イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 78 選挙

VOL.78 2010年7月5日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「イーストウィンド 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■ 
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■ 
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■



無料メールマガジンの登録・解除はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


                発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  皆さま、こんにちは。
  いつもご愛読くださいまして、ありがとうございます。

  オークランドの今年の冬は雨が少ないと感じていたのですが、
  この一週間はよく降っています。南島では雪も多く降っているようです。
  冬真っ只中のニュージーランドです。

  朝7時ころに明るくなり、夕方5時ころに暗くなるオークランドですが、
  冬至(日本は夏至)を過ぎて2週間経ち、これから日が長くなっていきます。
  今から夏が待ち遠しいです。


  それでは今回のメルマガをお届けします。


  (き)



◆─────────────────────────────────◆

  今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

  1.選挙

  2.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.72)

   「 大相撲名古屋場所 」

  3. ホリスティックニュージーランドよりお知らせ



◆─────────────────────────────────◆

  1. 選挙 

◆─────────────────────────────────◆

  日本では、7月11日が、参議院議員選挙の投票日ですね。
  ニュージーランド在住日本人も、在外選挙人名簿に登録している方は、在
  外投票を行うことができます。 

  外国人の選挙権が話題になっていますが、ここニュージーランドは、永住
  権保持者は、市民権を持たなくても、外国人でも、地方・国政レベルでの
  選挙権が認められています。いつ永住権を取得したかではなく、ニュージー
  ランドに1年以上、当該選挙区に1か月以上、継続的に生活していれば可能
  です。

  実は、世界初、女性に参政権が認められたのは、ヨーロッパでも、アメリ
  カでもなく、ここ、ニュージーランド(1893年)なのです。アメリカが
  1920年、イギリスが1926年。ちなみに、日本は、第二次世界大戦敗戦後の
  1945年の新選挙法からでした。ニュージーランドという国が、いかに選挙
  制度において先進国であるかを表していますね。

  永住権保持者で、選挙権の資格がある方は、有権者登録をする必要があり
  ます。ニュージーランドでは、日本の住民票や戸籍にあたる住所による登
  録制度がないので、自らの登録が必要であり、法律で定められた義務となっ
  ています。登録を怠ると、$200の罰金が課せられます。ただ、周囲にも、
  永住権保持者で、何年も選挙登録をしていなくても、罰金を払わされた、
  という話は、身近では聞いたことがありません。登録しても、投票する、
  しないの選択は、投票者にありますので、投票しなくても罰金はありませ
  ん。  
   
  登録の仕方はいたって簡単です。登録用紙に、名前・住所・生年月日など
  を記入し、投函または、オンラインでも可能です。郵便局でも登録できま
  すパスポートのコピーなどは、不要。投票日当日には、有権者登録はでき
  ませんのでご注意ください。 

  →詳しくはこちらのサイトをご参照ください。
   http://www.elections.org.nz/enrolment/

  ちなみに私は、15年間登録しないままで、5年前に慌てて有権者登録をし
  ました。その当時、まことしなやかに、未登録の罰金は、1,000ドルとい
  う噂が流れていたので。その後しばらくして、裁判所から、陪審員の召集
  通知が届きました。半年のうちに2回も。この有権者登録をすると、陪審
  員の登録にもつながります。

  オークランド住民は、今年10月に、オークランドの地方市議会と7つの地
  方公共団体を統合するスーパーシティー計画の一環で、市議会の市長選挙
  が、あります。有権者登録がまだの方は、お早めの登録をお勧めいたしま
  す。


  ▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

ホームページ  http://www.eastwind.co.nz
お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz

  7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
  Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

  2.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.72)

   「 大相撲名古屋場所 」

◆─────────────────────────────────◆

  大相撲名古屋場所が開催されるそうだ。はっきり言ってずいぶん甘い処置
  だし、問題の解決になっていない。日本相撲協会が依頼した特別調査委員
  会の裁定だそうだが賭博に関与した力士十数人を出場停止にして場所は開
  催するという。では一方の暴力団との関係はどうなのか。伊藤滋座長(都
  市計画家、日本相撲協会理事)からは何のコメントも出ていない。それは
  警察の仕事で相撲好きの有名人の集まりである調査委員会の仕事ではない
  というのだろうか。だったら司直の手で大相撲と暴力団の関係が明らかに
  され解決するまで場所は中止するのが常識というものだろう。

  大相撲とそのスジの関係は今始まったことではない。本場所のほかに地方
  巡業という相撲のPRと営業を兼ねた行事に昔から闇の世界との関係がある
  ことは多くの人が知っている。

