トップページ > 移住メルマガ > Vol. 116 NZの運転免許と交通ルール。右折車優先?左折車優先?
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 116 NZの運転免許と交通ルール。右折車優先?左折車優先?

VOL.116 2012年1月31日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「EASTWIND 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■


 無料メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

               発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 皆さま、こんにちは。

 昨日月曜日はオークランド記念日という祝日で、
 オークランドでは、土曜日から3連休となっていました。
 一日遅れのメルマガ配信となります。


 ニュージーランドは夏の気候が素晴らしいので、
 オークランドで住んでいる方の中には
 今のベストシーズンを楽しみにしている方も多いと思います。

 しかし、なぜか今回の夏は、気温が低かったり、雨の日が多かったり、
 なかなか例年のような過ごし方ができないような気がしています。

 そんな中、この3連休は久しぶりの好天!
 お出かけされた方も多かったようです。
 アウトドアが魅力の一つであるニュージーランドですので、
 天候によって楽しみ方も左右されるところがありそうです。

 来週月曜日(2月6日)はワイタンギデーという祝日で、
 次週も3連休となるので、また天気に恵まれることを願っています。


 それでは今日のメルマガです。


 (き)



◆─────────────────────────────────◆

 今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

 1.NZの運転免許と交通ルール。右折車優先?左折車優先?

 2.ファイナンス
  「 1月26日発表のNZ政策金利は2.50%に据え置き 」

 3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.110)
  「 世界人口70億 」

 4.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ



◆─────────────────────────────────◆

  1.NZの運転免許と交通ルール。右折車優先?左折車優先?

◆─────────────────────────────────◆

 日本の運転免許を保持されて2年以上経過されている方は、ニュージーラ
 ンドへ渡航後、無試験で書き換え可能です(2009年4月に改正されました)。
 もし英語での試験に心配があっても、いちからルールを覚えて試験を受け
 なくてよくなっています。

 免許の書き換え、ニュージーランドでの免許取得に関しては、移住メルマ
 ガバックナンバーをご覧ください。

 ■日本の免許の書き換え:
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=61
 
 ■ニュージーランドで免許を取得:
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=35

 *ニュージーランドの免許取得可能年齢は、15歳から16歳に引き上げられ
 ています(2011年8月改正)。

 運転免許を取得するには、
 1. ラーナーライセンス(Learner Licence)
 2. リストリクテッドライセンス(Restricted Licence)
 3. フルライセンス(Full Licence)
 と、3つの段階を経て取得することになります。

 Full Licenceが取得できると、条件なしに運転が可能となります。保険料
 金も、Full Licenceを持っているかどうかで変わってきますし、お仕事を
 する際にも「Full Licenceを持っていること」を必要条件としている会社
 もあります。

 さて、免許書き換えによってニュージーランドでFull Licenceを取得後、
 運転歴が2年になる私ですが、実際に運転する中でルールを覚えていたので、
 実はあいまいなところがたくさんありました。

 ちょうど友人が免許取得するということだったので、一念発起して、交通
 ルールブックを読んでみることにしました。今回の勉強で知らなかったルー
 ルや曖昧だった点がとてもクリアになっています。

 ニュージーランドならではと思った部分は、「羊の群れがいたらストップ
 し、通り過ぎるのを待たなくてはいけない、しかし馬の場合は減速で気を
 つけて追い抜く」。さすが羊大国ですね!

