トップページ > 移住メルマガ > Vol. 209 ニュージーランドの不動産投資状況
イーストウィンド 移住メルマガ 隔週月曜日配信 現地ニュース、イベント情報など、ニュージーランドで役立つ情報満載のメールマガジンです。

<前の号  | 次の号>

Vol. 209 ニュージーランドの不動産投資状況

VOL.209 2015年10月27日 ───────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「EASTWIND 移住メルマガ」

   ■■■■      あなたにもできる!       ■   ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■      ニュージーランド移住情報     ■ ■ ■
   ■                         ■ ■ ■
   ■■■■     http://www.eastwind.co.nz/     ■■■■■


 無料メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ
 http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

               発行:イーストウィンド <隔週月曜配信>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆さま、こんにちは。

 先日オークランド北部にあるパラカイ温泉に行ってきました。

 ニュージーランドで温泉といえばロトルアが有名ですが、オークランド近
 郊でもいくつか温泉があります。もちろん温泉といっても日本のような温
 泉旅館などがあるわけではなく、温泉を使ったプールに水着着用で入ると
 いった感じです。

 日本人的にはちょっと温泉施設としては物足りなく感じてしまう方もいる
 かもしれませんが、それでもやはり近場に温泉あるというのは嬉しい事で
 すね。

 それでは本日のメルマガをお届けいたします。

 (た)



◆─────────────────────────────────◆

 今日のメルマガラインナップ

◆─────────────────────────────────◆

 1. ニュージーランドの不動産投資状況

 2. 税務コラム ニホンの税金、セカイの税金
  「第19回:ノーベル賞と税金」

 3. ファイナンス
   〜 NZ政策金利、高まる追加利下げ予想 〜

 4. ご案内:いま注目される、海外相続の必要性について

 5. ご案内:Holistic NZ <海外配送無料キャンペーン締め切り迫る>

 6. 移住会員さま/NZコラム

   キジねこのニュージーランドコラム オークランドの外食事情(18)
   〜 危険なインド料理?? 〜


◆─────────────────────────────────◆

 1. ニュージーランドの不動産投資状況

◆─────────────────────────────────◆

 まずはお知らせです!

 11月1日〜4日、東京にてNZ移住に関する個人面談を開催いたします。今の
 ところ、今回が年内最後の面談となる予定ですので、ご都合が合う方は是
 非この機会をお見逃しなく。
(11月1日は既に満員となっております。ご了承ください。)

 また併せて、11月1日の午後1時〜3時には「ニュージーランド移住説明会」
 を、こちらも東京・恵比寿にて開催致します。 

 「個人面談」では、各お客様のご希望やプランをお伺いした上で、具体的
 にお一人お一人のケースに対して移住の可能性、シナリオなどをお伝えさ
 せて頂きます。

 対して1日(日)の「移住説明会」は、ニュージーランドの移住、ビザ、生
 活などNZ移住に関して必要となる知識、最新情報を2時間でご理解頂けるよ
 う、複数の参加者の方に向けてダイジェストにお伝えする内容となってお
 ります。

 どちらも非常に濃い内容で、きっとご満足いただける内容になると思いま
 すので、「今後の可能性が知りたい」「最新のビザの状況が知りたい」
 「投資家ビザの状況が知りたい」など、少しでもNZに対する関心や疑問、
 気になる点などがおありの方は、是非どうぞご参加下さいませ。
 (お申込みはこちらから→ http://www.eastwind.co.nz/ )

 さて、前置きが長くなってしまいましが、今回はニュージーランドにおけ
 る投資について、少し具体的なお話しをひとつ。

 毎年「世界の中で最も住みやすい国」として最上位層にランクインするニュー
 ジーランドには、その社会保障の手厚さ、教育レベルの高さ、治安の良さ
 ゆえ、世界中から多くの移住者が集まってきます。 このため国内人口、
 特に都市部オークランドにおいては「毎週1000人ずつ増えている」とも言
 われるほどの人口増加を続けており、住宅不足が深刻化しています。

 この結果、オークランドの不動産価格は過去10年の間に2倍近くも上昇して
 おり、事態緩和にむけて郊外の大規模な住宅開発、ならびに高速道路など
 のインフラの整備が急ピッチで進められています。 

 現在この国で「安定的に高利が期待できる」と各国の投資家から注目を浴
 びているのが、これら不動産開発に対する投資です。アメリカなどでは
 「ランドバンキング」と呼ばれる投資開発の手法がありますが、ニュージー
 ランドにもこれに良く似た商品が存在します。一般的なアメリカのランド
 バンキングと違うのは、アメリカではもともと「広大な未開発の土地を購
 入、開発して、販売する」という長い時間がかかるスキームなのに対して、
 NZのものは、切迫した住宅不足に対応するための短期間での開発に投資さ
 れるケースが多いため、投資期間も比較的短い、という点です。

