トップページ > 移住メルマガ > Vol. 37 NZの不動産購入 −住宅付き定期預金−
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 37 NZの不動産購入 −住宅付き定期預金−

VOL.37 2008年10月20日 ───────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「イーストウィンド 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■ 
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■ 
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■ 



無料メールマガジンの登録・解除はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


                発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニュージーランドは、ぽかぽかと暖かい日が多くなり、街中の木々が綺麗な
緑色に染まっています。いよいよ、ニュージーランドは一年で最も綺麗な季
節を迎えます。

こんなニュージーランドの季節とは違い、世界では金融が激動の時期を迎え、
ニュージランドドルも一時は60円を切り、かなり円高がすすみました。最近、
このドル安円高の機会を金融危機としてではなくチャンスととらえて、資金
をニュージーランドに移すお客様や、不動産売買をお考えのお客様が増えて
います。

そんなニュージーランドでの不動産購入をお考えのお客様へ、現金で買うよ
りも更に利益を出す方法があるのをご存知ですか?

それが「円建て住宅融資付き定期預金」略して住宅付き定期預金です。今回
はこの商品について詳しくご説明いたします。


(ち)


◆─────────────────────────────────◆

今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

1.News !
   〜 NZ 外貨預金、不動産購入、移住説明会のお知らせ 〜

2. ニュージーランドの不動産購入
   〜 円建て住宅融資付き定期預金 〜

3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.31)
   〜 左側通行 〜

◆─────────────────────────────────◆

  1.News !
   〜 NZ 外貨預金、不動産購入、移住説明会 〜

◆─────────────────────────────────◆

いまだ景気回復の見られない日本に見切りをつけて海外に移住したい!
老後はのんびりニュージーランドで過ごしたい!

でも、

本当に住むことが出来るのか?
仕事はあるのか?
物価は?

など、多くの方が同じ不安を抱えています。

ニュージーランド現地スタッフが日本に出向き、永住権取得・不動産購入
・外貨預金・起業・長期滞在希望の方々を対象に説明会を行います。

説明会では、新移民法やビジネスの起こし方、家の購入、教育制度、政治、
経済についても触れさせて頂く予定です。


■ニュージーランド外貨預金、不動産購入、移住説明会(東京会場)

〜 11月開催 第35回 〜

  ・日時 : 2008年11月2日【日】 10:00 〜 12:00(※20名様限定)
  ・場所 : 泉ガーデンコンファレンスセンター
        Room3(泉ガーデンタワー7階)


〜 12月開催 第36回 〜

  ・日時 : 2008年12月7日【日】 10:00 〜 12:00(※20名様限定)
  ・場所 : 泉ガーデンコンファレンスセンター
        Room3(泉ガーデンタワー7階)


▼「 ニュージーランド外貨預金、不動産購入、移住説明会 」の
お申し込みはこちらから

http://www.eastwind.co.nz/ew/eij/eij_semi.html


※説明会当日にご参加できないお客様や首都圏以外の地方にお住まいの
お客様向には個別カウンセリングを開催しております。

個別カウンセリングをご希望のお客様はお気軽にお問い合わせ下さい。
  → Email: ijyu@eastwind.co.nz


◆─────────────────────────────────◆

  2. ニュージーランドの不動産購入
   〜 円建て住宅融資付き定期預金 〜

◆─────────────────────────────────◆

ニュージーランドの銀行の外貨建て住宅ローンは、ニュージーランドドル
建てローンに比べて支払金利が少ないのが特徴です。2008年10月現在日本
円建て住宅ローンの支払金利は3%以下です。

この「円建て住宅融資付き定期預金」はニュージーランドでの日本円建て
住宅ローンのメリットを最大限に利用し、世界第3位のHSBC(※香港上海銀
行)とニュージーランドで唯一移住投資起業コンサルティングを手掛ける
イーストウィンド社が共同で組成した新商品です。

例えば、5千万円のご資金があるお客様が、ニュージーランドで不動産購入
を予定しています。現在のレート、約$800,000の物件が購入可能になるか
と思います。(※NZ$1=\62で算出)

この場合、$800,000の物件をそのまま$800,000の現金で購入すれば$800,
000相当の住宅物件が一つ手に入るだけです。これを「住宅付き定期預金」
として$800,000の物件を購入する場合は$800,000をそのまま銀行の定期預
金として預け、その定期預金と実際の物件を担保に円建てで5千万円の住宅
ローンを組みます。

