トップページ > 移住メルマガ > Vol. 32 NZ スキー&スノーボード シーズン真っ只中!
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 32 NZ スキー&スノーボード シーズン真っ只中!

VOL.32 2008年8月11日 ───────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「イーストウィンド 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■ 
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■ 
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■ 



無料メールマガジンの登録・解除はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


                発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スキーシーズン到来

クライストチャーチやクィーンズタウンでは、スキーへ向かう人たちを多く
見かけるようになってきました。そして、クィーンズタウンではスキーの激
しさを物語るように、足にギブスをした人たちが増えています。

ニュージーランドの北島は暖かいため、殆どスキーをすることができません
が、この時期、南島にはスキー目的の人がたくさん訪れます。といいますの
も、ニュージーランドは南半球ですので、日本やカナダでスキーができない
この時期に、ニュージーランドの雪を求めてやってくるスキーヤーが大勢い
るのです。

このように本気でスキーを愛する人にとっては、スキーは1年1シーズンで
はなく、1年に2シーズンあるのだといえます。

なんとも贅沢な話ですね。


(よ)


◆─────────────────────────────────◆

今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

1.News !  〜 NZ 外貨預金、不動産購入、移住説明会 〜
2. ニュージーランドのスポーツ(Vol.03) 〜 スキー&スノーボード 〜
3.ニュージーランドの教育事情(Vol.07) 〜 WORK EXPERIENCE 〜
4.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.26)
   〜 ケータイ社会 〜

◆─────────────────────────────────◆

  1.News !  〜 NZ 外貨預金、不動産購入、移住説明会 〜

◆─────────────────────────────────◆

いまだ景気回復の見られない日本に見切りをつけて海外に移住したい!
老後はのんびりニュージーランドで過ごしたい!

でも、

本当に住むことが出来るのか?
仕事はあるのか?
物価は?

など、多くの方が同じ不安を抱えています。

ニュージーランド現地スタッフが日本に出向き、永住権取得・不動産購入
・外貨預金・起業・長期滞在希望の方々を対象に、外貨預金、不動産購入、
移住説明会を行います。

説明会では、新移民法やビジネスの起こし方、家の購入、教育制度、政治、
経済についても触れさせて頂く予定です。


■ニュージーランド外貨預金、不動産購入、移住説明会(東京会場)

〜 9月開催 第33回 〜

  ・日時 : 2008年9月14日【日】 13:00 〜 15:00(※12名様限定)
  ・場所 : ウェスティンホテル東京
17階エグゼクティブラウンジルーム(ミーティングルーム)


〜 10月開催 第34回 〜

  ・日時 : 2008年10月5日【日】 10:00 〜 12:00(※20名様限定)
  ・場所 : 泉ガーデンコンファレンスセンター
        Room3(泉ガーデンタワー7階)


〜 11月開催 第35回 〜

  ・日時 : 2008年11月2日【日】 10:00 〜 12:00(※20名様限定)
  ・場所 : 泉ガーデンコンファレンスセンター
        Room3(泉ガーデンタワー7階)


〜 12月開催 第36回 〜

  ・日時 : 2008年12月7日【日】 10:00 〜 12:00(※20名様限定)
  ・場所 : 泉ガーデンコンファレンスセンター
        Room3(泉ガーデンタワー7階)


▼「 ニュージーランド外貨預金、不動産購入、移住説明会 」の
お申し込みはこちらから

http://www.eastwind.co.nz/ew/eij/eij_semi.html


※説明会当日にご参加できないお客様や首都圏以外の地方にお住まいの
お客様向には個別カウンセリングを開催しております。

個別カウンセリングをご希望のお客様はお気軽にお問い合わせ下さい。
  → Email: ijyu@eastwind.co.nz


◆─────────────────────────────────◆

  2. ニュージーランドのスポーツ(Vol.03) 〜 スキー&スノーボード 〜

◆─────────────────────────────────◆

最近空港でお客様をお待ちしていると、到着ゲートから大きな荷物を抱えた
人々が続々と現れます。夏場の日本から、雪を求めてやって来たスキーヤー、
スノーボーダー達です。こういうところで、季節が「冬」であることを再認
識します。今回は、シーズン真っ只中のスキー&スノーボードについてご紹
介します。


〜スキーシーズン〜

ニュージーランドでは、6月から10月までの期間スキーやスノーボードを楽
しむことができます。国内のみならず、夏場の北半球からも毎年多くのスキ
ーヤーやスノーボーダーが訪れます。


〜ニュージーランド スキーの魅力〜

ニュージーランドのスキー場は、日本のように設備が整っているわけではあ
りません。今では見かけないような昔ながらのT字リフトなどに驚くことが
あります。しかし、自然のスケールの大きさでは決して引けを取りません。