 具体的な例としては、「4年の投資期間で毎年10%の利回りを保証」という
 ランドバンキングの商品が最近紹介されていました。

 これら不動産投資に関しても、最新の情報をご紹介することができますの
 で、ご関心おありの方は、どうぞイーストウィンドまでお問い合わせください。



 ▼ EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

 2. 税務コラム ニホンの税金、セカイの税金
  「第19回:ノーベル賞と税金」

◆─────────────────────────────────◆

 こんにちは!国際税務コンサルタントのJATコンサルティング代表 内山直
 己です。この場をお借りして税金に関するお話しをさせていただいていま
 す。

 2015年は昨年に引き続き日本人のノーベル賞受賞者が二人も選出されるニュー
 スに日本中が歓喜の声をあげました。

 受賞されたのは、ノーベル生理学賞・医学賞の北里大学・大村智特別栄誉
 教授。そして、ノーベル物理学賞には東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆
 章教授が選出されました。

 日本の学術レベルがまだまだ世界のトップレベルであることが証明できて
 喜ばしい限りです。

 ところで、ノーベル賞を受賞された方にはどのような報奨があるか、皆さ
 んご存知ですか?

 ノーベル賞にはメダルと賞金が授与されます。メダルは受賞者の方がイン
 タビューでいかにも高そうなケースに入っているのを報道陣に見せている
 こともあるので、ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

 賞金の方は1,000万クローネと定められています。日本円にするとおよそ
 1億5千万円程度になります。

 さすが、世界のノーベル賞!かなり気前のよい?賞金額です。でも、そん
 なこと言ったって、半分は税金に持って行かれるんじゃないの?と思われ
 たみなさん。着眼点はすばらしいですが、答えはNO!です。

 実は、所得税法の9条に税金を課さない所得に関しての規定があって、その
 1項13号ホに「ノーベル基金からノーベル賞として交付される金品」は課税
 されないとの記載があるんです。税法の規定で所得税は課されないと明文
 化されているんですね。

 ちなみに、オリンピックのメダリストに対する国からの報奨金なども非課
 税の取扱いになります。オリンピックのメダリストは、金が300万円、銀が
 200万円、銅が100万円が財団法人日本オリンピック協会から報奨金として
 支払われます。この報奨金も非課税の対象であることが、同じ第9条で明
 確にされています。

 このように、日本の税法では合法的に支払う必要のない所得というものが
 存在します。他にどのようなものがあるかの解説は、また別の機会でお届
 けしたいと思っています。

 今日はこれくらいにしておきますね。それでは!



◆─────────────────────────────────◆

 3. ファイナンス
   〜 NZ政策金利、高まる追加利下げ予想 〜

◆─────────────────────────────────◆

 NZの政策金利についてNZ準備銀行のウィーラー総裁は、一段と引き下げる
 「公算が大きいと思われる」とあらためて声明しています。

 景気減速や低インフレ、乳製品価格下落への対応に追われている準備銀行
 は9月、政策金利を2.75%に引き下げ、3会合連続での利下げを実施しまし
 たが、さらに今週10月29日の次回金融政策会合でも追加利下げが予想され
 ています。

 ウィーラー総裁は、追加利下げに踏み切るかは「今後発表される経済指標
 次第という状況は変わらない」と繰り返しておりますが、16日にNZ統計局
 より発表された消費者物価指数(CPI)上昇率は市場予想ほどではないもの
 の、やや鈍化。国内のインフレ水準を反映する非貿易財CPIが横ばいとなり、
 利下げ余地を与える内容となりました。

 第3・四半期のCPIは前年同期比0.4%上昇、前期比0.3%上昇。野菜の価格
 が季節的に上昇したほか、オークランドを中心に家賃も上昇しましたが、
 乳製品価格などが下落しました。

 NZの主力輸出製品で、NZドルと連動して動くと言われる乳製品価格の底打
 ちの兆し地点が注目されます。乳製品価格は、依然としてピーク時より大
 幅に下落した水準ですが、NZドル相場を下支えする要因になっています。

 今後のNZドル動向は、NZ準備銀行がNZドル安を志向して追加利下げを示唆
 していることを踏まえると、NZドルは対米ドルで上値の重い展開が予想さ
 れますが、米ドル高円安が続くことと、NZドルはすでに利下げが織り込ま
 れている水準であることから安定した推移が見込まれます。

 NZドルへのご両替、投資のタイミングをお見逃しなく! 
 弊社では、安全・確実・便利に日本からニュージーランドへ送金いただける
 「円送金サービス」を提供しております。ご資金を送られる際には、是非ご利
 用ください。 http://www.eastwind.co.nz/finance/jpmoney/

   NZドルへのご両替、投資のタイミングをお見逃しなく! 

