トップページ > 移住メルマガ > Vol. 181 NZ政権の住宅価格対策
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 181 NZ政権の住宅価格対策

VOL.181 2014年9月1日 ───────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「EASTWIND 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■


 無料メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

               発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆さま、こんにちは。

 最近バスに乗っていると、道路脇に桜が咲いているのをよく見かけるよう
 になりました。

 天気も冬場と違って晴れ間も多くなり、徐々に春が近付いているといった
 感じです。

 こちらでも桜の木が植えられている公園は多いので、毎年この時期は桜が
 満開でとてもきれいに咲いてくれます。

 日本であれば、これから花見のシーズンで盛り上がるとは思いますが、
 ニュージーランドの方はさほど桜に興味がある感じでもなく、お花見する
 よりもバーベキューをするほうが好きみたいですね。

 それでは本日のメルマガをお届けいたします。
 (た)



◆─────────────────────────────────◆

 今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

 1. NZ政権の住宅価格対策

 2. 移住会員様の互助組織【Citadel(シタデル)】 活動報告 vol.06

 3. ファイナンス
   〜 NZ財務省、引き続き堅調なNZ経済成長を予想 〜

 4. ご案内:いま注目される、海外相続の必要性について

 5. 移住会員さま/NZコラム

   Happy arrowさんのニュージーランドコラム
   「お誕生日会」



◆─────────────────────────────────◆

 1. NZ政権の住宅価格対策

◆─────────────────────────────────◆

 NZでは今月20日に国民投票が迫っており、連日ニュースなどでは2大政党の
 国民党と労働党の激しい戦いが報道されています。

 最新の世論調査では与党の国民党が50.8%と、最大野党の労働党26.1%を
 大きく引き離しており、単独で過半数を獲得できるかが焦点となっていま
 す。

 それぞれの党は政権公約を掲げていますが、たとえば住宅に関する公約で
 は下記のような内容が挙げられます。

 現在KiwiSaver(キーウィセーバー)という積立年金システムから最初の家
 を購入する際には頭金として3年目以降に引き出すことができますが、この
 とき年間1,000ドルのボーナスが住宅助成金として国から支給されます。

 国民党はこの金額を最大5年間で5,000ドルから倍の10,000ドルへ引き上げ
 ることを約束しています。

 また労働党は、最初の家を購入する家族のために、10年間で10万棟の30万
 ドル前後の買い求めやすい住宅の建設計画や、家庭用住宅以外のキャピタル
 ゲインタックスの導入などを検討しています。
 ※NZ全体では157万棟の住宅物件(2013年の国勢調査参照)

 近年の住宅高騰はNZの大きな問題となっていますが、それに伴う固定資産
 税の上昇も特にオークランド近郊に住む家主にとっては頭を抱える問題な
 のではないでしょうか。

 役所によるCV - Capital Value(住宅資本価格)が2014年11月に改定され
 るにあたり、現在査定を進めている役所専属の価格査定官によると、オー
 クランドのCVは3年前の改定から平均33%も上がっているようです。

 この評価により、2015年7月からの固定資産税の支払い額が変わってきます
 ので、来年度からはオークランド全域で支払額が上昇となりそうです。

 ここ最近のオークランドから車で30分圏内のノースショアで行われたオーク
 ションでも、CV53万ドルの物件が96万ドルで売却されたり、CV63万ドルの
 物件が99万ドルで売却されたりと、場所によってはCVより数十万ドル以上
 で売却される物件が目立つようになってきています。3年前のCVは、もはや
 あまり当てにはならないかもしれません。

 相変わらずの高騰を見せるオークランドの住宅価格ですが、選挙後にどう
 なっていくのか、気になるところですね。



 ▼ EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

 2. 移住会員様の互助組織【Citadel(シタデル)】 活動報告 vol.06

◆─────────────────────────────────◆

 今回は、ハルルの家お披露目パーティーの様子をお伝えいたしますね。

 ハルルの家とは、オークランド北部の田園地帯にある緑に囲まれた素敵な
 お家です。以前のコラムで紹介しました、あの田舎の家です(詳しくは
 メルマガVol.175を参照下さい)。昨年会員様が物件を購入され、私一家が
 賃借人として、現在住んでおります。今回は、シタデル会員の皆様に、
 このハルルの家をお披露目するため、パーティーイベントを企画いたしま
 したので、その様子をご報告いたします。