ニュージーランドのスキーの魅力は、自然と一体になることができるという
点です。360度、どこを見ても雄大かつ繊細な景色が広がるゲレンデが殆ど
で、日本に比べて山林が少ない分、視界が大きく開けています。ゲレンデか
ら眺める街や湖のパノラマに魅了され、多くのスキーヤーやスノーボーダー
がリピーターとなって戻ってくるのです。


〜スキー場〜

殆どのスキー場が南島に集中しています。主に、メスベン、ワナカ、クイー
ンズタウンがスキー場のベースタウンとなります。

<北島のスキー場>
北島には、北島最高峰のマウント・ルアペフにある『ファカパパ』と『トゥ
ロア』の二つのスキー場があります。週末は多くのスキーヤーで賑わってい
ます。

<南島のスキー場>
南島では、クライストチャーチ近郊の『マウントハット』、クイーンズタウ
ン近郊では『トレブルコーン』、『コロネットピーク』などが有名です。こ
の時期、クライストチャーチやクイーンズタウンにある語学学校では、英語
の授業とスキーやスノーボードを合わせたコースを開催しているところもあ
り、旅行者にとってはより充実した滞在ができます。


〜移動・滞在について〜

どこのスキー場も、基本的に街から離れています。
自家用車やレンタカーで行く場合は、チェーンの装備が必要です。クイーン
ズタウンやクライストチャーチからは定期的にシャトルバスが運行している
ので、最寄の街まで自分の運転で行き、そのあとバスへ乗り換える人が多い
ようです。

ベースタウンは観光客が集まるため宿泊施設が充実しています。しかし日本
ほど多くはありません。スキーやスノーボードを楽しむためにベースタウン
に移り住む人も多いのでフラットも不足しています。ピーク時には予約が取
れないこともありますので、予定が決まったらまず宿泊先の確保をすること
をお勧めします。


〜ニュージーランドならではのスキー〜

ゲレンデに物足りなさを感じるようになったときは、ヘリスキーや氷河スキ
ーをお勧めします。手付かずの大自然の中をダイナミックに滑り降りる、そ
んな贅沢が手軽にできるのです。

<ヘリスキー>中級以上のスキーヤーやスノーボーダーへお勧め
リフトの代わりにヘリコプターを使い、山の中腹まであがり、約1000メート
ルの距離を一気に滑り降ります。まだ誰も足を踏み入れていない真っ白な斜
面を豪快に滑り降りるその爽快さ。ツアーに参加すれば、ガイドがついて安
全管理を行っているので安心です。

<氷河スキー>
氷河に積もった雪の上を滑る氷河スキー。大自然が長い年月をかけて作りだ
した芸術作品(凍った滝や氷の洞窟など)を眺めながらスキーを楽しめます。
静寂に包まれながら氷河の上を滑るのは、日本では決してできない究極の体
験です。


〜ニュージ−ランドのリフト券〜

ニュージーランドのリフト券は結構高く、家族で一日スキーをしようと思っ
たら、何万円という金額が吹っ飛びます。例えば、マウントハットの一日リ
フト券は$87もします。そこで、1シーズンを楽しもうと思った場合はシーズ
ンパスの購入がお勧めです。

これは、早く買えば買うほど安くなり、例えば、マウントハット・コロネッ
トピーク・リマーカブルの共通券の場合、定価は$1,500、その年の3月3日ま
でに買うと$900です。このシーズンパスは、スキー場別に値段が違いますの
で、どこでスキーをしたいか、いつスキーをしたいかなどによって、種類を
選ぶことができます。


〜ゲレンデ情報〜

<Whakapapa>
アクセス:ファカパパ・ビレッジから車で約15分、タウポから車で約90分
ウェブサイト: http://www.mtruapehu.com/

<Turoa >
アクセス:オハクニから車で約15分、パーマストンノースから車で約150分
ウェブサイト: http://www.mtruapehu.com/

<Mt.Hutt>(南島)
アクセス:クライストチャーチから車で約120分、メスベンから車で約35分
ウェブサイト: http://www.nzski.com/mthutt
日本語: http://www.nzski.com/language/japanese/Mt_Hutt_Heart_of_Southern_Alps.jsp

<Coronet Peaknces>(南島)
アクセス:クイーンズタウンから車で約30分
ウェブサイト: http://www.nzski.com/coronet
日本語 http://www.nzski.com/language/japanese/Coronet_Peak_As_Wide.jsp

<Treblecone>(南島)
アクセス:ワナカから車で約30分、クイーンズタウンから車で約110分
ウェブサイト: http://www.treblecone.com/
日本語: http://www.treblecone.co.nz/jp