   弊社では、安全・確実・便利に日本からニュージーランドへ送金いた
   だける「円送金サービス」を提供しております。ご資金を送られる際
   には、是非ご利用ください。
   http://www.eastwind.co.nz/finance/jpmoney/

   《 国外財産調書の提出はお済みですか? 》
   昨年度より日本居住者が国外資産を5千万円以上保有している場合は、
   申告が必要となりました。申告をされていない場合は早急に準備をさ
   れる必要がございます。

   弊社では日本とNZ両国の租税協定を基礎に地元弁護士、会計士、投資
   会社と連携し、種投資助言を行っております。NZの投資商品を熟知し
   ている弊社ならではのサービスを是非ご利用ください。ご興味のある
   方は早めに。



 ▼EASTWINDCO.,LTDファイナンス─────

 ホームページ http://www.eastwind.co.nz/finance/
 お問い合わせ finance@eastwind.co.nz



◆─────────────────────────────────◆

 4. ご案内:いま注目される、海外相続の必要性について

◆─────────────────────────────────◆

 2008年にいわゆるリーマンショックで端を発した世界的金融危機と続く経
 済停滞。そんな中で起こった東日本大震災の日本経済への計りがたいダメー
 ジは、今後の日本の経済復興がどれほど険しい道なのかを日本国民にいみ
 じくも知らしめることになりました。

 これからの日本政府は「震災復興」という言葉だけを利用して、あらゆる
 角度から国民に負担を課していくことは目に見えて明らかです。

 それに先立って2010年、すでに2011年度の税制改革法案の中で政府は「所
 得税増税」「相続税増税」「消費税増税」等の非常に大きな税制改正を通
 す予定であることを発表していました。

 震災後の対策に右往左往する中国会審議が延期されているものもあります
 が、近い将来必ず国民の負担がさらに増大する方向に政治が舵取りされて
 いくのは間違いありません。

 その中でもとくに相続税の基礎控除が引き下げられました。
 「5000万+相続人毎1000万」だったものが、「3000万+相続人毎600万」に
 引き下げられています。さらに死亡保険の非課税枠を縮小して相当な増税
 を予定しています。

 相続税はスイス・スウェーデン・イタリア・カナダ・シンガポール・タイ・
 マレーシア・オーストラリア・ニュージーランドなど廃止している国も多
 く、これから廃止に向けて動いている国も増える中で、「死者に鞭打つ」
 時代遅れの税金でありながら、日本では裕福な層から効率的に税金を徴収
 できるシステムとしてますます強化しようとしているのです。

 子供たちのために必死で働き蓄えた資産、すでに所得の段階で納税してい
 る資産への再課税が一層厳しくなり、原発の健康不安は増大し、そしてな
 により国(政府)に対する信頼が喪失している今の日本。日本人として、
 1人の親として、未来を担う世代へいかに資産を残せるのかー今こそ、世
 界を視野に入れた相続対策に踏み出す時です。

 海外相続、相続対策について詳しく資料を元にご案内させていただきます。
 下記メールアドレスまでお問合せください。



 ▼ EAST WIND CO.,LTD 移住部門 ─────

 ホームページ  http://www.eastwind.co.nz/
 お問い合わせ  ijyu@eastwind.co.nz
 7F The Data Centre, 220 Queen St, City, Auckland, New Zealand
 Tel : (+64) (0)9-373-5996 Fax : (+64) (0)9-377-9602



◆─────────────────────────────────◆

 5. ご案内:Holistic NZ <海外配送無料キャンペーン締め切り迫る>

◆─────────────────────────────────◆

 日頃はイーストウインドの移住メルマガをご愛読いただきましてありがと
 うございます。

 ホリスティックニュージーランドは、イーストウインド関連会社であるJBC 
 Ltd.,が、現地ニュージーランドのマオリハーブセラピスト デブス・パター
 ソンと共同開発したマオリハーブ製品ブランドです。 

 http://www.holisticnz.co.nz/index.php?main_page=aboutus

 どの製品にもニュージーランド原産の薬草「マオリハーブ」が使われ、安
 心安全な100%の天然の原料のみを使用した商品です。

 肌の保湿などを目的とした美容製品のみならず、冷え性、肩こり、ストレス、
 また、女性ホルモンの乱れ、つらい花粉症などなどに、やさしいながらも、
 明らかに効果を実感できる、天然商品群。

 ただ今、お得な「海外配送料無料キャンペーン」を実施中。

 イーストウインドのメルマガ会員様に感謝の気持ちを込めて、お届けします。

 期間中、ニュージーランド国内のみならず、<ニュージーランドから日本
 への発送も無料>となりますので、この機会に是非、この素晴らしい、ホ
 リスティック商品をお試しください。

