トップページ > 移住メルマガ > Vol. 25 NZ 空き巣や車上荒らしは日常茶飯事!?
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 25 NZ 空き巣や車上荒らしは日常茶飯事!?

VOL.25 2008年5月5日 ───────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「イーストウィンド 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■ 
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■ 
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■ 



無料メールマガジンの登録・解除はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


                発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先日、オークランドのアルバニーショッピングセンターに、新しい映画館が
オープンしました。その映画館にはゴールドクラスシネマというのがあって
、ちょっと見学をさせてもらいました。

まず、映画が始まるまでの時間、高級そうなラウンジでお酒を飲むことが出
来ます。景色もきれいです。そして、映画が始まったら、その飲み物を持っ
て、そのまま座席へ進むことが出来ます。驚いたのは、映画館の座席が飛行
機のビジネスクラスのシートのようになっていて、とっても豪華。そして、
その座席にはそれぞれテーブルがついていて、食事や飲み物を食べながら映
画を鑑賞できるのです。映画の途中でオーダーしたいときは、ボタンを押す
と係員が来てくれます。

これだけのサービスを受けることが出来て、値段は$30。(※曜日によって
異なります)$30はこのゴールドクラスシネマでの映画鑑賞料金ですので、
飲み物や食事代はもちろん別ですが、$30でこれだけラグジュアリーに映画
が見れるなら惜しくないと思いました。

自宅でもないのに、食事をしながら映画を見るのは周りの人にとってどうか
な?と思いましたが、同じ目的でお金を払っているもの同士なら気にならな
いのかもしれませんね。

ニュージーランドも、こういうサービスでお金を取れる国になったのだと
感動すら覚えました。


(よ)


◆─────────────────────────────────◆

今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

1.News !  〜 第30回 NZ 外貨預金、不動産購入、移住説明会 〜
2. ニュージーランド生活情報(Vol.08) 〜 泥棒の被害 〜
3.ニュージーランド医療事情(Vol.05) 〜 海外旅行保険 〜
4.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.19)
   〜 DIY 〜

◆─────────────────────────────────◆

  1.News !  〜 第30回 NZ 外貨預金、不動産購入、移住説明会 〜

◆─────────────────────────────────◆


いまだ景気回復の見られない日本に見切りをつけて海外に移住したい!
老後はのんびりニュージーランドで過ごしたい!

でも、

本当に住むことが出来るのか?
仕事はあるのか?
物価は?

など、多くの方が同じ不安を抱えています。

ニュージーランド現地スタッフが日本に出向き、永住権取得・不動産購入
・外貨預金・起業・長期滞在希望の方々を対象に、今回で第30回目となる
外貨預金、不動産購入、移住説明会を行います。

説明会では、新移民法やビジネスの起こし方、家の購入、教育制度、政治、
経済についても触れさせて頂く予定です。


●ニュージーランド外貨預金、不動産購入、移住説明会(東京会場)
  ・日時 : 2008年5月25日【日】 10:00 〜 12:00
  ・場所 : ウェスティンホテル東京
(ビジネスセンター内 会議室(大)16名様限定)


▼第30回 ニュージーランド外貨預金、不動産購入、移住説明会の
お申し込みはこちらから

http://www.eastwind.co.nz/ew/eij/eij_semi30.html


※説明会当日にご参加できないお客様や首都圏以外の地方にお住まいの
お客様向には個別カウンセリングを開催しております。

個別カウンセリングをご希望のお客様はお気軽にお問い合わせ下さい。
  → Email: ijyu@eastwind.co.nz


◆─────────────────────────────────◆

  2. ニュージーランド生活情報(Vol.08) 〜 泥棒の被害 〜

◆─────────────────────────────────◆


ニュージーランドは治安が良いと一般的に言われていますが、空き巣や車上
荒らしは日常茶飯事です。殺人や誘拐などの大きな犯罪は少ないかもしれま
せんが、いわゆる軽犯罪は人口比率でみた場合、日本よりもずっと多いので
す。

私の知人も、空き巣の被害に会った人だらけです。ざっと思い巡らせただけ
で10人はいます。しかも私の知人は皆日本人ですから、ものすごい確立で空
き巣の被害に会った人がいるわけです。日本で泥棒の被害にあったという人
に会ったことがあまりありませんので、それだけでニュージーランドでの空
き巣の件数の多さを知ることが出来ます。

先日も、スタッフの一人が空き巣に入られました。実は、彼の家に空き巣が
入るのは3回目です。しかも、前回の空き巣は捕まって今刑務所にいますの
で、まったく別の空き巣が入ったわけです。1回目にパソコンを盗まれ、新
しいのを買ったあとは、パソコンは持ち歩くようにしていました。そんなと
きに2回目の空き巣に入られ、「あー、パソコンを持ち歩いてよかった」と
言っていたのです。そして気を抜いてパソコンを家に置いておいたところ、
3回目の空き巣に入られました。

そして、またもやパソコンを盗られてしまいました。新品です。買ったばか
りのフラットTVも盗られ、2回目に盗まれたけれど無事に戻ってきた鞄も、
再度捕られてしまったそうです。でも、鞄の中にいれていた大切な書類は、
ちゃんと出して置いていってくれたそうです。不幸中の幸いですね。

