トップページ > 移住メルマガ > Vol. 108 NZの教育
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 108 NZの教育

VOL.108 2011年9月26日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「EASTWIND 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■


 無料メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

               発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 皆さま、こんにちは。
 移住メルマガのご愛読、いつもありがとうございます。

 ニュージーランドは、
 昨日、9月最終日曜日未明2時からサマータイムとなっています。
 時計の針を1時間進めますので、
 日本との時差は、3時間から4時間に変わっています。
 ※来年4月までサマータイムが実施されています。

 晴天日が多い夏が早くやってきてほしい!
 と願っています。

 それでは今回のメルマガをお届けします。


 (き)



◆─────────────────────────────────◆

 今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

 1.ニュージーランドの教育ってどんな感じ?

 2.ファイナンス「 NZ政策金利据え置き、引上げには時間を要す可能性 」

 3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.102)

  「 王者に2軍 」

 4.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ



◆─────────────────────────────────◆

  1.ニュージーランドの教育ってどんな感じ?

◆─────────────────────────────────◆

 最近、様々な日本の問題から、移住のお問い合わせが増えてきています。
 特に、お子様がいらっしゃるご家庭は、将来のために早いうちにより環境
 のいい場所で子供を育てたい、また教育を受けさせたい、というご希望を
 お持ちの方が多いです。

 すでにメルマガでも特集を組んでいますので、日本とニュージーランドの
 教育制度の違いはご存知の方も多いかと思います。
 詳しくはバックナンバーをご覧くださいね。
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=59

 制度と同じように、教育に対する考え方にも、かなり違いがあります。
 ニュージーランドでは、「自分で考え行動することができる人物」の育成
 するために、個性を尊重した教育体制を小さいころからとっています。例
 えば、低学年のうちは、与えられるのはテーマだけ、解答の方法を自分で
 見つけ出す、といったスタイルをとっています。日本の場合、将来の大学
 受験に向けて小学校低学年や場合によっては幼稚園から読み書き、計算な
 ど、カリキュラムに対し、決められた方式に基づき、均一の回答を求める、
 といったスタイルが多いですよね。

 もちろん、ニュージーランドでも大学進学のためには高校生の間にNCEA(
 全国共通学力試験)にて、一定の単位を修めることが必要になるので、基
 礎学力に対してもしっかりとしたカリキュラムに沿って教育がなされてい
 ます。そのため基礎学力の面でも日本に遜色なく、かつ個性を持ち、将来
 的に世界に羽ばたくことのできる人材を育成していくという目的を持った
 教育スタイルをとっているのです。

 永住権や市民権を持たないお子様がニュージーランドで現地校にいくため
 には、学生ビザを取得して、現地に滞在する必要がありますが、13歳以下
 の学生にはガーディアン(保護者)が必要になります。基本的には親御さ
 んのうちのどちらか、もしくは法的後継人が同行し、現地で一緒に滞在を
 する必要があります。

 ガーディアンが特定のビザを持っていない場合は、ガーディアンビザの取
 得が可能です。(フルタイムでの就学が必要な学生ビザ保持者はガーディ
 アンになることはできません。)ガーディアンビザでの滞在中、お子様の
 ホリデー期間以外は、パートタイムでの就学や就労が可能になります。

 また、親御さんが就労ビザ(諸条件あり)やビジネスビザ、永住権を持っ
 ている場合は現地学生と同じ扱いで学費は無料(寄付金、諸経費のみかか
 ります)となりますが、それ以外の場合は、留学生料金となるため、公立
 学校で年間おおよそ12,000ドル〜の学費が必要となります。

 お子様の留学や親子留学は様々な情報を収集した上でのしっかりとしたプ
 ランニング、手続きが必要になってきます。

 弊社では、ご希望に応じた様々な情報提供、手続き等と通して、お子様の
 留学や親子留学の実現のお手伝いをさせていただいております!ご興味の
 ある方は、ぜひ、こちらまでお問い合わせください!!


 ▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

  2.「 NZ政策金利据え置き、引上げには時間を要す可能性 」
     〜ファイナンス〜

◆─────────────────────────────────◆

 一部で引上げの声も囁かれていたNZ政策金利は、9月15日、NZ準備銀行
 (RBNZ)が、2.50%に据え置くことを決定しました。

 その際RBNZボラード総裁は、「NZ国内経済は軌道に戻りつつあるものの、
 世界的に市場が脆弱なことによるリスクがあるのを理由に、現在はまだ政
 策金利を2.50%に据え置くことが賢明であり、世界的な金融面でのリスク
 が後退すればインフレ抑制にむけて利上げする」と述べました。

 その後21日に行われた会合で同総裁は、「2月のクライストチャーチ大地震
 後の復興需要でインフレ率は上昇したが、RBNZが監視するレンジ内に依然
 としてとどまっている」と発言。

 従って、利上げは必要であるが、時間を要する可能性があるとの見解を示
 しました。

 ユーロ圏や米国への懸念を示すも、コモディティ(商品)相場にトレンド
 並みの伸びを見込んでおり、このことが景気を支援するとし、NZ国内経済
 の見通しには引き続き楽観的な見方を示しました。

 一方、米連邦準備制度理事会(FRB)は、金利引下げの追加金融緩和政策
 を決定するも、22日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、景気見通しに
 深刻な下振れリスクがあると指摘したことから、米国が景気後退局面に陥
 るのではないかとの懸念が強まり、株式市場は急落、安全資産とされる日
 本円を買い戻すというリスク回避の動きがまた一気に加速しました。

 これにより、NZドル対日本円においても、9月19日より6.51%下落の59.30
 円台を推移する為替相場となっております。(9月23日現在)

 世界的な経済不安は続いておりますが、先月に比べても更なる円高相場と
 なりました。

 是非この機会をお見逃しなく!!

