トップページ > 移住メルマガ > Vol. 59 NZの教育制度
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 59 NZの教育制度

VOL.59 2009年9月14日 ────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「イーストウィンド 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■ 
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■ 
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■




無料メールマガジンの登録・解除はこちらから↓
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


                発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


皆さま、こんにちは!
いつもご愛読くださいましてありがとうございます。


(今年の冬は雨が少ない)と感じるオークランド。

青空がつづく毎日に、夏が待ち遠しいと思っていましたが、
気づけばサマータイムまで、あと2週間です。

ニュージーランドのサマータイム(Daylight Saving Time)は、
9月27日(日)午前2時にはじまります。
時計の針を1時間進めるので、
日本との時差は4時間に変わり(通常は3時間)、
一日の中で明るい時間帯が長くなります。

晴天日も今より増えるので、
青空のもと、公園や海岸沿いなどでのんびりと過ごす人が増えそうですね。

楽しみです!


さて、それでは、今号の移住メルマガをお届けいたします。


(き)




◆─────────────────────────────────◆

今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

1.News !

   夏休みだけの限定 「 ニュージーランド移住体験下見ツアー 」


2. ニュージーランドの教育制度


3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.53)

   「 土下座 」


4.ご案内

   オークランド発着2泊3日
   「究極の癒しの旅プラン」ができました!



◆─────────────────────────────────◆

  1.News !

   夏休みだけの限定  「 ニュージーランド移住体験下見ツアー 」

◆─────────────────────────────────◆

イーストウィンドは、ニュージーランドの移住を本格的にお考えの方、いつ
かは移住をしたいとお考えになっている方のために、単なる観光旅行ではな
く、ニュージーランドで生活する・・・という視点で、「ニュージーランド
移住体験下見ツアー」をご提案します。

ニュージーランド移住経験者である、弊社日本人スタッフが同行し、通常の
ツアーでは見学することのできない不動産(住居用・投資用)やお子様の学
校、病院、スーパーマーケット等をご案内いたします。

また、その他ご要望に応じて、銀行の口座開設なども同行通訳致します。

ご宿泊先は、「暮らす」・・・という視点で、弊社がセレクトするキッチン
付きアパートメントホテル。台所用品や調味料など生活するための基本必需
品は整っておりますので、到着日から、ご自宅でくつろぐ感覚で生活して頂
けます。

もちろん、自由行動日は、様々なオプショナルツアーで、オークランドの自
然やエンターテイメントを満喫するもよし、レンタカーを借りて周辺地域を
のんびりドライブするもよし! 都会を少し離れると日本では見られない珍
しい自然がいっぱいです!


夏休みだけの限定企画です! この夏、ご家族、ご夫婦で、将来のニュージ
ーランドの生活を、ほんの少しのぞいてみませんか?


本ツアーに関する詳細は、移住体験下見ツアー専用ページをご覧下さい。
また、お申し込み・お問い合わせは下記イーストウィンド・移住部門か
同専用ページからお願いいたします。

http://www.eastwind.co.nz/immigrant/ijyutour.php


皆様からのお申し込み・お問い合わせをお待ちしております!



  ▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

ホームページ  http://www.eastwind.co.nz
お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz

  7F The Data Centre, 220 Queen St. City, Auckland New Zealand
  Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

  2. ニュージーランドの教育制度

◆─────────────────────────────────◆


【初等教育】 

5歳から10歳まで(4学期制)

【中等教育】 

10歳から18歳まで(4学期制)※義務教育は、16歳まで

【高等教育】 

18歳以上。高等教育機関へ進学する確立は、高校卒業者の3割程度。 

・大学(2学期制) 
全国に8校 全て国立大学。
3年過程で日本の学士号と同等。イギリスやオーストラリアと同じ

・専門学校(ポリテクニック)(2学期制)
実務資格取得(職業課程)を目的とした実践的な技術を見につける高等教育
機関であり、アカデミックな大学との明確な境はなく、学士号から博士号ま
で取得可能。ポリテクニックで取得した単位を大学編入時に単位として認め
てもらうことも可能。

・Teacher”s Colleges 
教員養成機関。大学の一機関(教育学部)として合併する教育大学が多い。
修学期間は1年から2年(専攻課程により異なる)。大学卒業後に教育大学へ
進学するケースと、高等学校卒業後に教育大学へ進学するケースあり。 

【年齢に応じた学年の呼び方】

年齢   学年
5〜6歳 Year 1
6〜7歳 Year 2
7〜8歳 Year 3
8〜9歳 Year 4
9〜10歳 Year 5
10〜11歳 Year 6
11〜12歳 Year 7
12〜13歳 Year 8
13〜14歳 Year 9
14〜15歳 Year 10
15〜16歳 Year 11 ※義務教育終了
16〜17歳 Year 12
17〜18歳 Year 13


【ニュージーランドの教育事情】

公立の学校(小学校から高校)では、学区(スクールゾーン)内に居住して
いることが条件となりますので、物件の賃貸・購入の際は、ご注意ください。
日本のような、(あの大学へ入学するために、あの学校へ行く)という傾向
は強くはありませんが、高級住宅街であれば、その地区の学校は、教師陣の
質も高く、設備も整っていますので、ある程度の目安となるでしょう。

毎年11月、それぞれの高校で全国共通学力試験(National Certificate of
Educational Achievement = NCEA)が行われます。Year 11でレベル1、
Year 12でレベル2、Year 13でレベル3を受験し、それぞれの単位を取得す
ることが必要です。この成績は生涯の学歴となるものであり、Year 13で取得
するレベル3は、大学への出願時に提出し、審査の対象となります。