2回目に空き巣に入られたときに警報機をつけたのですが、それは鳴るだけ
で通報はされないタイプのものだったので、空き巣はそれを冷静に壁から取
り外し、一旦スーツケースに放り込んだ後、警報機の止め方マニュアルを引
き出しから発見し、きちんと止めていったそうです。

DVDプレーヤーも持っていかれましたが、中にはレンタルビデオ屋で借りた
DVDが入れっぱなしになっていたにも関わらず、きちんとそれは取り出して
、置いていってくれたそうです。案外親切な空き巣だったわけです。

2回目の空き巣には、クレジットカードも持っていかれ、止める前に使われ
ていたそうです。使った場所を明細で確認すると、近所の酒屋でお酒を購入
していました。そこで、その店の防犯カメラを見ると、ニュージーランド人
の女性が映っていました。それをもとに、犯人が捕まったわけですが、日本
語のサインがしてあるクレジットカードをニュージーランド人が使用できて
しまうあたりが、サインチェックがきちんとされていないのを感じます。こ
の彼のケースは、本当に散々だったというわけです。

車上荒らしは狙われるというよりも、片っ端からやられることが多いようで
す。実はわたしも今の家に引っ越してから一度車上荒らしに会いましたが、
朝起きたらガラスが割られていてびっくりしました。このあたり一帯に止め
ていた車はほとんどやられたそうで、警察に通報しましたが、見に来てもく
れませんでした。ニュージーランドは、このような軽犯罪に対する刑が軽い
ので、つかまってもまた繰り返す常習犯がほとんどだそうです。自分の身は
自分で守るしかありませんが、いつでも貴重品を持ち歩くこともできません。

まずは、ニュージーランドは殆どが平屋ですので、よっぽど高い塀がないか
ぎり、外から家の中が見えます。ですので、見える場所に高価そうなものを
置かないようにしたほうがいいと聞いたことがあります。また、TVやPCなど
、高価なものを買ったときに、その空き箱を家の前に捨てると、新しい電化
製品を買ったことが分かってしまうので、それも避けたほうがいいそうです
。ゴミ捨てにまで気を遣うことが防犯に繋がるのですね。

高価なものを盗まれるのもショックですが、お金で買えないような大切なも
のを盗まれたりするのは本当にショックです。また、見知らぬ人が自分の家
に入り込んで物色しているのを考えただけでも恐ろしく、気持ちが悪いもの
です。多少高額であっても、きちんとセキュリティ会社と契約し、保険にも
加入することを勧めいたします。


◆─────────────────────────────────◆

  3.ニュージーランド医療事情(Vol.05) 〜 海外旅行保険 〜

◆─────────────────────────────────◆


海外へ行くことは、楽しみな半面心配事もたくさんあります。うまく意思疎
通がはかれないのに、病気や怪我、貴重品の盗難や紛失といった不慮のアク
シデントに見舞われたらどうしよう・・・考え出したら不安は尽きません。
不安の要素を少しでも減らすために、多くの人が海外旅行保険に加入されま
す。

海外旅行保険は、海外旅行中の怪我や病気のみにとどまらず、物品の盗難、
賠償責任、救援費用など、あらゆるアクシデントを想定しカバーしてくれる
保険です。海外旅行損害保険・海外旅行者保険・海外旅行傷害保険・海外出
張保険・海外駐在員保険・海外留学生保険など、名称はいろいろありますが
、大体どれも基本的な補償内容は同じです。補償内容の内訳は下記の通りで
す。


− 怪我 −
交通事故を初め、様々な事故での怪我、またそれにより死亡したとき

− 病気 −
風邪や盲腸などの病気、またそれにより死亡したとき

− 救援者費用 −
入院や遭難等で家族が駆けつけたとき

− 賠償責任 −
他人を怪我させたりホテルの備品を壊したりしたとき

− 携行品の盗難、破損等 −
旅行鞄を盗まれた、カメラを落として壊した、
また火災で全ての物を焼失した等

− 入院一時金 −
ケガや病気で入院したとき


海外旅行保険には、既に補償の内容が決められているセットプランと、自分
で必要な補償を選ぶフリープランとがあります。死亡補償を外す代わりに飛
行機の遅延や預けた荷物の遅延に対する補償オプションを追加するなど、フ
リープランでは、予算や旅行プランにあわせて自由に組み立てることができ
ます。ニュージーランドでは歯の治療費が高額で悩まされますが、歯科治療
特約をオプションとして設けている保険会社もあります。

海外旅行保険は、海外で使用可能なクレジットカードに自動的に付帯されて
いる場合もあります。申込手続きは不要で保険料は発生せず、非常に便利な
ものと言えます。ただ、便利な半面、補償項目や補償額で必ずしも十分とい
えないのが実情です。海外に行ってクレジットカード付帯の保険で対応しよ
うと考えているのであれば、とくに治療費の補償額や賠償責任の補償額が十
分にカバーされているか事前にチェックし、足りない場合はオプションをつ
けることをおすすめします。