 7月19日土曜日、オークランドは冬の真っ只中。朝は晴れ間が覗いておりま
 したが、集合時間の正午になると、天気は曇り空となりました。ちなみに
 今回の参加者は、主催側を含めてなんと35人にも上りました。いかに広い
 家とはいえ、さすがにこれだけの人数が家の中に集まると、人で溢れ返り
 ますね。シタデルの会員様は小さなお子様をお持ちのご家族が多く、今回
 は大人と子供の人数が丁度半々ほどになりました。

 お食事とお飲み物はいつものように参加者全員の持ち寄り形式。皆様お得
 意の手料理を持ってきて下さいました。シタデルのイベントではこのよう
 な持ち寄りパーティーを何度も行っているのですが、不思議と料理が重な
 ることがありません。料理を集めると、丁度良くバランスが取れるのです。
 また、ワインのお好きな会員様からは、たくさんの美味しいワインを差し
 入れていただきました。

 全員がそろったところで、いよいよパーティーの始まりです。お料理はい
 うまでもなく、どれも最高に美味しいものばかり。中にはお料理の名前や
 使った材料などをメモに記し、おなべに貼っていただいた方もいらっしゃ
 いました。このアイデアはとても分かりやすいし、アレルギーをお持ちの
 お子様にはうれしい心遣いですね。

 美味しいお料理とワインを満喫され、気心の知れた仲間同士、皆様話が尽
 きないご様子でした。晴れていたら、お子様向けに敷地内の丘登り
 (といっても山登りに匹敵するほど険しいルートですが)を予定していた
 のですが、生憎途中から雨が降り出してしまったため、DVDの上映会に変更、
 日本のアニメを存分に楽しんでいました。

 正午に始まったパーティーですが、気がつくと何と午後7時になっていまし
 た。皆様時間が経つのを忘れるほど楽しい時間を過ごしていただけたよう
 です。主催者としては、嬉しい限りでした。

 冬のオークランドは雨が多く、お出かけするのも億劫になりがちですが、
 シタデルではこのような楽しいパーティーや屋内でのイベントを今後も開
 催して行く予定です。イベントの様子は今後もメルマガでご報告していき
 ますので、どうぞご期待下さい!



 ■ Citadel(シタデル)のニュージーランドコラムバックナンバー:

 【移住会員様の互助組織「Citadel(シタデル)」活動報告 vol. 05】
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=169

 【移住会員様の互助組織「Citadel(シタデル)」活動報告 vol. 04】
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=164

 【移住会員様の互助組織「Citadel(シタデル)」活動報告 vol. 03】
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=161



 ▼ JAPAN BUSINESS CONSULTING CO.,LTD ─────

 お問い合わせ citadel@jbcnz.co.nz
 Facebook   https://www.facebook.com/groups/367586466675324/
        ※ご覧頂くためにはFacebookアカウント登録が必要です。

 7F The Data Centre, 220 Queen St. City, Auckland New Zealand
 Tel : 64-(0)9-377-9606 Fax : 64-(0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

 3. ファイナンス
   〜 NZ財務省、引き続き堅調なNZ経済成長を予想 〜

◆─────────────────────────────────◆

 NZ統計局が8月6日発表した第2・四半期の失業率は5.6%となり、前四半期
 改定値の5.9%から低下しました。就業者数は0.4%増。建設業界や公益分
 野で増加幅が最も大きく、市場予想の5.8%を下回り、2009年第1・四半期
 以来約5年ぶりの低水準となりました。同時に発表された賃金統計によると、
 民間部門の賃金は第2・四半期に0.6%上昇。市場予想は0.4%上昇でした。

 NZでは今月20日に総選挙を控えており、この失業率低下の発表は与党にとっ
 て明るい材料となり、キー首相は経済が多様化し、成長を続けていること
 を示していると強調しました。

 NZ財務省は8月19日、「選挙前経済・財政見通し」を公表。NZでは、総選挙
 の約1か月前に経済・財政状況を開示することが財政法で義務付けられてい
 ます。今回の見通しでは、2014年5月に公表された予算案からの経済・財政
 状況の変化を確認することができます。