日本はもうすぐ「お盆」ですね。連休のご予定は既にお決まりでしょうか。
連日30度前後の酷暑の日本を脱出して、スノーパラダイスでリフレッシュす
るのもひとつの手かもしれません。


◆─────────────────────────────────◆

  3.ニュージーランドの教育事情(Vol.07) 〜 WORK EXPERIENCE 〜

◆─────────────────────────────────◆

ニュージーランドでは、高校教育の一環として、「現地の企業に仕事体験を
しにいく。」というワークエクスペリエンスを取り入れているところが多く
あります。弊社でも、高校の教育方針に協力することを目的に、希望する学
生の受け入れを行っています。

今回、4日間のワークエクスペリエンスで弊社に来た生徒さんに、ワークエ
クスペリエンスについて聞いてみました。

                  ●

私は、2008年8月4日から4日間、仕事体験でEASTWINDクライストチャーチ支
店に来ています。WORK EXPERIENCEとは、HIGHSCHOOLの生徒が、これから大
学や社会に進んでいく為のきっかけをつくるということが目的で行われてい
ます。日本の高校にはこのような仕事の体験はあまり行われていないのでと
ても興味深いと思います。ニュージーランドの学校でも全ての学校でこのよ
うなプログラムが行われているわけではないようです。

仕事先を決めるのは進路担当の先生ですが、生徒は希望を3つだすことがで
きます。その希望に合わせて、先生はその会社に連絡をとり、生徒を派遣し
てもいいかどうか聞いていきます。100人くらいの生徒全員をアレンジメン
トする先生は、本当に大変だと思います。

このWORK EXPERIENCEは、KIWIの生徒は全員参加ですが、留学生は体験をし
たいのかしたくないのかを選択することができます。そして4日間の仕事体
験中は、生徒は学校に行く必要はありません。しかし、中には2日間や3日間
など、受け入れ先の会社の都合上、4日間全部を働くことができない生徒も
います。

このプログラムは学校の成績に関係するわけではなく、ただ将来の為に仕事
を体験してみようということで行われているものです。なので学校の単位に
も関係はありません。高校を卒業して、これから大学や社会に出て行く生徒
にとって、進路を決めるためのとてもよいサポートになると思います。

私は京都の高校から1年間、クライストチャーチ郊外のELLESMERE COLLEGEに
留学しています。ELLESMERE COLLEGEでは、この仕事体験プログラムをHIGHS
CHOOL2年と3年の生徒を対象に、毎年1回行っています。私はもちろんこの貴
重な体験に参加することにしました。

私の希望としては、クライストチャーチ空港の受付スタッフ、ニュージーラ
ンド日本大使館のスタッフ、クライストチャーチの有名ホテルのスタッフを
提出しました。希望はどんなところでも出していいそうなので、自分のして
みたいことをいいました。

でも、私の希望の仕事は、一般人が働けるところではなかったそうで、受け
入れをしてもらうことができなかったのです。そこで、担当の先生が、日本
人だったら日本人スタッフがいるところの方が分りやすいし、いいだろうと
いうことでEASTWINDさんに、私の受け入れを打診してくれました。

そして、受け入れが決定し、4日間だけのスタッフとして働かせてもらうこ
とになったのです。私のKIWIのお友達は、学校で先生の授業をサポートする
仕事をしたり、お土産やさんの店員などをしていました。中には、病院やラ
ジオ局へ行った人もいると聞きました。

EASTWIND CHRISTCHURCH支店は、現在女性2人のスタッフで運営されていて、
私はそこで仕事のお手伝いをやらせてもらいました。私の留学している高校
は街中から車で一時間ほど離れたところにあり、交通手段もないので、街に
来るときはいつもホストファミリーに車で送ってもらうしかありません。で
も、今回4日間も仕事をさせていただけるということで、とてもうれしい体
験でした。

私がやらせてもらったお仕事は、朝のお掃除、買出し、受付、ファイリング
など事務的なものから、高校留学をしている生徒さんのために、飛行機のチ
ケットの変更などをしにニュージーランド航空のカウンターに行ったりもし
ました。本当のスタッフのようにお仕事をさせていただいて、とても嬉しか
ったです。スタッフも全部で3人だったので、とても居心地良く仕事をする
ことができました。

私は将来、このようにジャンルは違っても、海外で働きたいという夢があっ
たので、このWORK EXPERIENCEを使って外国のニュージーランドでお仕事が
できたということは、夢を体験できたということなので、本当に将来に役立
つ素晴らしい体験だったとおもいます。

