トップページ > 移住メルマガ > Vol. 2 薬をNZに持ち込む
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 2 薬をNZに持ち込む

VOL.02 2007年6月5日 ─────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イーストウィンド 移住メルマガ創刊!!


   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■ 
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■ 
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/    ■■■■■ 

■お知らせ

本メルマガは、イーストウィンド メルマガ「EASTWIND通信」購読者
へ配信しています。今後も「 あなたにもできる! ニュージーランド移住情
報 」メルマガの購読を希望される方は、下記無料メールマガジン登録画面か
ら登録をお願いいたします。

お手数をおかけいたしますが、今後ともご愛読よろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの登録はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php

              発行者:イーストウィンド <隔週月曜12時配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月27日(日)に東京で移住の説明会が開かれました。
ご参加頂きましたお客様、ありがとうございました。

毎年移住の説明会をさせていただいており、ここ数年の動きを見ていると、昔はロン
グステイを楽しむリタイア組が多かったのですが、医療、教育、国家財政破綻など、
日本の将来の不安からNZへの移住を希望される若い夫婦の参加者が増えてきてい
ます。

次回の日本説明会は7月22日(日)に行われますが、お早めのご予約を
お勧め申し上げます。

次回の日本説明会のお知らせ↓
http://www.eastwind.co.nz/ew/eij/eij_semi01.html


◆─────────────────────────────────◆
  今日のメルマガラインナップ
◆─────────────────────────────────◆

  1.薬をNZに持ち込む
  2.信じられない日常茶飯事的な銀行員の間違い
  3.NZに住むなら、オークランド?クライストチャーチ?
  4.日本からNZへペットを持ち込む


◆─────────────────────────────────◆
  1.薬をNZに持ち込む
◆─────────────────────────────────◆

NZに長期滞在している私の知り合いのMさんが、日本で服用している処方箋をNZ
へ送ってもらったところ、Ministry of Health から税関で引っかかっていると連絡が
ありました。

彼女は万が一の場合を考え、日本のかかりつけの医師から症状や処方箋の成分
が英語で書かれたレターを持っていましたが、それは認められず。仕方なく、NZの
ドクターに診てもらい、その処方箋が彼女にとって必要なものであると証明された上
で、やっと手元に届く事ができました。

その1週間後には、別の友人がNZに入国した際に処方箋を大量に持込しましたが
何もチェックされず無事入国審査を終えることができたとのこと。

永住権と同様、この場合も担当するオフィサー次第なんですね。

NZはオーストラリアほど薬の持込に関しては厳しくはないですが、検疫に引っかか
った場合は面倒になります。


●困ったときにはイーストウインドメディケア↓
http://www.eastwind.co.nz/ew/medicare/med_top.html



ちょっと余談。

持ち込み関連でもうご存知かもしれませんが…

〜 2007年3月1日より 『 液体機内持ち込みにご用心 』 〜

本年2007年3月1日より、日本出発の国際線の機内持ち込み物に、液体物の制限が
かかることとなっています。夜に日本を出発し飛行時間も長いニュージーランド行き
の場合、飲み物の入ったペットボトルや機内で外すコンタクトレンズ用の保存液、化
粧品、歯磨き粉など何かと液体物の持込をしている方も多いと思います。

くれぐれもご注意ください。

主な制限:
1容器あたり100mlを越える、液体物、ジェル、エアゾール類など
※機内で必要なベビーフード、および処方薬は除外されます。
※ほかにも制限がありますので国土交通省、成田国際空港、各航空会社などの
サイトなどで、必ずご確認ください。


◆─────────────────────────────────◆
  2.信じられない日常茶飯事的な銀行員の間違い
◆─────────────────────────────────◆

某NZ有名銀行窓口で私の銀行口座へ入金した日の夜、ネットバンキングで口座
残高確認をしたら、残高が変わってなかった。 慌てながら、たまたまとってあった
入金手続き後に受け取った銀行のレシートを見てみると全く知らない人の口座番号が!!!!
あ、ありえない!!

その銀行で働いている私のフラットメイト(同居人)に何とかして!と頼んでも、
彼女 は" Sorry, I can`t help you. You should go to the teller where you made
deposit tomorrow."つまり、その受付た窓口に行かないと何ともできないという。

しかも彼女に言わせれば、金額や口座番号相違は日常茶飯事で、金額が違ってい
たら当日集計で合わないから発覚するけど、口座番号相違は入金した側、された側
が銀行へ連絡しない限りはそのままだと言う。

