トップページ > 移住メルマガ > Vol. 60 NZで車を買う際に
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 60 NZで車を買う際に

VOL.60 2009年9月28日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「イーストウィンド 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■ 
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■ 
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■




無料メールマガジンの登録・解除はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


                発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  皆さま、こんにちは!
  いつもご愛読くださいましてありがとうございます。

  ニュージーランドでは、
  昨日日曜日に時計を1時間進めて、
  サマータイム(Daylight Saving Time)となりました。
  日本との時差は4時間に変わっています。

  いよいよ夏到来!と思いきや、
  この週末は雨がつづき、冬のどんよりとした雰囲気でした。

  それでも、昨日オークランドに到着されたお客様からは、
  「もっと寒いと思っていました」という第一印象をいただいたので、
  まだまだ過ごしやすいほうかもしれません。

  晴天日がもっと増えますよう、願っています。


  それでは、今号の移住メルマガをお届けいたします。


  (き)




◆─────────────────────────────────◆

  今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

  1.News !

   「ホリスティックニュージーランド」ウェブショップが開店!


  2. ニュージーランドの車事情


  3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.54)

   「 親方日の丸 」



◆─────────────────────────────────◆

  1.News !

   「ホリスティックニュージーランド」ウェブショップが開店!

◆─────────────────────────────────◆

  ニュージーランドの原産ハーブを利用したハーブ製品「ホリスティックニ
  ュージーランド」ウェブショップが開店しました!

  イーストウィンドメルマガの読者の皆様、こんにちは。イーストウィンド
  関連会社、ジャパンビジネスコンサルティングのホリスティックニュージ
  ーランド部門よりお知らせです。

  かねてからご案内していましたニュージーランドオリジナルのマオリハー
  ブを配合した特別なハーブ製品が、ついに完成、ウェブショップでご購入
  いただけるようになりました!ぜひご覧下さい。

  ■ホリスティックニュージーランド ウェブサイト
   http://www.holisticnz.co.nz

  ニュージーランドの大自然で育まれたハーブの雫があなたの健康を100%自
  然の力で優しくサポートします。また、ただ今オープン記念として、新規
  会員登録をしてくださった方に500円のギフト券をお送りしています。

  皆様のご来店をこころよりお待ちしています! 

  ホリスティックニュージーランド店長


  ○ニュースリリース

  全国で「癒しフェア」を展開し、癒しの本「Trinity」を出版して
  いる会社エルアウラのWEBサイト「ヒーリングタイム」にホリスティッ
  ク製品のニュースがリリースされています。
  http://www.healingtime.jp/healing_news.php?id=201
  ◎読者プレゼントつきです!




◆─────────────────────────────────◆

  2. ニュージーランドの車事情

◆─────────────────────────────────◆


  移住をご検討中のお客様から車についてのご質問をいただきました。

■ニュージーランドで車を購入する場合、
   車の保険はどのようなタイプがありますか?
   また、費用はどれくらいかかりますか?

  ニュージーランドで来ている日本人の多くの方は、まず自分の足となる車
  を手に入れます。もちろん、車がなくてもバス等を利用することもできま
  すが、ニュージーランドは日本とは違い、どこにでもコンビニ、スーパー
  があるわけではないので、移動手段として車を持っておいたほうが、生活
  はより便利になります。私はニュージーランドで生活をはじめて1ヶ月ほ
  どで中古車を買いましたが、行動が断然楽になったことを覚えています。


  ニュージーランドでは、大きく分けて二つの保険タイプがあります。

  【サードパーティー(Third Party Cover)】
  自分の車の損害はカバーされませんが、第三者の車の修理費や、事故によ
  り第三者の財産(民家の壁など)を破損した場合に適用される保険です。
  盗難と火災による自分の車の損害賠償を追加することができます。保険料
  が比較的安いため、価値が低い車を所有している方向けです。

  保険の料金に関しては、保険会社と車の車種、保険のタイプによって異な
  りますが、一年間で300〜600ドルくらいが平均的です。

  【フルカバー(Full Cover)】
  第三者の車、および自分の車の修理代が補償される保険です。盗難、火災
  に対する損害もカバーされます。保険料は車両価格、保管場所、ニュージ
  ーランドで取得した免許の有無、過去のクレームの有無などによって算出
  されるため個人差が大きくなります。
  保険料は、サードパーティーに比べると高くなり、年間900〜2000ドル以
  上する場合もあります。新車など、価値が高い車の所有者向きの保険とい
  えます。

  ■ニュージーランドの車検はありますか?

  車検はこちらではWOF(Warrant of fitness)と呼ばれています。
  製造から6年経っていない車は1年に1回、6年以上経過している車は6
  ヶ月に1回のWOFが義務付けられています。費用は、車検時の車の状態に
  もよりますが、問題がない場合は50ドルくらいで済みます。

  ■中古車はいくら位で買えますか?