これにより、

1.住宅一つが手に入ります。(これは現金の場合と同じです。)
2.担保として預けた$800,000には定期預金金利6%〜7%の利子が付きます。
3.これに対してローンへの支払金利はわずか3%以下です。これだけで既に3%
〜5%程度の利益が発生します。
4.このローンは円建てですので、今後の為替の変動によって、支払うローン
金額は円建てのまま為替によって変動しません。(※1)
5.さらに定期預金の利子に対する所得税は非居住者扱いで税率わずか2%。
6.ローンで購入した住宅はすぐに賃貸に出し家賃収入による利回り3%〜7%。
7.今後の為替の回復や住宅価格上昇によるキャピタルゲインを狙う。

と何層にも利益を重ねることが可能になります。

ニュージーランドでの円建てローンには次のような条件があります。
1.投資物件でありご自身は住まない。
2.日本で定収がある。
3.円建てで返済すること。
4.(※1)円建てローンですので、為替がいくら動いても、借り入れた金額は
  変動しません。為替変動のリスクを負わないので、この点安心です。ただ
  し、為替が円高になった場合には担保になるドル建て定期預金の貨幣価値
  下落分に相当する追証を入金する必要があります。

次に追証発生の例を挙げます。

「1NZドル=80円」のときに、上限融資枠25万ドルで、20万ドルの物件を購入
するとします。円建てでの借入のため、ローン額は1,600万円です。担保にな
る定期預金額は20万ドルです。

為替相場に急激な変化が起こり「1NZドル=60円(円高NZドル安)」になりまし
た。この場合、1,600万円で購入した物件の必要担保額が26.7万ドルとなり、
定期預金金額20万ドルの担保では、保証が負いきれなくなってしまいました。
これにより、上限融資金額25万ドルから超過した1.7万ドルを追証という形で
新たに拘束定期預金にする必要があります。

上記の場合、拘束される定期預金金額が増えますが、ローン返済金額は変わり
ません。むしろ定期預金金額が増えるので、6%〜7%の利子金額は増えます。


不動産価格が下がり、為替が円高に振れている今!ニュージーランドでの不動
産購入をご検討の皆さん。是非、「円建て住宅融資付き定期預金」をご検討く
ださい。


詳しい資料は下記ウェブサイトから

http://www.eastwind.co.nz/realestate/


◆─────────────────────────────────◆

  3.連載コラム! 周さんのNZ生活(VOL.31)
    〜 左側通行 〜

◆─────────────────────────────────◆

ニュージーランドの運転免許を取って2年になる。その間東京とオークランド
を行ったり来たり。どちらでも運転する。旅行ガイドブックには、両国とも
「左側通行だから運転しやすい」と書いてある。だがご用心。決して運転は
しやすくない。

ニュージーランドでは”右優先”を徹底的に頭に叩き込んでおかないと危険
だ。この“右”には「右側から来た車」というのと「右折車」と言う意味が
ある。この国特有の交差点のラウンドアバウトについてはガイドブックでも
「注意」を喚起している。信号のない十字路交差点のラウンドアバウトでは
右側から来る車にはすべて道を譲らなければならない。対向車線から来て右
折する車にさえ道を譲らなければならない。この辺が同じ左側通行の日本の
感覚とは違うのである。

ラウンドアバウトがあれば「あ、ここはニュージーランドだ」と意識して右
側から来る車に注意できるが、ラウンドアバウトのないT字路などで左折しよ
うとするとき、同じ方向に右折しようとする対向車に道を譲らないと大変な
ことになる。左折優先の日本とはルールが正反対なのだ。告白すると、事故
には至らなかったが肝を冷やしたことが何度かある。年に何度か日本に戻っ
て運転するので余計混乱する。同じ左側通行だけにいま自分がどの国にいる
かをしっかり意識していないといけない。

ニュージーランドのドライビングマナーで気に入らないのは“割り込み”の
激しいことだ。車線の多い道路では右からも左からも、並びかけてきたなと
思うとウインカーを出したとたんにサッと割り込んでくる。東京のマナーの
悪いドライバーもびっくりだ。3秒ルールというのがあって「走行レーンを
変更するときには最低3秒ウインカーで合図してから後続車に注意して変更せ
よ」とあるがそんなことはお構いなし。

「これでは事故もさぞかし多いことだろう」と思っていたら案の定、最近配
布されたオークランド日本人会の会報によるとニュージーランドの交通事故
死者数は日本の2.23倍だと言う。これは現行の交通法規にも問題があるので
はないか。

それにしても、万事にのんびりしていて銀行の窓口やスーパーのキャッシャ
ーがどんなに混んでいてもおとなしく順番を待つKIWIがハンドルを握ると人
格が変るらしいのだ。謎である。


(周)

───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


ご意見・ご感想はこちら
→  media@eastwind.co.nz


  ■発行周期    隔週月曜日配信
  ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
  ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
  ■バックナンバー
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/ijyu_backnumber.htm

  ■無料メールマガジンの登録・解除はこちら
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2008 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年