私は約6年間日本で銀行員だったが、こんな事は日本では許されるものではないし、
ありえないこと。そういえば、半年ほど前に1万ドルを入金したらレシート上は$100
0.00となっていて、びっくりして彼女に言ったら「そんなの0が一つ足りないだけじゃ
ない」と平然な顔をされた。 ええええ?????!!!!0が一つ足りない、それ
だけってありえーんそれでこっちは9000ドルも損する事になるんだぞ!とかなり私
はご立腹だったことを思い出した。

銀行員は絶対に間違えるわけはないなんて思ってはいけません。

最低限は銀行から送られて来るステートメントと呼ばれる口座明細書を見て不明な
出金(これもありえます)があるかどうかのチェック、そして、自分の口座へ入金した
ときのレシートの確認は絶対に行うことを強くお勧めします。

●口座開設から口座管理まで任せてくださいイーストウインドファイナンス↓
http://www.eastwind.co.nz/ew/finance/kaigaigaikayokin.html


◆─────────────────────────────────◆
  3. NZに住むなら、オークランド?クライストチャーチ?
◆─────────────────────────────────◆

クライストチャーチ在住のYさんがオークランドに来ると必ず行く所が日本食材店。

現在ではNZのスーパーマーケットやチャイマと呼ばれる中国食材店でも少しは日
本食が調達できるようになったけれども、やっぱりオークランドの方が種類も断然
豊富、値段も安いとあって、今回も彼女は約300ドル程費やし、スーツケースを食
材だらけにして大満足でチャーチへ帰って行きました。

オークランドは大きな日本食専門の会社が3つあって競争しているのです。

職探しもやっぱりオークランドが充実しているのは事実ですが、意外に(?)クイー
ンズタウンもあります。クイーンズタウンは観光地であり、沢山の日本人観光客が
訪れる為、ホテルやお土産屋さんでは日本人のスタッフ募集をしている所が多い
のです。また、クイーンズタウンの会社からジョブオファーをもらえれば、ボーナス
ポイントが得られ、永住権取得に有利となります。ただ、クイーンズタウンは非常
に物価が高く、坂道ばかりなので、車を持っていないと生きていけないからなかな
か住みずらいと思います。

ただ、本来のNZの良さを充分満喫したいのであれば、やはり南島です。
クライストチャーチを視察された当社のお客さんは100%皆、チャーチに住みたい!

と言っています。自然のダイナミックさは北島と南島はかなり違い、言葉に言い表せ
ません。

何処に住みたいかはそれぞれNZライフに何を求めるかによります。
実際視察して見て決めるのがいいでしょう。

最後に現在の(2007年4月)不動産価格(中間価格)はこちら↓

オークランド $452,000
クライストチャーチ(中心部) $375,000
クイーンズタウン $529,500

その他の地域は↓のサイトからどうぞ
http://www.reinz.co.nz/reportingapp/default.aspx?RFOPTION=Report&RFCODE=R100


イーストウインド現地下見ツアー↓
http://www.eastwind.co.nz/residence/eij_tour.html


◆─────────────────────────────────◆
  4.日本からNZへペットを持ち込む
◆─────────────────────────────────◆

大事な家族の1員であるペットをNZに持ち込みたい!
この準備には最低2ヶ月くらい前から始めれば、比較的余裕を持てるということ。

流れを大まかに説明すると・・・

1.ペットの出発日を決める
2.NZの検疫所へ予約する
3.MAF(日本でいう農林省)へ輸入許可証を申請する
   (出発日の最低6週間前まで)。
   申請時には検疫所からのコンファメーションレターを付けて提出する。
4.MAFから許可証が届いたら、日本で検査や投薬を始める
   (出発日の1ヶ月前から始める)
5.運送会社(必要なペットの場合)へ予約する
6.出発日に空港にて動物検疫を行う
7.NZに到着後検疫所へ直行される
8.NZで30日間拘留される

NZに到着後にかかる値段はペットの種類、大きさによって異なりますが
★7キロ以内の小型犬の場合:
拘留代(1日$32×30日)=$960.00
空港からの運賃=$100.00
GST $132.50
MAFの書類検査代=$64.85
NZ税関申告代=$67.50
空港書類代=$33.75

★1匹当たりにかかるMAFチャージ
MAF獣医訪問検査代($25×5回)=$125.00
マイクロチップ読取=$10.00
虫下し薬=$10.00
ノミ取り薬=$10.00
GST $132.50

合計$1,646.10
NZ側でもこれだけかかります。

もちろん申請等は全て英語ですが、不安な方には
イーストウインドがサポートさせて頂きます。

ご質問等は ijyu@eastwind.co.nz まで。

───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────
  ■発行周期      隔週月曜日配信
  ■配信元       イーストウィンド      http://www.eastwind.co.nz/
  ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz


  無料メールマガジンの登録・解除はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


  >>> このメールマガジンの内容の転載の際はご一報ください。<<<

            Copyright(C) 2007 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年