 財務省では、2014年度は引き続き堅調な経済成長を予想しており、経済の
 けん引役として、1.クライストチャーチおよびオークランドでの住宅建設
 の活況。2.安定した移民流入を背景とした人口増加。3.なお高水準を維持
 する交易条件。を挙げました。

 一方、今後の経済成長の抑制要因としては、1.金利上昇(準備銀行による
 利上げ)。2.高水準を維持するNZドル相場。3.財政健全化のための歳出抑
 制。が指摘されました。

 NZ政府の財政見通しに関しては、5月の予算案の見通しから財政黒字予想が
 小幅下方修正されたものの、財政健全化路線には基本的な変化は見られま
 せんでした。

 NZ政府の財政収支は、2014年度にはGDP比0.1%の黒字化が計画されてい
 ます。2017年度には財政黒字は同1.1%まで緩やかに拡大する見通しとなっ
 ています。

 堅調な経済成長の続くNZでの資金運用は、高金利・預金の保全など有利な
 点が多くあります。ご資金を安心・安全・有利に現地で運用しましょう。

 弊社の「グループ定期預金」は、現在、長期金利優遇キャンペーンを実施
 中。最高金利9.00%にて、あなたの資産運用をサポートしています。
 是非、この機会に資産運用分散のひとつにお役立てください。
 http://www.eastwind.co.nz/finance/gdeposit.php

 更なる高配当を望まれるお客様には、新商品「ワーテルローファンド」
 最高配当率12.00%もお勧めです。
 http://www.eastwind.co.nz/finance/pdf/WaterlooFund.pdf (PDF)

 弊社では、安全・確実・便利に日本からニュージーランドへ送金いただけ
 る「円送金サービス」を提供しております。ご資金を送られる際には、是
 非ご利用ください。送金のタイミングをお見逃しなく!
 http://www.eastwind.co.nz/finance/jpmoney/



 ▼EASTWINDCO.,LTDファイナンス─────

 ホームページ http://www.eastwind.co.nz/finance/
 お問い合わせ finance@eastwind.co.nz



◆─────────────────────────────────◆

 4. ご案内:いま注目される、海外相続の必要性について

◆─────────────────────────────────◆

 2008年にいわゆるリーマンショックで端を発した世界的金融危機と続く経
 済停滞。そんな中で起こった東日本大震災の日本経済への計りがたいダメー
 ジは、今後の日本の経済復興がどれほど険しい道なのかを日本国民にいみ
 じくも知らしめることになりました。

 これからの日本政府は「震災復興」という言葉だけを利用して、あらゆる
 角度から国民に負担を課していくことは目に見えて明らかです。

 それに先立って2010年、すでに2011年度の税制改革法案の中で政府は「所
 得税増税」「相続税増税」「消費税増税」等の非常に大きな税制改正を通
 す予定であることを発表していました。

 震災後の対策に右往左往する中国会審議が延期されているものもあります
 が、近い将来必ず国民の負担がさらに増大する方向に政治が舵取りされて
 いくのは間違いありません。

 その中でもとくに相続税の基礎控除が引き下げられました。
 「5000万+相続人毎1000万」だったものが、「3000万+相続人毎600万」に
 引き下げられています。さらに死亡保険の非課税枠を縮小して相当な増税
 を予定しています。

 相続税はスイス・スウェーデン・イタリア・カナダ・シンガポール・タイ・
 マレーシア・オーストラリア・ニュージーランドなど廃止している国も多
 く、これから廃止に向けて動いている国も増える中で、「死者に鞭打つ」
 時代遅れの税金でありながら、日本では裕福な層から効率的に税金を徴収
 できるシステムとしてますます強化しようとしているのです。

 子供たちのために必死で働き蓄えた資産、すでに所得の段階で納税してい
 る資産への再課税が一層厳しくなり、原発の健康不安は増大し、そしてな
 により国(政府)に対する信頼が喪失している今の日本。日本人として、
 1人の親として、未来を担う世代へいかに資産を残せるのかー今こそ、世
 界を視野に入れた相続対策に踏み出す時です。