 <配送無料キャンペーン期限>:〜11月15日まで
 <キャンペーンのご利用方法>:

 1) http://www.holisticnz.co.nz
 ホリスティックNZのホームページで、ご注文手続画面に必要情報をご入力
 いただき、お届け先、配送方法をご指定ください。
 この時点では、通常の配送料が記載されています。

 2) お支払方法選択画面に進み、割引クーポン引き換えコード入力欄に
 FREE とご入力ください。

 3) ご注文内容の確認画面より、送料が差し引かれていることをご確認
 いただき、ご注文を確定してください。



 ▼ Holistic New Zealand ─────

 220 Queen Street, City, Auckland New Zealand
 +64 (0)9-377-9606
 http://www.holisticnz.co.nz
 sales@holisticnz.co.nz


◆─────────────────────────────────◆

 6. 移住会員さま/NZコラム

   キジねこのニュージーランドコラム オークランドの外食事情(19)
   〜 危険なインド料理?? 〜

◆─────────────────────────────────◆

 オークランドには、インド人があふれている。そしてインド料理の店も多い。
 しかし、「インド料理は体に悪い。食べないほうが良い」との情報が突然私、
 きじねこのところにやってきた。その情報を持ってきたのはなんと、中国人
 だったので最初は本気にしなかった。中国料理だって、どんな材料を使ってい
 るのかわからないのに、インド料理攻撃とは・・と笑っていたのだ。

 しかし、その後薬学部の学生(これも中国人)からインド料理に入っている
 「体に悪い物体」の組成を聞き、ネットで調べてみると出てくる出てくる。
 世間ではかなり知られた情報であるとわかってびっくり。Sodium―というの
 がインド料理、特にカレーに必ずと言ってよいほど使われているらしい。

 Sodium―日本語に訳すと重曹である。重曹って、お菓子作りや歯磨きなどに
 も使う、食品級のものもあるではないか。そんなにそれが危険なの?と聞い
 てみると、

 1.お腹が膨れるのでやたら満腹感が得られる。
 2.Sodiumには「塩」が含まれており知らずに塩の摂り過ぎになる。
 3.体質を悪くし、太りやすくなるなどの弊害がある。糖尿には禁忌。

 などということらしい。日本語で検索するとインド料理の悪い点は高カロリ
 ー、高脂肪ということくらいで、重曹(あるいはベーキングソーダ)の弊害
 など出てこない。のでこれは海外での認識なのだろうなと不思議に思う。日
 本語のネット検索では、インド料理はスパイスが豊富だとか、野菜や豆が取
 れるとか、ほめている記事が目立つのだが・・

 そういえば、インドカレーはやたらとお腹が膨れる。なので安い食事として
 オークランドでもインド人のみならず人気があるのだが、それがsodiumのせ
 いだったとは知らなかった。ナンにもカレーにも、インド料理のレシピを見
 ると重曹が殆どの料理に使われているようで、最先端のレストランでは、
 「Low Sodium」をうたってヘルシーなインド料理をアピールしているところ
 もあるようだ。が、オークランドではまだ見かけない。どうも重曹とインド
 料理は切っても切れないものであるらしい。

 我が家でも、この話を聞いてから、インド料理店への外食は激減。まあでも、
 毒が入っているわけじゃなし、消費期限切れの肉や農薬入りの餃子よりは随
 分マシと思うのだが・・・



 ■きじねこさんのニュージーランドコラムバックナンバー

  〜 バーガー探求、挫折した理由。 〜
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=204
  オークランドの外食事情(17)
   〜 ニュージーランドでハンバーガーに開眼 〜
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=196
  オークランドの外食事情(16)
  〜 ラーメン&BAR という選択 〜
  http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/index.php?vol=192
  オークランドの外食事情(15)



 ------------------------------------------------------------------

 <編集部より>

 次回の移住メルマガは11月9日の配信となります。

 どうぞお楽しみに!



───────────────────────────────────
【あなたにもできる! ニュージーランド移住情報 】
───────────────────────────────────

 ■ 発行周期    隔週月曜日配信
 ■ 配信元     イーストウィンド
 ■ お問い合わせ  media@eastwind.co.nz
 ■ バックナンバーの閲覧、無料登録・解除はこちらからどうぞ
   http://www.eastwind.co.nz/mailmagazine/

 ※このメールマガジンの内容を転載される場合はお知らせください。

 Copyright(C) 2014 East Wind Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料購読フォーム

メールマガジンの登録・解除はこちらからどうぞ

配信希望メールアドレス

解除希望メールアドレス

バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年