経済協力開発機構 (OECD)が、3年ごとに、57カ国、400,000人の15歳の学生
を対象に調査を行った2006年の結果で、ニュージーランドの総合読解力は5
位(日本は15位)、数学は11位(日本は10位)、科学では7位(日本は6位)
と、ニュージーランドの教育レベルは、高い水準であることを証明していま
す。   

これからの国際化に向けて、英語力、柔軟な発想、教育を見につけることが
できれば、ニュージーランドだけに留まらず、世界へ羽ばたくチャンスが拡
がることでしょう。近年、日本の教育制度に疑問を持ち、お子様の教育のた
めに、ニュージーランドへの移住をお考えの方が増えています。弊社では、
学校の見学や学校周辺の不動産物件の下見ツアーなどを手配しております。
お気軽にご相談くださいませ。


▼EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

ホームページ  http://www.eastwind.co.nz
お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz

  7F The Data Centre, 220 Queen St. City, Auckland New Zealand
  Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602




◆─────────────────────────────────◆

  3.連載コラム! 周さんのNZ生活(Vol.53)

   「 土下座 」

◆─────────────────────────────────◆


ど・げざ「土下座」・・・

相手に恭順の意を表すため、地上に跪(ひざまず)いて礼をすること。「道
端に―する」「―してあやまる」
(広辞苑から)

喧騒の政権交代選挙が終わった。近頃では世界のメディアから相手にされな
くなった日本の政界も今度ばかりは世界中のテレビが報道してくれた。なん
と中東のイスラム系ニュース「アルジャジーラ」まで放送していたという。

日本滞在中にテレビの選挙報道で見たくないものをまた見せられてしまった。
自民党候補者の「得意芸」、聴衆の前でやる土下座である。それを自民党の
若手女性議員が二人も・・・。見たのはテレビで報道された分だけだから他
にも沢山の候補者がやっていたのだろうと思う。彼らいったい何を謝ってい
たのだろう。アルジャジーラなどこの人たちイスラムに改宗したかと思うか
もしれない。

民主党や他党の議員ももしかしたらやっていたのかもしれないがニュースバ
リューからすれば女性、しかも40代の若手現職がやるから取り上げられた。
そのうちの一人は落選、もう一人は小選挙区で落選して比例代表で救われた。
あまり効果なかったんですね。

自民党の衰退の原因は若手女性議員まで効果があると思っているこの土下座
選挙にあるんじゃなかろうか。「ナニ、選挙民なんて選挙のときだけへりく
だれば票をくれるよ」という態度がミエミエなのだ。それが聴衆に分からな
いと思っている無神経。土下座された聴衆の照れたような薄笑いを見れば信
じていないことが分かるでしょう。

その証拠に選挙が終わって残り少ない大臣の任期中に新しい省庁で職員を前
に訓示するときの打って変った尊大な態度。この変身ぶりがすごいね。そし
てその短い訓示まで原稿を読み上げなければならないオソマツ。たぶんその
原稿は目の前で訓辞を聞いている役人が書いたものだろう。日本以外のどこ
の国にこんな短いスピーチを読み上げる政治家がいるだろう。

土下座したり原稿を見なければスピーチできない政治家。これって、ついこ
の間罷免された財務金融大臣の「モーロー会見」と同じくらい恥ずかしい。

(周)



◆─────────────────────────────────◆

  4.ご案内

   オークランド発着2泊3日、「究極の癒しの旅プラン」ができました!」

◆─────────────────────────────────◆

イーストウィンド関連会社、ジャパンビジネスコンサルティングのホリスティ
ックニュージーランド部門よりお知らせです。

ホリスティックニュージーランドでは、ニュージーランド原産の植物からと
れるエキスを配合した、特別なハーブ製品を日本の皆様向けに製造中です。
100%自然の力で、アレルギーや冷え性、ストレスなどの体の不調に優しく
働きかける製品をラインナップして、9月中旬にウェブショップでご紹介し
ます。どうぞお楽しみにお待ちください!

このハーブ製品の開発は、ベイオブプレンティという地方のテプケという町
でハーブセラピークリニックを長年やっている経験豊かなセラピストの協力
で行われています。

ホリスティックニュージーランドでは、このセラピストを訪問し、彼女のク
リニックで丸一日デトックス(老廃物排出セラピー)を受けることができる癒
しの旅を販売しています。オークランド毎週火曜日発着、最大4名様までの
思い切り贅沢でプライベートなプランです。温泉地ロトルアに連泊し、デト
ックスセラピーを受けた後は専門家から「あなたのためだけに配合された、
世界で1つ」のハーブ製品がプレゼントされます!普段の旅行では経験でき
ない、自然の国ニュージーランドならではの本当の贅沢なひとときをお過ご
しになりませんか? 

◎詳細はこちら
http://www.holisticnz.co.nz/img/pdf/tour.pdf

この旅行については随時受付可能ですので、
ご興味のある方は、「癒しの旅の件」とお書き添え上、
info@jbcnz.co.nz までメールをお送り下さい。




───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

今回もご愛読いただきまして、ありがとうございました。
次回のニュージーランド情報もお楽しみに!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


ご意見・ご感想はこちら
→  media@eastwind.co.nz


  ■発行周期    隔週月曜日配信
  ■配信元     イーストウィンド  http://www.eastwind.co.nz/
  ■お問い合わせ   media@eastwind.co.nz
  ■バックナンバー
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/ijyu_backnumber.htm

  ■無料メールマガジンの登録・解除はこちら
http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php


>> このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。<<

Copyright(C) 2009 East Wind, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年