個人で加入する保険の一般的な補償金額としては、

−傷害・死亡1000万円
−治療・救援1000万円
−疾病1000万円
−賠償責任1億円
−携行品30万円

となります。上記の補償内容での保険の支払い金額は3ヶ月でだいたい3万円
前後、半年で5万円強、1年になると11万円くらいになります。但し、これは
あくまで目安です。期間が短いほど、補償の範囲が狭いほど、そして補償金
額が少ないほど、支払額は安くなります。また、家族で加入する場合は、フ
ァミリープランにすることで補償が共通になり支払額が安くなります。

海外旅行が盛んな昨今、保険会社がそれぞれ独自にアイディアを絞って様々
なプランを提供しています。選択肢がありすぎて、加入したい人は、逆に、
どこの保険にしたらいいのかわからず困ってしまいます。保険会社を選ぶ際
のポイントとしては、値段で選ぶのか、内容で選ぶのか、が大きな分かれ目
です。

日本の保険に加入すれば、24時間対応で日本語サポートデスクがあり、病院
で無料通訳をつけることもできますし、キャッシュレス(※お金を立替払い
をして後から請求しなくて良い)も利用できます。ニュージーランドの保険
会社では、値段は安いものの、それらのサポートは付いてきませんし、免責
額も大きく、いざ保険を利用することになった場合に困ることも多くありま
す。保険に加入したからには「使う」ことを前提に選ぶのであれば絶対に日
本の保険の方が安心です。保険にはとりあえず加入するけれど、使う気はな
いのであれば、安いニュージーランドの保険で十分でしょう。

渡航の際には、保険の書類一式は必ず持参しましょう。保険の証書番号や有
効期限をはじめ、何かあったときに相談する連絡先、また対応の仕方など、
必要事項がたくさん盛り込まれています。保険請求までの流れとしては、た
とえば風邪をひいた場合、まずサポートダイヤルに電話をし、症状を伝え指
示をあおぎます。病院に行って診察してもらい、医師の診断書をもらいます
。診療費と薬代はとりあえず自分で支払い、後日、保険証書をもらったとき
についてくる請求のフォームと診断書、診療費・薬代の領収書を保険会社に
送付します。一時的であっても高額の支払いをしなければならないのは、旅
行者にとってはかなりの負担です。そのため、病院が直接保険会社に請求し
てくれる「キャッシュレス病院」、また通訳会社やエージェントが立替え代
わりに保険会社へ請求してくれる「医療通訳サービス」を利用することをお
勧めします。

海外旅行保険は、家を出た瞬間から補償の対象となります。空港や現地でも
保険に加入することはできますが、いつ何が起こるかわかりません。あらか
じめ加入しておいたほうが安心です。自分にあった保険で、安心安全、楽し
い海外渡航をしましょう。


◆─────────────────────────────────◆

  4.連載コラム! 周さんのNZ生活(VOL.19)
    〜 DIY 〜

◆─────────────────────────────────◆


ニュージーランドはDIY(日曜大工)が盛んな国だ。オークランドに来た当
初、借りた家は家具付きでないので家具はすべて自分で調達しなければなら
ない。テーブル、本棚、机、物置・・・。すべて明日からでも必要なものだ
。家具屋さんをのぞくとこれが結構高い。

そこで仕方無しにDIYの店に行く。日本ではあまり訪れなかった種類の店だ
が大規模で実にさまざまなDIYの家具がある。これらがすべてダンボールの
箱に板、釘、ネジなどと一緒にキッチリ収められている。大きいので家まで
運んでくれるかと聞いたら有料だという。100ドルほどの合板の安物家具な
のに運び賃30ドルはばかばかしいので自分の車で運ぶ。車に積むのは手伝っ
てくれたが下すのは自分だ。これが結構きつい。お店の若い衆はいとも軽々
と運んでいたのだが・・・。

よほど日曜大工に慣れた人でない限り最初から複雑な家具に挑戦することは
やめたほうが良い。安価でシンプルな本棚あたりから練習を兼ねて作ってみ
る。箱の中に添えられたマニュアルどおりにやっているつもりだが組み立て
の順序が後先になったりするとあとで必ずやり直さなければならない。シン
プルなものも複雑なものも使っているネジ釘などはほとんど共通しているの
で、簡単な家具の組み立てで要領を覚えておき徐々に難しい家具に挑戦して
ゆく。

あまりにネジの数が多いので電動のドリルを買うまでは腕の筋肉がミシミシ
いうほど痛んだ。ねじ回し一本で家具を作ろうなどとは思わないほうが良い
。いくつかの家具を作ろうと思うなら最初から電動ドリルを買うことをお勧
めする。

かくしてこの一年で我が家には本箱5本、テーブル大小2脚、物置2、机1脚
がそろった。総額800ドル。安いし立派に機能している。代償は腰痛が慢性
的になってゴルフに少々差しさわりが出ている。


(周)


───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


ご意見・ご感想はこちら
→  media@eastwind.co.nz


  ■発行周期    隔週月曜日配信
  ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
  ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
  ■バックナンバー
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/ijyu_backnumber.htm

  ■無料メールマガジンの登録・解除はこちら
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2008 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年