 ニュージーランドの運転免許証へ書き換えができたとしても、交通ルール
 はすべて日本と同じではありません。もちろん違反をすれば知らなかった
 では済みません。スピード違反はかなり厳しく、私のまわりでは3キロオー
 バーで罰金を取られたという方もいます。

 また、ニュージーランドで特に気をつけたいのが、日本にはない「ラウン
 ドアバウト」と「右折優先ルール」。

 「ラウンドアバウト」は、日本人からすると全く新しいルールなので、最
 初から構えて注意を払いますよね。「右から来る車が優先」ということを
 覚えて、あと「タイミング」を覚えること、慣れると、比較的問題ないと
 思います。

 しかし、「右折優先」は感覚的になかなか慣れません。未だにあれ?私が
 優先?と躊躇して、相手側の左折優先車ドライバーさんに(早く行って〜)
 と促されることもあります。

 最近、ようやく慣れてきたなぁ〜と思っていたのですが、なんと!今年の
 3月25日午前5時から法改正があり、この「右折優先」ルールが、基本「左
 折優先」に変更されることになりました!(*Give-wayサインやStopサイ
 ンのある場合はこの限りではありません。また、ラウンドアバウトについ
 ては変更なく、右側優先と同じです)

 事故を減らすための法改正ということですが、ルール変更直後には、事故
 が増えそうな気もしています。より注意して運転しなければなりませんね。
 詳しい法改正内容は、図解で詳しく書いてありますので、ニュージーラン
 ド運輸省のホームページをご覧ください。
 http://www.nzta.govt.nz/traffic/around-nz/road-user-rule.html

 皆さんもニュージーランドの交通ルールを守って、気をつけて運転をして
 くださいね!!


 ▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

  2.「 1月26日発表のNZ政策金利は2.50%に据え置き 」
     〜ファイナンス〜

◆─────────────────────────────────◆

 表題の通り、NZ準備銀行(RBNZ)は、オフィシャルキャッシュレートを予
 想通り2.50%に据え置くことを決定しました。12月以降、金融市場の不安
 は幾分解消し、欧州金融市場の流動性は高まったものの、世界経済は引き
 続きぜい弱で、見通しへのリスクが依然存在すると声明を発表。ボラード
 総裁は「世界経済の先行き不透明感と緩やかな内需のペースを踏まえると、
 引き続き政策金利を据え置くことが賢明だ」と表明しました。

 従来は政策金利を「当面」据え置くことが賢明だと指摘し、昨年12月時点
 の金利見通しでは2012年半ばに緩やかな金利上昇を示唆していましたが、
 あるエコノミストは、「当面」という表現が削られたことで、従来よりも
 慎重さが強まり、本年後半まで金利を据え置くことになると予測、また、
 ロイター調査ではアナリスト18人全員が今回の金利据え置きを予想、過半
 数のアナリストは最初の利上げが2012年下半期になると予想しています。

 一方、米連邦準備理事会(FRB)は、24、25の両日開いた連邦公開市場委
 員会(FOMC)で、ゼロ金利政策を少なくとも2014年終盤まで継続する方針
 を決定。また、雇用拡大の促進や失業率を低下させる為、通貨の増刷準備
 を進める事を示唆したこと等が影響し、政策金利発表後NZドル安へ転じる
 かと予想された為替市場は、1月27日時点の対米ドルにおいて、2011年10
 月以来の0.8200レベルのNZドル高へと推移しております。

 徐々にNZドル高傾向になっておりますので、送金の機会をお見逃しなく。

 弊社の「グループ定期預金」は、現在、
 最高金利6.00%にて、あなたの資産運用をサポートしています。
 また、弊社では、
 安全・確実・便利に日本からニュージーランドへ送金いただける
 「海外送金サービス」を提供しております。
 ご資金を送られる際には、是非ご利用ください。

 ▼ EAST WIND CO.,LTD ファイナンス ─────
 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/finance/
 お問い合わせ  finance@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St., Auckland CBD, New Zealand
 Tel : 64-(0)9-373-5958 Fax : 64-(0)9-379-8448



◆─────────────────────────────────◆

 3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.110)

