWIたちが翌日は腑抜けのような顔をしてしょんぼり
 していました。それだけに今回の地元開催のWカップだけは「なんとして
 も優勝」と選手もニュージーランド人も思っています。「勝って当然」と
 いう国民の期待と「絶対負けられない」という選手の気持ちがオリンピッ
 クアジア予選に臨む「なでしこ」と重なります。もっともこの緊張感は政
 治や外交の世界と違ってゴマカシや取引のないスポーツの世界だからこそ
 のものなのですが。

 (周)


◆─────────────────────────────────◆

  4.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ

◆─────────────────────────────────◆

 ニュージーランド原産のマオリハーブ(薬草)製品を
 取り扱っているホリスティックニュージーランドでは、
 チャクラを開くハーブティーセット
 『ニュージーランドハーブティー・チャクラ』
 の販売を開始しました!!

 世界初のチャクラを開く・ハーブティー。
 詳しくは弊社のホームページをご覧ください。

 ホリスティックニュージーランド
 http://www.holisticnz.co.nz/


───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

 今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
 次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。


 ご意見・ご感想はこちら
 media@eastwind.co.nz

 ■発行周期    隔週月曜日配信
 ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
 ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
 ■バックナンバーの閲覧、無料登録・解除はこちらからどうぞ
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2011 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年