  予算によります。ほんとうに安い車で2000ドルくらいでも手に入れること
  ができます。しかし、年数が経っている車はよく調べておかないと、購入
  した後に修理費用が重なり、修理費が購入費よりも高くついてしまう、と
  いうことになりかねません。
  中古車は、Trade meやNZ daisukiのサイト、オークション、中古車屋で購
  入可能です。


  車があったほうが、行動範囲が拡がり、生活がより便利になるだけに、自
  分にあった車を手に入れたいですね。

  以上ニュージーランドの車事情についてでした。


  ▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

ホームページ  http://www.eastwind.co.nz
お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz

  7F The Data Centre, 220 Queen St. City, Auckland New Zealand
  Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

  3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.54)

   「 親方日の丸 」

◆─────────────────────────────────◆

  政治ネタが続くのは本意ではないけれど、鳩山さん格好良かったですね。
  ニューヨークの国連本部での国連気候変動サミットで長い演説を英語でや
  りました。やっぱり、スタンフォードの大学院は違いますね。オバマ大統
  領のようにメモ無しというわけには行きませんでしたけれど、それでも麻
  生さんのときの(役人の作った)2020年までに90年比8%減という温室ガ
  ス削減目標を一気に25%にまで引き上げたのですから拍手です。

  もちろん、財界からは「そんなことできるわけない」という声。今は松下
  幸之助さんのような経営者はいませんからね。それとお役人たちは相当ア
  タマにきているでしょう。何しろこれまで長い間「政治家は俺たちが操る
  もの」と思っていたのが次官会議をやめさせられて、政治家に案件を届け
  る前に役人同士で省庁間のバランスをとることができなくなってしまった
  のですから。

  ニュージーランドの国民が自国のお役人に対してどう思っているかわから
  ないが、日本の役人はついこの間までやたらエリート風を吹かしていたも
  のです。役所というのは一般企業と違って企業間競争というものがないか
  らどうしてもサービス精神がなくなるのですね。
  日本に限らずニュージーランドも他の国もお役人は共通しているのでしょ
  うか。

  私がサラリーマンだったころ、私の部局に毎年ある県庁と自衛隊から若手
  が研修に来ていました。30代で1年間の研修に出されるくらいだから将来
  は幹部になるエリートたちです。
  あるとき県庁派遣の研修生が感心して言いました。「すごいですね。この
  会社はよその部の仕事を別の部の社員が平気で手伝っている」。

  いやそれって民間なら当たり前なんだよ。で、君の役所ではどうなの。「
  いや、どんなに親しい間でもよその部課の仕事を手伝ったりしたら上司か
  らしかられます」。どんなに忙しくても?「どんなに忙しくてもです。そ
  れは自分たちの部課の仕事と関係ないですから」。

  他の県の研修生はどうなのだろうと次の年の研修生に聞いてみたら全く同
  じ答えだった。やはり役所は「立て割り」と「縄張り」の世界なのだ。研
  修生はみな若くて頭のよい好青年である。だから若いときは役所のやり方
  に疑問を持っても、年をとればそれが気にならなくなり、幹部になれば「
  信条」になるのでしょう。

  かくして役所では部局ごとに「忙しいとき」が標準となり、次の年には新
  しい課が増えたり職員が増えていく。親方日の丸です。何しろリストラが
  ありませんから。

  さて、鳩山民主党は官僚主導政治の打破をうたっています。これからは政
  治家が官僚を使うのだと。たしかにこれまでの自民党政権では政治家が官
  僚に使われているのがミエミエでした。ただ、そうは言っても、頭のいい
  官僚が長い間情報と権限を独占していたものをひっくり返そうというので
  すから、大臣はじめ政治家のほうも、これまでより何倍も勉強しなければ
  ならないでしょう。

  鳩山さんと同じく、国連サミットに出席していたフランスのサルコジ大統
  領が自国のテレビのインタビューを受けて「フランスでは役人の数が増え
  続けている。一人やめれば二人雇っている。これを止めなければ国の赤字
  はいつまでも続く」。と言っていました。やっぱりどこの国もおなじなの
  ですね。

  鳩山民主党のマニフェストには「予算の無駄遣いを無くす」とあります。
  ダム建設を中止したりアニメの殿堂の建設をやめさせたりと福祉や医療の
  財源を探していますが、最大の財源は役人の数ではないでしょうか。

  (周)



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

  今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
  次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

  これからもどうぞよろしくお願いいたします。


  ご意見・ご感想はこちら
  media@eastwind.co.nz

  ■発行周期    隔週月曜日配信
  ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
  ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
  ■バックナンバー
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/ijyu_backnumber.htm

  ■無料メールマガジンの登録・解除はこちら
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2009 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年