ここで働いていて感じたことは、やっぱり海外で働くんだったら最低でも英
語は必須だということです。もちろんそれを知っているからこそ留学してい
るわけですが、一般に英語というだけでなく、自分の仕事の分野に合わせて
勉強もしていかなくてはいけないということに気付かされました。ましてや
海外で、完全に外国人経営の会社に入ったら、もちろん日本語なんてありま
せんし、全て英語でいろんな人たちと関わっていかなくてはいけないんだと
いうことをしみじみ思いました。

今は完全に日本人スタッフで、来るお客さんも日本人しかいないですし、過
ごしやすかったですが、状況が変れば、いろいろ英語でやり取りをする機会
も多く、落ち着いてもいられないなと、思いました。

今は高校留学なので、「外国とは」「英語とは」のような基礎をしっかり身
に付けられる機会として、残りの半年間もっとしっかりと英語に関して勉強
していかなくてはだめだと思いました。将来の夢に向かって、この時期にこ
のニュージーランドで仕事体験をさせていただくことができ、本当に嬉しく
思います。4日間ではありましたが、学んだものは大きく、使う道もたくさ
んあると思いました。

得たものは沢山広げ、利用して、あと半年の期間でもっと成長していこうと
思います。



ニュージーランド留学についての情報サイト
「ニュージーランド留学.com」
http://www.newzealandryugaku.com/




◆─────────────────────────────────◆

  5.連載コラム! 周さんのNZ生活(VOL.26)
    〜 ケータイ社会 〜

◆─────────────────────────────────◆

連日の猛暑である。日中は35度に近く、夜は25度を超す熱帯夜だ。街行く人
も静かにそうっと歩いている。7月末から東京に一時帰国している。前回の
コラムでオークランドの冬の寒さを嘆きながら東京の暑さをグチるのはいさ
さか気がひけるがオークランドが懐かしい。東京の暑さに比べたらオークラ
ンドの冬は人間並みだ。

今回は気候の話ではない。日本で使っていた携帯電話の調子が悪くなってド
コモの店を訪ねた。まだ3年しか使っていないのに「だいぶ前のタイプです
が有料で直しますか」ときた。修理代も高そうなので新型を買った。前のタ
イプでもカメラを始めいろんな機能がついて使い切れないのに今度のはもっ
と多彩な機能付きである。こんな電話帳みたいなマニュアルが読めるか。そ
んな暇があったら藤沢周平か山本周五郎の小説でも読んでいた方がマシだ。
それに比べてニュージーランドで使っている携帯電話はシンプルで使いやす
い。

日本のケータイ電話はもう「電話」ではない。通話機能にカメラとインター
ネットとナビゲーションとテレビとステレオとクレジットカードが付いた小
型パソコンと言っていい。近頃ではケータイのネットに小説を書く者も現れ
たようだ。こんなにたくさん機能が付いてしまうとうっかり失くせない。日
常生活に支障をきたす。

これほど便利な携帯電話が普及しているのは日本だけだろう。このほど世界
経済フォーラムが発表した国別地域別IT競争力ランキングによると日本は14
位から19位に落ちたという記事が日経新聞に載っていた。(1位はデンマー
ク、ニュージーランドは22位)世界に冠たるIT先進国なのに嘆かわしいと言
う調子だったが、これは日本の携帯電話がやたら便利になったせいだと筆者
はにらんでいる。これだけケータイが多機能になったらパソコンなど要らな
いではないか。日本はパソコン社会を跳び越してケータイ社会に突入してい
るのではなかろうか。

大学で授業を持っていたとき、学生に「時間がないので質問はメールでして
もいいよ」と言ったらほとんどの学生がケータイのメールでコンタクトして
きた。失礼じゃないかと思ったが聞いてみると「パソコンは高いので自分用
は持たず、必要なときは学内の共用のものを使う。それ以外はほとんどケー
タイで間に合います」合理的な回答に納得した。

考えてみるとコンピューター(マイクロソフトも近頃この表記に統一したよ
うである)も進歩に従って大型から小型にダウンサイジングしてきたわけだ
。もともと小型多機能化は日本人の得意技ではないか。車だってついにこの
7月、アメリカのビッグスリーの新車販売量を日本の自動車メーカー8社が追
い抜いた。小型化の勝利である。日本ではパソコンがさらに小型化してケー
タイになったと考えればいいのである。

それにしてもケータイの文字盤はなんとかならないものだろうか。決して大
きくない私の指だがケータイメールではしょっちゅうミスタッチする。

「親指コミュニケーション」は大柄なKIWIには無理かもしれない。


(周)


───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


ご意見・ご感想はこちら
→  media@eastwind.co.nz


  ■発行周期    隔週月曜日配信
  ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
  ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
  ■バックナンバー
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/ijyu_backnumber.htm

  ■無料メールマガジンの登録・解除はこちら
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2008 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年