 海外相続、相続対策について詳しく資料を元にご案内させていただきます。
 下記メールアドレスまでお問合せください。



 ▼ EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

 5. 移住会員さま/NZコラム

   Happy arrowさんのニュージーランドコラム
   「お誕生日会」

◆─────────────────────────────────◆

 私がニュージーランドに来て感じたことは、正直娯楽が少ない、というこ
 とでした。幸いなことに、私は日本にいる時からそれほど娯楽には興味は
 なかったので、特別不満はありませんでしたが、そのためか、ニュージー
 ランドではホームパーティーやお誕生日会が頻繁に行われているようです。

 日本では、子供のお誕生日会は家族だけで行い、しかも小学生の時位しか
 やらなかったように思いますが、ニュージーランドでは、子供から大人ま
 で(もちろん全くやらないご家庭もありますが)、盛大なパーティーが行
 われたりします。特に5歳のお誕生日会は盛大で、私の友人はご自宅に100
 名のゲストを招いて行ったそうです。100名もの人が入るお宅、ということ
 だけでも驚いてしまいますが、お料理を準備するだけでも大変なことのよ
 うに思います。

 私達は、移住して初年度はお誕生日会に招かれるばかりで、自分たちでや
 るなんてとても無理…と思っていましたが、子供たちから『なぜお誕生日
 会をやってくれないの?』とせがまれ、周囲に聞けば12歳位になるとお友
 達同士で勝手にお祝いするのでやってあげられるのも数年よと言われ、今
 年初めてお誕生日会を行いました。

 自宅で行うには、言葉の問題や準備など諸々無理があるので、今年は
 (慣れるまで?)場所を借りて行うことにしました。お友達に聞いたり調
 べたりして、まずは場所選びからスタートしました。さすがニュージー
 ランド。お誕生日会ができる場所はたくさんありましたが、年齢相応の場
 所がある程度決まっているので、何カ所か見学をして、今回は2人とも映画
 館で行うことにしました。

 次に、呼ぶお友達リスト作成ですが、実はこれが一番大変でした。子供は
 親の都合(予算など)は全く考えず、プレゼントをたくさんもらいたい!
 とばかりに、あの子もこの子も…と制限なく言ってきます。リストアップ
 しても、全員が来られるかわからないからと、初めての時は3名位多めに招
 待状を配布しましたが、その時は全員参加でした。しかし、その次のお誕
 生日会では少なめに招待したら、出欠席の返事もないまま当日を迎え、
 結局2名来ませんでした。文化も習慣も違うので判断に困りましたが、どう
 やら返事がないのは来られないということだったようです。慣れるまで本
 当に難しいです。とはいえ、今年のお誕生日会は無事に終了しました。

 今回は映画館で行いましたが、映画館のスタッフが大変親切に対応してく
 れました。驚いたのが、準備していったおやつが足りないと思い映画館の
 スナックを注文しようとしたところ、『近くのスーパーで買った方が安く
 ていいよ。』と言われたことです。なんて商売っ気がないのかしら?と思
 いましたが、素晴らしい心配りだと感じました。



■ Happy arrowさんのニュージーランドコラム バックナンバー:

 「ニュージーランドの魅力」
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=177

 「ニュージーランドの小学校 ボランティア事情について(後半)」
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=173

 「ニュージーランドの小学校 ボランティア事情について(前半)」
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=172



 ------------------------------------------------------------------

 <編集部より>
 私も3人の子供を持つ親ですが、毎年お誕生日会をどうするか、本当に悩み
 ます。Happy Arrowさんのお悩み、良く分かります。 

 ニュージーランドではいろいろな施設でお誕生日パーティー用のプログラ
 ムが充実しているので、自宅で開くよりかお手軽かもしれませんね。
 
 毎回苦労して準備をするのですが、子供達の笑顔を見ると、そんな苦労も
 すっかり忘れてしまうんですよね。


 次回の移住メルマガは、9月15日配信となります。

 どうぞお楽しみに!



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

 ■ 発行周期    隔週月曜日配信
 ■ 配信元     イーストウィンド
 ■ お問い合わせ  media@eastwind.co.nz
 ■ バックナンバーの閲覧、無料登録・解除はこちらからどうぞ
   http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

 ※このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。

 Copyright(C) 2014 East Wind Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年