  「 世界人口70億 」

◆─────────────────────────────────◆

 昨年10月31日、世界の人口が70億を超えた。(国連人口白書)国連ではこ
 の日生まれた地球上のすべての赤ちゃんを「70億人目の赤ちゃん」と認定
 することを決定したという。テレビのニュースではどのチャンネルもこの
 日生まれた赤ちゃんの母親に「70億人目の感想」をインタビューしていた
 が聴くほうも聴かれたほうもなにやら複雑な表情。それはそうだろう。口
 に出してはいえないが誰もが「おめでたい」より「こんなに増えちゃって
 いいの?」と思っているからだ。

 70億人をひとところに集めてギュウギュウ詰めに立たせたらどのくらいの
 スペースがいるか。香港と同じスペース、あるいは琵琶湖二つ分のスペー
 スが要るそうだ。これを多いと見るか、まだいけると考えるかは人それぞ
 れだが、地球上の哺乳類でこんなに短期間で爆発的に増えた種はほかに無
 い。何せ世界人口50億人突破といったのはわずか25年前、1987年のことな
 のだから。あっという間に20億人増えたのである。

 アメリカ、ジョージア州アトランタにコカコーラの本社がある。この一角
 にコカコーラミュージアムというのがあって入り口に大きな電光掲示板。
 そこにデジタルで猛烈な勢いで数字がどんどん変わっていく。世界中で消
 費されているコカコーラのボトルの数がオンタイムで表示されるしくみだ。
 1,10,100、1000、10000の位など目に止まらず、単に赤
 い表示が流れていくだけ。世界人口をデジタルで表示したらこんな具合に
 なるのだろうと思った。

 今世界で一番人口増加率が高いのはインドだそうだ。現在インドの人口は
 12億だが経済成長とあいまって1年に2000万人ずつ増えているという。公
 式発表13億の中国は一人っ子政策などの影響で人口増加が頭打ちになって
 おり、10年後にはインドの人口が世界一になると予想されている。かつて
 は戦争や疫病が人口を減らす要因になっていたが、核時代に入って世界戦
 争は無いだろうし、医療の発達はアフリカやそのほかの後進国にまで及び
 人口歯止めの要因は無くなる。

 すでにこの世に生を受けている人間がいまさら次に生まれてくる世代に「
 もう生まれてくるな」とは言いがたいが、世界の経済危機より人口問題の
 ほうが解決の難しい人類共通の問題だろう。人口増に悩むところもあれば、
 日本のように高齢化社会で人口減(若年層)が悩みのタネという国もある。
 そこで移民(永住権)ということになる。だが、若年層の人口減少を気に
 しながら日本ほど移民(海外からの労働者を含め)に厳しい国は無い。ア
 ジアからの看護師への日本語テストなどイジメに等しい。

 ニュージーランドもかつては楽に永住権取れたようだが近頃では資格(特
 に語学力)が厳しく要求されるようになった。とはいえ数を限定しながら
 も移住者を毎年迎え入れるニュージーランドはこれからますます魅力のあ
 る国になるだろう。

 (周)



◆─────────────────────────────────◆

  4.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ

◆─────────────────────────────────◆

 ニュージーランド原産のマオリハーブ(薬草)製品を
 取り扱っているホリスティックニュージーランドです。
 冬の寒さで風邪をひき、その後長引く咳に悩まされたりしていませんか?
 ホリスティックニュージーランドの『ハーブエキス・クマラホウ』は
 呼吸器系に作用するハーブエキスで、
 「咳によく効く」とお客様やスタッフにとても人気で、
 慢性気管支炎、喘息など呼吸器系の症状にお悩みの方にも、
 とってもお勧めです☆☆

 クマラホウにご興味のある方はこちらから↓
 
http://www.holisticnz.co.nz/index.php?main_page=product_info&cPath=3_6&products_id=10

 ホリスティックニュージーランド
 http://www.holisticnz.co.nz/



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

 今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
 次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。


 ご意見・ご感想はこちら
 media@eastwind.co.nz

 ■発行周期    隔週月曜日配信
 ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
 ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
 ■バックナンバーの閲覧、無料登録・解除はこちらからどうぞ
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2011 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年