  このところの日本相撲協会のスキャンダルはすべて暴力団か闇社会がらみ
  だ。若い力士のリンチ事件に始まって、大麻所持、朝青龍の暴行事件、以
  前はたまり席(土俵だまりから)といっていたタニマチの席がなぜか維持
  員席と名前を変え、その特別席を暴力団に流す協会の役員。そして今回の
  野球賭博。その根っこにメスを入れずに名古屋場所を開催させる委員会は
  所詮タニマチの甘い裁定だ。NHKもこれで一件落着と名古屋場所の中継を
  するなら同罪だ。

  コラムニストの天野祐吉さんが言っている。「お相撲さんというのは子供
  みたいなもので自分が悪いことをしているなんて自覚は無いんじゃないで
  すか。」つまり自覚の無い子供を処分しても、その子供に悪いことをさせ
  る闇の世界を追求しないでどうするのか。このままでは事件の裏に存在す
  る闇社会は首を引っ込めてほとぼりの醒めるのを待つだろう。首を切られ
  るのは若いうちに相撲界という特殊社会に入り、世間知らずの子供みたい
  なお相撲さんで不法な賭博から甘い汁を吸う怖い人たちは生き残る。

  野球賭博に限らず、花札、マージャン、サイコロと人間は限りなくギャン
  ブルが好きな動物だ。ところが日本では公認のギャンブル(競馬、競輪、
  競艇、オートレースなど)はすべて国が取り仕切り、それぞれのギャンブ
  ルごとに役所が権益を独占している。そのテラ銭は税金として取り上げる
  がその使い道の不透明さは「事業仕分け」の対象だ。パチンコの景品買い
  もグレーゾーンだが取り締まりの団体は警察官僚の退職後の職場だから公
  認ギャンブルのようなものだろう。

  公認以外のギャンブルから闇の世界を一掃する唯一の手段は野球賭博を含
  むすべてのギャンブルを公認することだ。アメリカの禁酒法時代にマフィ
  アは密造酒を重要な財源としたが禁酒法がなくなると誰でも堂々と酒を買
  えるのでマフィアは撤退せざるを得なかった。日本もこれを真似ればいい
  のである。

  オークランドにはTABという公認の賭博場があり、カジノとともに未成年
  を除く誰でも自由に出入りして好きなギャンブルを楽しめる。TABはラグ
  ビーをはじめテニス、サッカー、バスケット。ニュージーランドにはない
  メジャーリーグベースボールの勝ち負けまでが賭けの対象になる。もちろ
  ん掛け金から税金は取られるが闇社会の資金源になるわけではない。公認
  になればその筋の入り込む余地はない。

  なぜ日本はカジノやTABは認可されないのか。それはすでに権益を持つ役
  所が反対するからだ。ギャンブルの場が増えれば競馬、競輪などの公認の
  賭博のアガリが分散して少なくなる。これが役人の老後を脅かすと思うの
  だろう。「国民の射幸心をあおる場をこれ以上増やしてはならない」とい
  う名目で自分たちの権益を守ろうとするのである。これは言ってみれば少
  数の役人(と政治家)が闇社会の資金源を温存していることにならないか。

  (周)



◆─────────────────────────────────◆

  3. ホリスティックニュージーランドよりお知らせ

◆─────────────────────────────────◆

  ニュージーランドの固有薬草のハーブ製品を扱うホリスティックニュージー
  ランドでは、お中元やお祝い、お礼など様々なシチュエーションに利用で
  きる便利な「ギフトセット」の取扱いを開始しました。

  【セット内容】
   自然の恵みで潤う美肌へ 「ナチュラル美肌セット」
   大自然に癒されるヒーリング体験 「ナチュラル癒しセット」
   ハーブのパワーでエネルギーUP! 「ハーブ元気セット」
   すべての女性の健康のために 「レディースサポートセット」
   ハーブの力で体質改善を目指す 「アレルギー対策セット」

  以上、五種類です。

  送料無料、かわいらしい素朴なギフトボックスに入れてお届けします。ニュー
  ジーランドに生息するアワビの一種、パウア貝の虹色に輝くかけらをギフ
  トボックスにそっと配置しました。海の恵み、そしてハーブの山の恵み。
  ニュージーランドの大自然をたっぷり感じていただける特別なセットです。

  ぜひウェブサイトをチェックしてみてくださいね!

  →ギフトセット詳細
   http://www.holisticnz.co.nz/index.php?main_page=index&cPath=1_12

  →ホリスティックニュージーランド
   http://www.holisticnz.co.nz/



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

  今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
  次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

  これからもどうぞよろしくお願いいたします。


  ご意見・ご感想はこちら
  media@eastwind.co.nz

  ■発行周期    隔週月曜日配信
  ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
  ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
  ■バックナンバー
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/ijyu_backnumber.htm

  ■無料メールマガジンの登録・解除はこちら
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2010 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年