 弊社の「グループ定期預金」は、現在、最高金利6.00%にて、あなたの資
 産運用をサポートしています。
 また、弊社では、ご資金を送られる際には、安全・確実・便利に日本から
 NZへ送金いただける「海外送金サービス」を提供しておりますので、是非ご
 利用ください。


 ▼ EAST WIND CO.,LTD ファイナンス ─────
ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/finance/
お問い合わせ  finance@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St. City, Auckland New Zealand
 Tel : 64-(0)9-373-5958 Fax : 64-(0)9-379-8448



◆─────────────────────────────────◆

  3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.102)

  「 王者に2軍 」

◆─────────────────────────────────◆

 八「どうにも納得がいかねえんですよ、ご隠居。仮にもですよ。仮にも相
   手は世界一のオールブラックスだ。そのオールブラックスを相手に格
   下のジャパンが2軍を出すってのはねえでしょう」

 隠「それはだな、八つぁん。日本はこの組でもしかすると勝てるかも知れ
   ないトンガやカナダになんとしても勝ちたい。だからこそ2軍とは言
   わないが主力選手を温存して負けるに決まっているABsに当てたんだ
   よ」

 八「だからそれが納得いかねえって言ってるんじゃあねえですか。それが
   証拠にABsだって親分のヘンリーさんが試合直前になってキャプテン
   のリッチー・マコウや世界一のスタンドオフ、ダニエル・カーターを
   引込めちまいましたぜ。ヘンリー親分は格下のジャパン相手に主力選
   手で戦ってやるつもりで用意していたのに『ジャパン、そう来るか』っ
   てんで気を悪くして人気選手を出さなかった」

 隠「そうはいってもジャパンの親分は元ABsの旗頭カーワンさんだよ。だ
   からこれはもともとニュージーランドの親分同士の考え方の違いだ。
   雇われボスのカーワンさんとしてはなんとしても1勝はあげて指揮官
   としての力量を示さないとならない」

 八「いや、そいつはラグビー精神に反するってもんじゃねえですかい。負
   けるのはわかっていても主力を出して、ABsの前に潔く散るのがラガー
   マンの本分でしょう。開催国への礼儀でしょう。第一高い金を払って
   日本から寒い中応援に来た日本のファンのために申し訳ない。あっし
   のダチ公も4人ばかしハミルトンまで飛んできたんですぜ」。

 隠「確かに、リッチーのスクラムサイドの頭脳的な動きやカーターの司令
   塔ぶりや華麗なキックをジャパン相手に見せてもらいたかったねえ。
   2019年に日本で開催されるワールドカップ・ラグビーのためにも」

 八「そのWカップですがね。あっしはちょいと日本は請け負うにまだ荷が
   重いと思うんですよ。確かに日本はアジアでは強いですが本場のヨー
   ロッパや南ア、オーストラリア、ニュージーランドに比べたらまるで
   歯が立たない。その上今度は勝ちに行ったトンガにも負けちまった。
   そんな国がワールドカップを請け負っていいんですかい」

 隠「心配なのは今回の予選敗退で日本のラグビー人気がさらに悪くなって、
   ワールドカップで外国勢同士の試合にどれだけ観客が集まるかだな。
   一度も決勝リーグに残ったことの無い国が開催国というのは無理があ
   るかも」

 八「ワールドカップまであと八年。ニュージーランドあたりから選手を輸
   入するならいっそのことモンゴルの若い者を相撲部屋でがっちり修行
   させながらラグビーを教え、FWにずらっと並べたらどうでしょう。少
   なくともFWは五分に闘えますよ。今だって大相撲には白鳳はじめ27人
   もモンゴル勢がいるんだから」

 隠「おいおい八つぁん。それじゃオールジャパンじゃなくてオールモンゴ
   ルだ」


 (周)



◆─────────────────────────────────◆

  4.ホリスティックニュージーランドからのお知らせ

◆─────────────────────────────────◆

 ニュージーランド原産のマオリハーブ(薬草)製品を
 取り扱っているホリスティックニュージーランドは、
 お客様に支えられ2周年を迎えることができました!!

 現在、2周年記念キャンペーンを行っています。
 詳しくはホームページ内のメルマガをご覧ください☆☆

 ホリスティックニュージーランド
 http://www.holisticnz.co.nz/



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

 今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
 次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。


 ご意見・ご感想はこちら
 media@eastwind.co.nz

 ■発行周期    隔週月曜日配信
 ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
 ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
 ■バックナンバーの閲覧、無料登録・解除はこちらからどうぞ
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2011 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年